日産、「ティアナ」をマイナーチェンジ

2012.06.27 自動車ニュース

日産、「ティアナ」をマイナーチェンジ

日産自動車は2012年6月27日、「ティアナ」をマイナーチェンジし発売した。

今回のマイナーチェンジでは、新デザインのアルミホイールやリヤコンビランプを採用したほか、メーターのデザインを変更し、車両情報ディスプレイなどに白色照明を採用することで、ドライバーの視認性を高めたという。
ボディーカラーは新色の「スチールブルー」と「ブリリアントホワイトパール」が追加され、全6色の設定となる。

また、新たなグレードとして「250XLスポーティセレクション」を設定。「250XL」をベースに専用のインテリアや17インチアルミホイール、リヤスポイラーなどを装着したスポーティーなモデルとなっている。

車両価格は、「250XE」の258万3000円から「350XV」の410万3400円まで。新たに設定された「250XLスポーティセレクション」は288万9600円。

<仕様・装備の主な変更点>
■エクステリア
・新デザインのアルミホイールを採用(16インチ:「250XL」「250XL FOUR」に標準設定(「250XE」「250XE FOUR」はオプション)、 17インチ:「250XV」「350XV」に標準設定)
・新デザインのリヤコンビランプを採用

■インテリア
・メーターデザインの変更、車両情報ディスプレイなどに白色照明を採用
・ブラック内装車のインストゥルメントパネル、センターコンソールなどの木目調変更
・ナビゲーション、オーディオ、エアコン等のスイッチの色変更

<「250XLスポーティセレクション」車両概要>
・専用フロントグリル(ダーククローム)
・リヤスポイラー
・サイドシルプロテクター
・専用17インチアルミホイール
・カラード トランクリッドフィニッシャー
・本革シート+ドアトリム(ブルーステッチ付き)
・コンソールリッド(ブルーステッチ付き)
・本革巻4本スポークステアリング+本革巻シフトノブ(ブルーステッチ付き)
・メタリック調フィニッシャー(インストゥルメントパネル、センターコンソール等)

(文=工藤考浩)

「日産ティアナ」
「日産ティアナ」
「250XLスポーティセレクション」
「250XLスポーティセレクション」
「250XLスポーティセレクション」のリヤスポイラー
「250XLスポーティセレクション」のリヤスポイラー
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ティアナXV(FF/CVT)【試乗記】 2014.3.5 試乗記 日産の世界戦略車のひとつである「ティアナ」が3代目にバトンタッチ。初代から続く、上質感や快適性はどのように継承されたのかをチェックした。
  • 日産シルフィ G(FF/CVT)【試乗記】 2013.3.6 試乗記 日産シルフィ G(FF/CVT)
    ……238万9800円

    日本におけるコアターゲットは「60代の、妻とふたり暮らしの男性」。長年セダンを乗り継いできた熱心なオーナーへ向け、日産がささげる「アガリの一台」は、どのようなクルマに仕上がっているのか。
  • 日産ティアナ250XV(FF/CVT)/350XV(FF/CVT)【試乗速報】 2008.6.20 試乗記 日産ティアナ250XV(FF/CVT)/350XV(FF/CVT)
    ……335万4750円/425万7750円

    “モダンリビング”路線の嚆矢である「ティアナ」がフルモデルチェンジされ、2代目となった。路線継続を謳いつつも、新たなテーマとして付け加えられたのが「OMOTENASHI(おもてなし)」である。アジア市場を狙う戦略車は、どう変わったのか。
  • ホンダ・シビックハッチバック プロトタイプ/シビックセダン プロトタイプ【試乗記】 2017.5.29 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。シャシーを全面刷新し、“操る喜び”を追求したという新型の走りとは? 袖ヶ浦フォレストレースウェイで行われたプロトタイプ試乗会で、その出来栄えをチェックした。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト(後編)【試乗記】 2017.5.12 試乗記 トヨタと日産が自信を持って送り出す、2台の環境対応車に試乗。プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」に続いて、後編では“100%モーター駆動”のコンパクトカー「ノートe-POWER」の素顔に迫った。
ホームへ戻る