【スペック】MINI Cooper:全長×全幅×全高=3626×1688×1408mm/ホイールベース=2467mm/車重=1050kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOCH16バルブ(115ps/6000rpm、15.2kgm/4500rpm)/225.0万円(5MT)

MINI One/Cooper【試乗記】

合理との決別 2002.01.11 試乗記 MINI One/Cooper(5MT/5MT)……(195.0万円/225.0万円)ナカタのおかげで、日本でも一躍有名になったイタリアのペルージャ。そこで新しい「MINI」の試乗会が開かれた。自動車ジャーナリスト金子浩久が、プレミアムな小型車をインプレッションする。


MINI One/Cooper【試乗記】の画像
【スペック】
MINI Cooper S:全長×全幅×全高=3655×1690×1425mm/ホイールベース=2465mm/車重=1120kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOCH16バルブスーパーチャージャー付き(163ps/6000rpm、22.3kgm/4000rpm)

【スペック】MINI Cooper S:全長×全幅×全高=3655×1690×1425mm/ホイールベース=2465mm/車重=1120kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOCH16バルブスーパーチャージャー付き(163ps/6000rpm、22.3kgm/4000rpm)

初の「プレミアムコンパクト」

新世代「MINI」のペルージャでの試乗会に参加して、開発担当者から興味深い話を聞いた。
「もしかしたら、新型MINIはフランスに限って、他の国のようには好意的に受け入れてもらえないかもしれない」
新型車の報道試乗会では、あまりネガティブなことは言わないものだから、ちょっとビックリした。と同時に、「フランスでは」とはっきりと限定しているところに興味を掻き立てられた。
「フランス人は、クルマに対して非常に合理的な要求をする。特にMINIのような小さなクルマについてはなおさらだ。燃費が良くないと彼らは納得しないし、車内とトランクスペースについても、1リッターでも多くの空間を求めて譲らない」

MINIのプロジェクトリーダーである、BMWのハインリッヒ・ペトラ博士は、ボディサイズが近い「プジョー206」や「フォルクスワーゲン・ポロ」もライバルにはならないと言う。その理由が、今度のMINIは206やポロと同じだけの空間が確保されていない上に、価格は高くなるからだ。
狭いのに、高い。クルマを移動の足としてのみ求める人には、フランス人じゃなくたってノーサンキューだろう。ペトラ博士によると、フランス人にはそういう人が多いのだそうだ。フランスのクルマのことを考えると、理解できる話で納得した。では、新型の存在意義はどこにあるのか?
プロジェクトリーダーは言う。「新しいMINIによって、初めてプレミアム・コンパクトというクラスが出現したのです。プレミアムは、もう中型以上のクルマだけの話ではなくなりました」

【スペック】
MINI One:全長×全幅×全高=3626×1688×1408mm/ホイールベース=2467mm/車重=1040kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOCH16バルブ(90ps/5500rpm、14.3kgm/3000rpm)/車両本体価格=195.0万円

【スペック】MINI One:全長×全幅×全高=3626×1688×1408mm/ホイールベース=2467mm/車重=1040kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOCH16バルブ(90ps/5500rpm、14.3kgm/3000rpm)/車両本体価格=195.0万円


MINI One/Cooper【試乗記】の画像

クルマに求められるもの

たしかに、ペルージャの試乗会で運転したMINI Cooperの走りは素晴らしかった。まるでBMWの新型車のように、シャキッとしていながらしなやかに走る。インテリアのデザインと仕上げも上質そのものだ。これまでの小型車の基準を大きく上回っている。ペトラ博士の言うように、MINIの走りとつくりは“プレミアム”に違いない。
でも、日本人の標準的体格に近い僕が助手席に座ると、シフトするドライバーの右手が膝頭に時々触れる。ドアが下に行くほど厚みを増すので、外見ほど中は広くない。後席も大人には“MINIマム”な空間だ。なるほど、これが“プレミアム”とやらの狭さか。

考えてみれば、プレミアムというのは空間の広さだけ、価格の安さだけを追求することから訣別することだ。それは、メルセデスベンツやBMW、ジャガーなどのサルーンを思い出してみればわかることだろう。それらのプレミアムサルーンが追求し、訴求しているのは上質な乗り味や卓越した走行性能、希少な技術などだ。
新型MINIに、1人ないしは2人で乗ることがほとんどならば、これだけの走りとインテリアの仕上げに免じて認めてもいいと、僕は思う。
小さなクルマでも走りの質感を向上できるように、技術が進歩したからなのか、それともフランス以外のヨーロッパでは、パッケージングを詰めることを第一義としない小型車でも、受け入れられる下地ができたからなのか。理由はいろいろあるだろうけれど、新しいMINIの成否はとても興味深い。

元祖MINIは、スエズ動乱によるイギリスでのガソリン配給制が、開発を加速させたことによって世に出た。低燃費で省スペースな小型車の登場が、国家の危機を救うと信じられていた時代の最新鋭車だった。そのイメージを最大限に活用しながら“プレミアム”を謳う新型MINIとは、とても対照的だ。クルマに求められるものや自動車の役割が、この42年間(元祖は1959年デビュー)で大きく変わったことの一例に、2代目MINIはなるのかもしれない。

(文=金子浩久/写真=ビー・エム・ダブリュー株式会社/2001年7月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINI 3ドアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
ホームへ戻る