【スペック】MONI Cooper(5MT)全長×全幅×全高=3626×1690×1415mm/ホイールベース=2465mm/車重=1140kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4SOHC16バルブ(116ps/6000rpm、15.2kgm/4500rpm)/車両本体価格=225.0万円

MINI Cooper(5MT/CVT)【試乗記】

念入りにスポーティ、だが…… 2002.03.26 試乗記 MINI Cooper(5MT/CVT)……225.0/235.0万円「ミニの日」こと2002年3月2日からわが国でも販売が開始されたBMWいうところのFF“プレミアム”コンパクト「MINI」。ベーシックグレード「One」に続き、26PSアップの高性能版「Cooper」に、webCG記者が乗った。30万円高のスポーティバージョンやいかに?
【スペック】
MINI One(5MT):全長×全幅×全高=3625×1690×1425mm/ホイールベース=2465mm/車重=1130kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4SOHC16バルブ(90ps/5500rpm、14.3kgm/3000rpm)/車両本体価格=195.0万円

【スペック】MINI One(5MT):全長×全幅×全高=3625×1690×1425mm/ホイールベース=2465mm/車重=1130kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4SOHC16バルブ(90ps/5500rpm、14.3kgm/3000rpm)/車両本体価格=195.0万円


MINI Cooper(5MT/CVT)【試乗記】の画像
リアビュー、インテリアの写真は、「One」。

リアビュー、インテリアの写真は、「One」。

Cooperが7割

「いま黄色のMINI Cooper、そう、CVTのクルマを注文すると、いつごろ手元に届きますか?」
「そうですね、いまは3月ですから、5月からの生産ロットに入れて、その後、船で日本に運んで7月に入港、8月に納車といったところでしょうか」
2002年3月19日、「MINI Cooper」のプレス向け試乗会が神奈川県は大磯で開催された。BMWの担当者にMINIのデリバリーについて聞いてみたところ、上記のような回答をいただいた。MINI、人気である。

BMWの新しいブランドにして、戦略的なFF(前輪駆動)コンパクト「MINI」は、大きく3つにわけられる。ベーシックな「One」、エンジン出力を上げ、スポーツサスによって10mm車高が落とされた「Cooper」、そしてスーパーチャージャーを装備したホッテストモデル「Cooper S」である。「ミニの日」こと3月2日から販売が開始されたのは、OneとCooperで、それぞれ5MTとCVTが用意される。価格は、Oneが195.0/205.0万円(5MT/CVT)、Cooperが225.0/235.0万円。「プジョー206」よりちょい高く、「メルセデスベンツAクラス」よりすこし安い、野心的な値付けだ。

試乗会が行われた時点での予約状況は、全体の約8割がCVT、7割がCooperで、人気の色は、「赤」「銀」「黄色」の順。「BRG(ブリティッシュレーシンググリーン)」は、4位に甘んずる。
「先行予約されたのは、いわゆるクルマ好きの方が多く、30万円アップでCooperが買えるのなら……」ということで、上位グレードが過半数を占めたとBMWの担当者は分析する。「30万円なら……」とポンと言えるところが、さすが“プレミアムコンパクト”購入層である。ちなみに、年齢層は30代と40代が30%ずつ、20代が20%だという。趣味的要素に投資できる“働き盛り”が8割、と。
「男女比では、8割が男性ですが、これは男性名義でクルマを買われる方も多いので……」と、ホントはもっと女性が多いと言わんばかりなり。MINIをトレンドの波に乗せるには、女性の高い支持が必要ということでしょうか。


ヒカリものが多い「Cooper」。従来の文法だと、メッキ類は“ラグジュアリー”、ボディ同色または無塗装が“スポーティ”を表すものだったが……。

ヒカリものが多い「Cooper」。従来の文法だと、メッキ類は“ラグジュアリー”、ボディ同色または無塗装が“スポーティ”を表すものだったが……。
オプションのレザーシート(シートヒーター付き)。

オプションのレザーシート(シートヒーター付き)。
必要最低限のラゲッジルーム。後席は分割可倒式。

必要最低限のラゲッジルーム。後席は分割可倒式。

Cooperの第一印象

街で見かけたMINIが「One」か「Cooper」かはすぐわかる。ルーフがボディ同色なのがOne、白か黒に塗られていたらCooperである。そのほか、Cooperは、前後バンパーにメッキモールが入り、ノーズ下部のメッシュグリルやテイルパイプもクローム仕上げとなる。フォグランプ、アルミホイールが標準で装備されることも見逃せない。

パワーソースの、BMWとクライスラーによる「ペンタゴン」ユニット、1.6リッター直4シングルカム16バルブという基本は変わらないものの、ベーシックモデルの最高出力90ps/5500rpm、最大トルク14.3kgm/3000rpmに対し、Cooperは「ピークパワー」「トルク」ともに発生ポイントを引き上げ、26ps増しの116ps/6000rpmと0.9kgm太い15.2kgm/4500rpmを得ている。上位グレード用にコンピュータチューンを施した、というより、Oneのそれは、Cooperのエンジンをより経済的にデチューンした、というのがBMWサイドの説明だ。また、マニュアルギアボックスにも手が入れられ、Cooperは加速性能を重視して最終減速比が3.563から3.973に落とされた。Oneとの棲み分けをハッキリさせるためか、内外とも念入りにスポーティな味付けが施されている。

比較の基準として、MINI One(5MT)に乗った後、Cooper(5MT)をドライブした。

「足、硬いなァ」というのが最初の印象である。テストコースとなった西湘バイパスは路面の継ぎ目がキツい道だから、なおさらそう感じたのかもしれない。そう考えながら、曲率が大きめなカーブが続く箱根ターンパイクを駆け上がると、Cooperを予約注文された7割の方には大変申し訳ありませんが、「これはイカン」と思った。
Cooperは「スポーツサスペンション」が与えられて車高が落とされているうえ、フロントに加えリアにもアンチロールバーが装備される。MINI Oneもコーナリングで感じるロールが少ないタイプだが、Cooperはもっと少ない。そのうえ、“曲がり”でのステアリングが粘つくように重く「タイヤのグリップに頼っている感じ……」と頭のなかでノートを付けていたら、お借りしたクルマ、オプションの16インチ(195/55R16)を履いてました。

一緒に取材に赴いた自動車雑誌『NAVI』のサトウ記者が、薄緑のCooper(15インチ装着車)から「なかなかイイですね」と笑顔で出てきたので、さっそく拝借して乗ってみたところ、たしかに路面へのあたりが柔らかい。「最初にコッチをドライブしていれば……」と、先ほどのメモに赤を入れながらしばらくステアリングホイールを握っていたが、依然として「ロール問題」(?)は残っており、第一印象の悪さを払拭するにはいたらなかった。



これはMINI One。

オートマみたい

感心したのは、続いて乗ったCooperのCVTである。まるで普通のトルコン式オートマチックトランスミッションのようだ、といのがほめ言葉になっているかはわからないが、ガスペダルを踏む量に比例して、違和感なくスタイリッシュな3ドアボディを運ぶ。
CVTは、2つのプーリーを使い、双方のV字溝の幅をコントロールすることでギア比を変える。また、MINIは、スロットルペダルとエンジンを電気的結ぶ「Eガス」ことフライバイワイヤが採られた。つまり、エンジン、トランスミッションとも、エンジニアによるチューニングの自由度が高いわけだ。そのうえ、日本向けMINIのCVTに関しては、BMWジャパンの要望が大いに取り入れられたという。日本のトランスミッション担当者は、きっと「オートマっぽいのがイイ」と考えたのだろう。もちろん、ローバー100シリーズに起源を求めることができるZF製CVTは、湿式多版クラッチを電子制御することでクリープもつくり出す。

MINI Cooper(CVT)は、セレクターを「D」から「M/S」に移せば、ビーエム自慢の「ステップトロニック」を駆使してシーケンシャルシフトを楽しむこともできる。シフト方法は、バイエルン流に、押すとダウン、引くとアップである。タコメーターのレッドゾーンはMTモデルの6750から5500に引き下げられるが、それでも6000rpmまでフルスケール使ってのドライブが可能だ。いまひとつ個性が足りない新型1.6リッターであるが、ブン回せば、古典的なプレジャーを絞り出せる。

大磯の街なかをCooper無段変速モデルで流しながら、日本市場でのMINIの4つのモデルラインナップを考える。OneとCooper。MTとCVT。個人的には、Oneの方が好きだ。MTもいいけれど、CVTのデキも文句ないから、左手、左足を駆使することに喜びを見いだすヒトでなければ、無段変速機でいいだろう。すると……、早急にOneのCVTモデルに乗る必要があるな、と思った。しかし試乗時間は終わってしまった。ベストMINIの選出は、しばらくおあずけである。

(文=webCGアオキ/写真=望月浩彦/2002年3月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINI 3ドアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • MINIクーパーSD 3ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.7.15 試乗記 いよいよMINIにも本格的なディーゼルの波が到来。今春、実に6車種ものディーゼルモデルが一斉に日本に導入された。今回は、そのなかでも特に高性能な「クーパーSD 3ドア」に試乗。小柄なボディーとトルクフルなエンジンが織り成す走りに触れた。
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • BMW & MINIディーゼルモデル試乗会【試乗記】 2016.6.29 試乗記 この春、BMWグループが小型モデルのディーゼルラインナップを一気に充実させた。注目の1.5リッター直列3気筒ディーゼルエンジンを搭載する「MINIクーパーD」や、「BMW 1シリーズ」初のディーゼル「118d」など、計4モデルに試乗する。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
ホームへ戻る