【スペック】MINI Cooper:全長×全幅×全高=3626×1688×1408mm/ホイールベース=2467mm/車重=1050kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOCH16バルブ(115ps/6000rpm、15.2kgm/4500rpm)/車体本体価格(5MT/CVT)=225.0/235.0万円

MINI【特集/河村康彦】

MINIは小さくない 2002.01.02 試乗記 MINI……195.0〜235.0万円「今度のMINIは、どうしてかように大きいのか?」との疑問を抱いて国際試乗会に臨んだ自動車ジャーナリスト、河村康彦。答は、目に見えるところにあった……。BMWが“プロデューサー”を務めたニューFFコンパクト「MINI」はどうだったのか? イタリアはペルージャからの試乗報告。

なんて大きいんダ!

「これを聞かずに死んでたまるか!」 --このところつとに日本でも有名になったイタリアの地「ペルージャ」で開催される新型ミニの国際試乗会に、ぼくはこのような決意をもって臨んだ(!)

誕生から41年目の2001年、ついにフルチェンジを行なった新しいMINIは、確かにどこから見ても間違いなく「MINI」に見えるルックスの持ち主。けれども、“オリジナルの”MINIの姿を実際に知るほとんど100%のヒトは、新型を目にすると開口一番「なんて大きいんダ!」とコメントを発するに違いない。
「今度のミニはどうしてかように大きいのか?」--これが、今回のイベントでぼくがどうしても明らかにしておきたかったことがらだった。モーターショーの舞台でその姿を目にし、スペックのアウトラインも手に入れると、ぼくのなかで新型MINIの「大きさ」にまつわる疑問が、いよいよフツフツと湧きあがってきたのである。

MINIが大きくなった理由のヒントは、目に見える部分にあった。15インチのシューズだ。新しいMINIは標準で15インチ、オプションでは16、17(!)インチのホイールも用意される。ちなみに、オリジナルMINIは、10インチからスタートした。
すでに知られているように、新型MINIの“プロデューサー”はBMWである。今度のモデルは、見た目のクオリティから走りのテイストまで、すべてが「BMW基準」のうえに成り立っている。
「15インチのシューズを履くことを前提とすると、最低のサイズが新型ミニの大きさだった」。テストドライブ後のディナーの席で、隣に座ったBMWのエンジニアがそっと教えてくれた……。謎は解けた。

ゼロ・ロール/ゼロ・ピッチ

新しいMINIは、まずベーシックな「MINI One」(90ps)とチューンの高い「MINI Cooper」(115ps)がラインナップされる。トランスミッションは、いずれも5段MTかCVTである。試乗会場に用意されたのは、115ps版MINIだった。

新型MINIが狙った走りのテイストは「ゴーカート・フィーリング」。ステアリングを切れば切っただけ曲がり、乗り心地も決してフワフワしない--新型MINIの開発陣は、サスペンションを持たないゴーカートのフィーリングを、そのように解釈したのだろう。

そんな思いが最も如実に伝わってきたのは、「スポーツサス+16インチシューズ」というセットオプションを装着したモデルだった。このクルマのフットワークは、まさに「ゼロ・ロール/ゼロ・ピッチ感覚」。乗り心地は決して不当に硬いわけではないが、ボディの無駄な動きが徹底して排除されている。ステアリングは格別にクイックではないのだが、何せロールをほとんど感じないため、ハンドリングのダイレクト感はすこぶる高い。

これに比べると「標準仕様」の方は多少ゆったりとした走りのテイスト。が、それでもホイールベースに対して相対的にトレッドが広いため、コーナリング時の踏ん張り感はなかなか高い。いずれにしても路面凹凸への当たりが多少硬めなのが新型MINIの乗り味だ。そのぶん、走行スピードが上がっていくと徐々にフラット感も高まる印象。このあたり、アウトバーンで鍛えられた(?)甲斐があったということになるのだろうか……。



メリハリが足りない

ブラジルにあるクライスラーとの合弁工場で生産され、はるばる英国まで運ばれた末にボンネットフード下に収まる1.6リッターの新開発エンジンは、正直なところ“BMWユニット”と考えるといささかキャラクターが薄い印象を受けた。低回転トルクが強く、CVT車でも出足の力強さに不満がない反面、高回転にかけてのパワーの伸びはいまひとつ。
「小さなプレミアムカー」を狙う新型ミニには、もう少しメリハリの効いたパワーフィールが欲しい。
もっとも、パワー不足を感じるヒトには、スーパーチャージャーを装着した強力心臓を搭載した「Cooper S」がオススメということになろう。クーパーの115psに対し、こちらは163psと、すでにパワーまで発表されているから、デビューは秒読みだ。

BMWにとって、どうやら「MINI」とはイコール“小さいこと”ではないようだ。「これからもFR方式にこだわり、タウンカーには手を出さない」と宣言をして久しいこのメーカーにはしかし、企業全体の燃費率を向上させるために、いまやコンパクトカーの投入は必要不可欠なのである。

(文=河村康彦/写真=BMW Japan/2001年6月)

MINIの特集はこちら

関連記事
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • MINIクーパーS(FF/6MT)【試乗記】 2014.6.30 試乗記 より大きく、力強く、かつ効率的に生まれ変わった「MINI」。持ち前のゴーカートフィーリングは健在だが、この新型では“何か”が、旧型とは根本的に違っていた。その何かとは……。高性能仕様「クーパーS」で箱根を目指した。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • スバルXV【開発者インタビュー】 2017.4.27 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能に至るまで、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。新型に込めた思いを、開発を率いたスバルの井上正彦プロジェクト ジェネラル マネージャーに聞いた。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • MINIクーパーSD 3ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.7.15 試乗記 いよいよMINIにも本格的なディーゼルの波が到来。今春、実に6車種ものディーゼルモデルが一斉に日本に導入された。今回は、そのなかでも特に高性能な「クーパーSD 3ドア」に試乗。小柄なボディーとトルクフルなエンジンが織り成す走りに触れた。
ホームへ戻る