日産、「ティアナ」をマイナーチェンジ

2012.06.27 自動車ニュース

日産、「ティアナ」をマイナーチェンジ

日産自動車は2012年6月27日、「ティアナ」をマイナーチェンジし発売した。

今回のマイナーチェンジでは、新デザインのアルミホイールやリヤコンビランプを採用したほか、メーターのデザインを変更し、車両情報ディスプレイなどに白色照明を採用することで、ドライバーの視認性を高めたという。
ボディーカラーは新色の「スチールブルー」と「ブリリアントホワイトパール」が追加され、全6色の設定となる。

また、新たなグレードとして「250XLスポーティセレクション」を設定。「250XL」をベースに専用のインテリアや17インチアルミホイール、リヤスポイラーなどを装着したスポーティーなモデルとなっている。

車両価格は、「250XE」の258万3000円から「350XV」の410万3400円まで。新たに設定された「250XLスポーティセレクション」は288万9600円。

<仕様・装備の主な変更点>
■エクステリア
・新デザインのアルミホイールを採用(16インチ:「250XL」「250XL FOUR」に標準設定(「250XE」「250XE FOUR」はオプション)、 17インチ:「250XV」「350XV」に標準設定)
・新デザインのリヤコンビランプを採用

■インテリア
・メーターデザインの変更、車両情報ディスプレイなどに白色照明を採用
・ブラック内装車のインストゥルメントパネル、センターコンソールなどの木目調変更
・ナビゲーション、オーディオ、エアコン等のスイッチの色変更

<「250XLスポーティセレクション」車両概要>
・専用フロントグリル(ダーククローム)
・リヤスポイラー
・サイドシルプロテクター
・専用17インチアルミホイール
・カラード トランクリッドフィニッシャー
・本革シート+ドアトリム(ブルーステッチ付き)
・コンソールリッド(ブルーステッチ付き)
・本革巻4本スポークステアリング+本革巻シフトノブ(ブルーステッチ付き)
・メタリック調フィニッシャー(インストゥルメントパネル、センターコンソール等)

(文=工藤考浩)

「日産ティアナ」
「日産ティアナ」
「250XLスポーティセレクション」
「250XLスポーティセレクション」
「250XLスポーティセレクション」のリヤスポイラー
「250XLスポーティセレクション」のリヤスポイラー

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ティアナの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産ティアナXV(FF/CVT)【試乗記】 2014.3.5 試乗記 日産の世界戦略車のひとつである「ティアナ」が3代目にバトンタッチ。初代から続く、上質感や快適性はどのように継承されたのかをチェックした。
  • 日産ティアナ(後編) 2014.1.20 画像・写真 3代目となる新型「日産ティアナ」の詳細な姿を、写真で紹介する。
  • 日産ティアナにカーナビ標準装備の新グレード 2016.4.4 自動車ニュース 日産の4ドアセダン「ティアナ」に、純正カーナビゲーションシステムを標準装備した新グレード「XVナビAVMパッケージ」「XLナビAVMパッケージ」が登場した。これにともない、ナビ非装着の上級グレード「XV」は廃止となった。
  • スバル、2018年型の「レガシィ」をシカゴで公開 2017.2.3 自動車ニュース 富士重工業は2017年2月3日、米国・シカゴで開催される2017年 シカゴオートショー(開催期間:2月9日~20日)で、2018年型「スバル・レガシィ」の米国仕様車を公開すると発表した。
  • トヨタ・タンク カスタムG-T(FF/CVT)【試乗記】 2017.2.1 試乗記 コンパクトハイトワゴン市場にトヨタ陣営が投入したニューモデル「タンク」。3気筒ターボエンジンを搭載した上級グレード「カスタムG-T」に試乗し、同市場のパイオニアである「スズキ・ソリオ」との違いを確かめた。
ホームへ戻る