メルセデスベンツCクラス ステーションワゴン&スポーツクーペ【海外試乗記】

『予想通りと躍動感』 2001.04.10 試乗記 メルセデスベンツCクラスステーションワゴン/スポーツクーペメルセデスベンツのCクラスファミリーが完成を見た。すでに発売済みのセダンに加え、2000年のパリサロンでお披露目された「スポーツクーペ」と、2001年のデトロイトショーで公開された「ステーションワゴン」が投入されたからだ。ちなみに、後者を敢えてアメリカで発表したのは、「Cのワゴンとしては、初めてアメリカ市場に参入する」ことと関係がありそう。日本市場には、クーペが2001年7月、ワゴンが同夏か秋に導入される予定という。
本国では、2リッター直4から3.2リッターV6、そして3種類のディーゼルと、セダン同様のエンジンラインンップをもつステーションワゴン。トランスミッションには、6MT、5AT、クラッチを電子制御するセミAT「シーケントロニック」が用意される。
 
本国では、2リッター直4から3.2リッターV6、そして3種類のディーゼルと、セダン同様のエンジンラインンップをもつステーションワゴン。トランスミッションには、6MT、5AT、クラッチを電子制御するセミAT「シーケントロニック」が用意される。
	 
【スペック】
ステーションワゴン:全長×全幅×全高=4541×1728×1466mm/ホイールベース=2715mm/車重=1585kg/駆動方式=FR/2.6リッターV6SOHC18バルブ(170ps/5500rpm、24.5kgm/4500rpm)
 
【スペック】
	ステーションワゴン:全長×全幅×全高=4541×1728×1466mm/ホイールベース=2715mm/車重=1585kg/駆動方式=FR/2.6リッターV6SOHC18バルブ(170ps/5500rpm、24.5kgm/4500rpm)
	 

ワゴンはV6がイイ

従来型よりも25mm全長の長い新型Cワゴンは、「先に出たセダンから誰もが予想できる仕上がりの持ち主」という印象のクルマだった。
ボディ骨格やエンジンバリエーションはセダンのそれに準じるが、そのスタイリングはいままで以上に若さを狙ったもの。「よりダイナミックでスポーティな雰囲気を強調することで、これまで47歳だったユーザーの平均年齢を45歳まで若返らせたい」とメルセデスはいう。

B、Cピラーをブラックアウトして室内容積の大きさを強調した上で、傾斜の強いDピラーで、ファッストバック調のプロポーションと見せるニューCワゴン。0.31という空気抵抗係数(CD値)と、前後ゼロリフトという優れた空力性能をもつ。それでいながら、ラゲッジルームのボリュームもじゅうぶん。通常の状態では470リッター。後席をダブルフォールディングさせることで、1384リッターまで拡大可能だ。

後方を振り返らない限りドライバーズシートから「ワゴン」と識別する術のないこのクルマ、走りのテイストもまた、セダンと基本的に共通だ。と言ったそばからなんだが、リアに大きな開口部が加わったため、ボディの剛性感は、正直なところわずかに落ちる。絶対的な剛性感は「ベンツらしい高さ」を保ってはいるが、セダンの、“鉄の塊をくりぬいたような”印象は、ワゴンでは享受できないのである。
新型ワゴンは、セダンと同様のエンジンバリエーションで日本に導入されるはずだ。つまり、2リッターおよび同スーパーチャージャー付きのインライン4、そして2.6リッターV6の計3種類。乗ってみて、直4ユニットよりV6エンジンの方がお似合い、という印象もセダンと共通だった。4気筒と6気筒では、エンジンの回転フィールが随分と違う。各部のクオリティが高い今のCクラスには、V6ユニットの方が合っている、とボクは思う。

ワイパー、サイドミラー、ドアハンドル以外に、セダンと同じエクステリアパーツは使っていないというスポーツクーペ。「パノラマサンルーフ」と名づけられたダブルサンルーフがオプション設定される。エンジンは、2リッター直4、2と2.3リッタースーパーチャージャー付き、2.2リッターディーゼルターボで、すべて4シリンダーユニットである。
 
ワイパー、サイドミラー、ドアハンドル以外に、セダンと同じエクステリアパーツは使っていないというスポーツクーペ。「パノラマサンルーフ」と名づけられたダブルサンルーフがオプション設定される。エンジンは、2リッター直4、2と2.3リッタースーパーチャージャー付き、2.2リッターディーゼルターボで、すべて4シリンダーユニットである。
	 
【スペック】
スポーツクーペC200コンプレッサー:全長×全幅×全高=4343×1728×1406mm/ホイールベース=2715mm/車重=1480kg/駆動方式=FR/2リッター直4DOHC16バルブスーパーチャージャー付き(163ps/5300rpm、23.5kgm/2500から4800rpm)
 
【スペック】
	スポーツクーペC200コンプレッサー:全長×全幅×全高=4343×1728×1406mm/ホイールベース=2715mm/車重=1480kg/駆動方式=FR/2リッター直4DOHC16バルブスーパーチャージャー付き(163ps/5300rpm、23.5kgm/2500から4800rpm)
	 

キッチリやります

一方、同じくCクラスとは名乗っていても、「ボディパネルはセダンと完全に別モノ」というブランニューモデルが「スポーツクーペ」である。まず、そのスタイリングに大きな魅力がある。
陽光輝くコートダジュールで出会ったCクーペは、パリサロンの人工的な光の下で目にしたのとはまた別の、さらに躍動感に富んだ印象を与えてくれた。ダークなカラーも悪くはないが、明るいグリーンや、鮮やかなレッドに彩られたボディが特にいい。同じホイールベースをもつセダンに対し、リアのオーバーハングを大幅(180mm以上)に詰め、逆にフロントオーバーハングはグリルのスラント角を増すことなどで約30mm延長。こうして、CLKやSLなどの、メルセデスの「クーペブラザーズ」のなかにあって、最もダイナミックなプロポーションを実現させた。

もう一点、オプション設定ではあるが、このクルマならではのアイテムが「パノラミック・スライディングサンルーフ」。フロント部分がアウタースライドする、つまり外側にスライドするダブルガラスサンルーフである。これを装着したCクーペは、フロントガラスからサンルーフを含むルーフ、そしてリアガラスにいたるまでが、ブラック一色で統一される。明るいボディカラーを選んだ場合、コントラストの強い2トーンカラーに見えるというわけだ。これもまた、スポーツクーペのデザインを特徴づけるポイントである。

日本に導入予定という2リッタースーパーチャージャー付き(C200K)を選んでテストドライブしたところ、まず印象に残ったのは、圧倒的に高いボディの剛性感。同じ骨格を用いながら180mmも短くなったことで、より剛性感が高く感じられるのだろう。

フットワークも、いかにもメルセデスらしい“しっかり感”が印象的。テスト車がローダウンサスを含めた「スポーツパッケージ」装着車だったこともあり、低速域での乗り心地はやや硬質なもの。が、速度が増すにつれフラット感もぐんぐんアップし、「いかにもドイツ車」という雰囲気をタップリと味わわせてくれた。
ただし、「与えられた仕事はキッチリやります」といった、しかし少々メリハリに欠けるエンジンフィールは、スポーティと表現するにはちょっと物足りない。ライバルたるBMWに付け入られるとすればこのあたりだろう。
間もなく登場する新型3シリーズコンパクトとの対決が楽しみである。

(文=河村康彦/写真=北畠主税/2001年2月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Cクラス クーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツC180クーペ スポーツ+(FR/7AT)【試乗記】 2016.4.27 試乗記 セダン、ステーションワゴンの2モデルに続いて、現行型「メルセデス・ベンツCクラス」の2ドアクーペが日本に上陸。その上級グレードにあたる「C180クーペ スポーツ+」に試乗し、出来栄えを確かめた。
  • メルセデス・ベンツSLC180スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.11 試乗記 メルセデス・ベンツがラインナップするオープンモデルの“末っ子”が「SLC」。新設定の1.6リッターターボエンジンを積んだ「SLC180スポーツ」に試乗し、マイナーチェンジとともに新しい名前を冠することとなった、同車の実力を確かめた。
  • 「メルセデス・ベンツCクラス」に直4+4WDの新グレードが登場 2017.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツが「Cクラス」シリーズの仕様やラインナップを変更。セダンとステーションワゴンに直4+4WDの、クーペに500万円を切る新グレードを設定したほか、直4ガソリン車のトランスミッションに9段ATを採用した。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.1.23 試乗記 「メルセデスAMG GT」シリーズの頂点に君臨するハイパフォーマンスモデル「AMG GT R」に試乗。エンジン、シャシー、空力性能が磨かれたフラッグシップスポーツは、まさに公道に降り立ったレーシングカーだった。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――アストンマーティン・ヴァンキッシュ(後編) 2017.2.2 mobileCG レーシングドライバーの谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす当企画。今回も引き続き「アストンマーティン・ヴァンキッシュ」がテーマ。高い走行性能だけでなく、優雅なスタイリングを併せ持つヴァンキッシュの魅力を、同車と恋に落ちた谷口が力説する!
ホームへ戻る