【スペック】全長×全幅×全高=4535×1730×1425mm/ホイールベース=2715mm/車重=1470kg/駆動方式=FR/2リッター直4DOHC16バルブ(129ps/5500rpm、19.4kgm/3700rpm)/車両本体価格=390.0万円(テスト車=同じ)

メルセデスベンツC180(5AT)【試乗記】

『「通」向き』 2001.03.23 試乗記 メルセデスベンツC180(5AT)……390.0万円2000年12月から、C240、C200コンプレッサーよりやや遅れて日本市場に登場したベーシックCクラス、C180。180といえども2リッターの4ドアサルーンは、「190のようだ」と下野康史はいう。


もっともベーシックな390.0万円のCクラス。180といっても、エンジンは2リッター4気筒。パワーもたかだか129ps。おまけに、音も振動も小さくないアイドリングは、ディーゼルかと思うほど。一応、4バルブDOHCだが、高回転まで回しても、音質は一向にスウィートじゃない。
と、ネガティブなことばかり挙げたようだが、しかし、これがイイ。エンジンらしくてイイ。ひいてはクルマらしくてイイ。ありし日の190を彷彿させるメルセデスらしいメルセデスである。



シンプル・イズ・ベスト

サスペンションは絶品。パワーがない分、オーバーシャシーの実感が強まって、脚のよさがことさら強調される。よくできた油圧サスペンションのようにしんなりと路面に吸着する感覚は、これぞ「メルセデスライド」。5段ATのティップシフトを駆使して山道を走ると、抜群に楽しいし、これが本当にアンダー130psかと思うほど速い。
ただ、毎度のことながら、右ハンドルだと、左右にクリックするティップシフトのシフトアップ/ダウンが逆になってしまうのが気になる。シフトダウンでファイティングポーズをとろうというときは、やっぱり「レバーを右(手前)にクリック」でしょう。

「シンプル・イズ・ベスト」の言葉通りのベーシックCクラス。とくに、“通のクルマ好き”を自認する人なら、Cは絶対これがお薦め。結局、なぜイイかといえば、これがもっともヨーロッパ仕様に近いモデルだからである。

(文=下野康史/写真=岡倉禎志/2001年2月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Cクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツC220dアバンギャルド(FR/9AT)【試乗記】 2015.11.27 試乗記 「メルセデス・ベンツCクラス」のディーゼルエンジン搭載車「C220dアバンギャルド」に試乗。ディーゼル車のメリットといえば経済性や実用性……かと思いきや、それは軽快な走りも見せてくれる、趣味性の高いモデルだった。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(FR/7AT)【試乗記】 2014.11.4 試乗記 「ベビーSクラス」こと新型「Cクラス」は、偏差値が高いだけの優等生か? いやいや、ドライバーズカーとしての芸術点も高いと筆者は主張する。ともすると「Sクラス」すら脅かしかねない完成度を誇るエアサス付きの「C200アバンギャルド」で、初秋の箱根を目指した。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
ホームへ戻る