【スペック】スポーツクーペC200コンプレッサー:全長×全幅×全高=4343×1728×1406mm/ホイールベース=2715mm/車重=1480kg/駆動方式=FR/2リッター直4DOHC16バルブスーパーチャージャー付き(163ps/5300rpm、23.5kgm/2500から4800rpm)C240ステーションワゴン:全長×全幅×全高=4541×1728×1466mm/ホイールベース=2715mm/車重=1585kg/駆動方式=FR/2.6リッターV6SOHC18バルブ(170ps/5500rpm、24.5kgm/4500rpm)

メルセデスベンツCクラス スポーツクーペ&ステーションワゴン【海外試乗記】

『覇権と積載』 2001.02.10 試乗記 メルセデスベンツCクラススポーツクーペ&ステーションワゴンメルセデスの拡大路線は止まらない。「A」クラスで未開地を切り開き、「S」を敢えて現実的なサイズに落とし、「C」でまた好評を博したおかげで、過去7年間に全世界での販売は2倍となり、昨年には105万2000台を売り切った。もちろん、抱え込んでしまったクライスラーという重荷と、それに起因する株価の低迷という悩みはあるが、それでも何よりマーケットが大事と、2000年のパリサロンではCのスポーツクーペを、2001年のデトロイトショーではワゴンを発表、ともにまとめて夏前から世界に放出し始める。フランスはニースで開かれた試乗会からリポートをお届けする。

 
メルセデスベンツCクラス スポーツクーペ&ステーションワゴン【海外試乗記】の画像

 
メルセデスベンツCクラス スポーツクーペ&ステーションワゴン【海外試乗記】の画像
セダンに較べ、全長が18cm短くなったスポーツクーペ。エンジンは、2リッター(129ps)、同スーパーチャージャー(163ps)、2.3リッタースーパーチャージャー(197ps)、2.2リッターディーゼル(143ps)の4種類。トランスミッションは、シフトレバーに軽くふれると、電子制御でクラッチを切り、シフトし、クラッチをつなげる「シーケントロニック」6MTと、シーケンシャルシフトが可能な5ATが用意される。「エボリューション」と呼ばれるシャコタン版、ドレスアップバージョン、さらに過激な「AMGスポーツパッケージ」もある。
 
セダンに較べ、全長が18cm短くなったスポーツクーペ。エンジンは、2リッター(129ps)、同スーパーチャージャー(163ps)、2.3リッタースーパーチャージャー(197ps)、2.2リッターディーゼル(143ps)の4種類。トランスミッションは、シフトレバーに軽くふれると、電子制御でクラッチを切り、シフトし、クラッチをつなげる「シーケントロニック」6MTと、シーケンシャルシフトが可能な5ATが用意される。「エボリューション」と呼ばれるシャコタン版、ドレスアップバージョン、さらに過激な「AMGスポーツパッケージ」もある。
	 

良いけれど、疑問もあるクーペ

つい2週間前まで氷が張っていたというニース、この日は快晴で温度は15度と絶好の日より、その中で走ったスポーツクーペは、確かにかなり気持ちがいいクルマだった。ただし……は後で書く。

ホイールベースはCクラスそのままに、前後が切りつめられたクーペボディは、ワイパー、ドアミラー、ドアハンドル以外、セダンとの共通パーツは1カ所としてないという。ハッチバックで、ハイデッキによる視野阻害を改善すべく、小さなスポイラー下に加えられたグラスエリアやその両端のテールランプの形、どこかで見たような気がした。記憶の糸を辿ったらマツダのファミリアネオだった。

このボディの売り物は、クーペでも広いリアルーム(確認した)と、リアの上もグラスエリアになっているために、前のガラスサンルーフと合わせて開放感が楽しめるオプションの「パノラマサンルーフ」で、南仏ではそれなりに効果的だった。

エンジンは各種の4気筒があるが、試乗したのは200のコンプレッサー(163psと23.5kgm)と230のコンプレッサー(197psと28.6kgm)だった。ギアボックスは、後者が普通のティップ付き5AT、前者は新しい「シーケントロニック」なるクラッチレスの6MTである。
アルファの「セレスピード」に似たシーケントロニックは、まだ詰めが甘い。タイムラグは中途半端だし、特に3速と2速のギア比が離れているのにアルファのような「中吹かし」が入らないから、ドーンッとダウンシフトする。ショックが大きい。やはりC230に乗ったときの、トルクコンバーターを持ったATのティップでシフトした方がよかった。

それを除けば気持ちよく走った。短くなったボディゆえか、より剛性感が高まった感じだし、ずっと軽快に振りまわすことができる。「エボリューション」なるスポーティモデルは、225/40ZR17という太いサイズのピレリ・Pゼロ「ロッソ」を履いていたにも関わらず、乗り心地もいい。

ただし、それでも個人的に好きになれなかった。どうしてあのメルセデスが、BMWコンパクト憎しと、ここまで意地になってマーケティング優先モデルをつくらなければいけないのだろうか、と思ったからだ。あまりにも覇権をめざすと、イメージを崩すと思う。


 
メルセデスベンツCクラス スポーツクーペ&ステーションワゴン【海外試乗記】の画像
先代ワゴンは、欧州におけるCクラス販売台数の約3分の1、1996年からの累計25万台と、大きな成功を収めた。新型ワゴンは、2001年9月から、まず北米で販売が開始される。エンジンは豊富で、2リッター、同コンプレッサーの直4、2.6、3.2リッター(218ps)のV6ほか、3種類のディーゼルユニットがラインナップされる。
 
先代ワゴンは、欧州におけるCクラス販売台数の約3分の1、1996年からの累計25万台と、大きな成功を収めた。新型ワゴンは、2001年9月から、まず北米で販売が開始される。エンジンは豊富で、2リッター、同コンプレッサーの直4、2.6、3.2リッター(218ps)のV6ほか、3種類のディーゼルユニットがラインナップされる。
	 

巧妙なワゴン

スポーツクーペと反対に、個人的に買ってもいいかと思わされたのがワゴンである。さすがは2代目だから慣れている。前席上から後ろにスウィープするルーフラインにも、そしてかなり寝た最後端のピラーにも関わらず、783リッターという最大積載スペースは旧型よりも11リッター増えているという。

エンジンは、これはセダンとまったく同じラインナップ。従って4気筒だけでなく、2.6と3.2のV6も揃っている。前述のシーケントロニックも付くが、この日は遠慮して5ATだけに乗った。
Cクラスワゴンは、なかでも240、つまり2.6リッターモデル(名前と排気量が一致しない)がいい。それは確かに3.2の方が強力だが、このモデュラーユニットは年々改善されており、2.6ぐらいのバランスが一番好ましい。

ただしワゴンゆえ、路面によっては、特に低速でリア・サスペンションがやや硬く感じる。つまり積載量を考えた、荷物を積んだときに合わせた設定だが、やはりEワゴンのようなオートレベリング機構は欲しいと思う。

とはいえ、サイズといい、つくりといい、本当に自分で欲しくなったクルマである。

両者とも日本導入は夏から秋、スポーツクーペは「200コンプレッサー+5AT」が主体で、同エンジンのセダンよりはやや安くなるはず。ワゴンの方はセダンと同じライナップのエンジンを揃え、やや高い価格になるだろう。

(文と写真=webCG大川悠)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Cクラス クーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツSLC180スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.11 試乗記 メルセデス・ベンツがラインナップするオープンモデルの“末っ子”が「SLC」。新設定の1.6リッターターボエンジンを積んだ「SLC180スポーツ」に試乗し、マイナーチェンジとともに新しい名前を冠することとなった、同車の実力を確かめた。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.1.23 試乗記 「メルセデスAMG GT」シリーズの頂点に君臨するハイパフォーマンスモデル「AMG GT R」に試乗。エンジン、シャシー、空力性能が磨かれたフラッグシップスポーツは、まさに公道に降り立ったレーシングカーだった。
  • デトロイトショー2017(その8) 2017.1.17 画像・写真 独ダイムラーは北米国際自動車ショー(通称:デトロイトショー/開催期間:2017年1月22日まで)で、「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」などを公開した。その姿を画像で紹介する。
  • メルセデスAMG C63 Sクーペ(FR/7AT)【試乗記】 2016.8.10 試乗記 500psオーバーの高出力を誇る、高性能クーペ「メルセデスAMG C63 Sクーペ」に試乗。高速道路やワインディングロードを走らせてみると、速さだけではない、このハイパフォーマンスカーならではの魅力が見えてきた。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
ホームへ戻る