【スペック】MINI One(5MT):全長×全幅×全高=3626×1688×1408mm/ホイールベース=2467mm/車重=1040kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOCH16バルブ(90ps/5500rpm、14.3kgm/3000rpm)/車両本体価格=195.0万円

MINI ONE(5MT)【試乗記】

小型車の新しい基準 2002.08.15 試乗記 MINI ONE(5MT)

日本での正式リリースを前にした2002年1月22日、新しい「MINI」の試乗会が東京は神宮外苑で開催された。『Car Graphic』で同車の長期テストを担当する小林彰太郎が、気になる新型をインプレッション。『webCG』スタッフが同行した。
会員コンテンツ「Contributions」より再録。

3月2日は「MINIの日」

まったく新しいBMW製のMINIが、2002年3月2日"ミニの日"を期して、いよいよ日本市場に登場する。当面発売されるのは、ベイシックな「MINI ONE」(5MT、195.0万円)、エンジンと足回りを軽くチューンした「MINI Cooper」(5MT、225.0万円)の2車種である。今回MINI ONEの試乗会が、東京は青山の神宮外苑をベースに開かれた。スタイリングは明らかにオリジナルミニを想わせるが、サイズは一回り以上大きい。3626mmの全長はともかく、車幅は1688mmもある(初代ミニは3050mm×1400mm)。

ブリティッシュレーシンググリーンの1台を選ぶと、われわれ3人はさっそく乗り込む。前席バックレストを調節レバーで前倒すれば、後席への出入りはさほどむずかしくない。身長175cmの筆者の後ろに自分自身が坐ると、ひざの前に拳ひとつ以上の余裕があった。インテリアの第一印象は、少々斬新奇抜に思えたが、実はよく考えられた機能的なデザインである。元のミニでは、水平に近いステアリングを抱え込む、特有の運転姿勢を強いられた。ところが新型では、なんと運転席にハイトアジャスターが備わり、ステアリングコラムもチルトが調整できる。メタリック塗装のダッシュ中央には、これもオリジナルを想わせる、大径の速度計が配置される。全体に高いMINIの品質感は、もっと上級のBMWに比べてなんら遜色ない。

MINIのトランスミッションは5MTが標準で、別にまったく新しいZF製のステップトロニック付CVTが、10万円のオプションで選べる。試乗車は5MTだった。横置き4気筒1598cc(85.8×77mm)エンジンは、一見平凡なSOHC16バルブで、出力は90ps/5500rpm、最大トルクは14.3mkg/3000rpmに過ぎない。だが、トルク特性はきわめてフレキシブルで、しかも全域にわたってスムーズ、かつ静粛である。ブロックは、低騒音、低振動を狙った頑丈な鋳鉄製で、アルミ製ヘッドの16バルブは、油圧タペットと、ローラーベアリングを奢ったロッカーアームを介して静粛に作動する。
だが上まで引っ張ると、かすかに旧ミニのBMC Aタイプユニットを想わせる、スポーティーなエグゾーストノートが聞こえた。クラッチは軽く、つながりはごくスムーズだから、マニュアルギアボックスの初心者にも、発進時にストールさせる口実を与えない。シフトレバーのストロークは小さく、操作は気持ちよいので、街なかでの頻繁なチェンジもさほど気にならない。

高度な電子制御を装備

エンジンの柔軟性は実に驚くべきであり、4速のまま、40km/h(約1400rpm)を保って無理なく走行できた。その秘密は、シーメンス社製の「パワートレインコントローラー」にあるらしい。これは一種のトータルマネージメントシステムで、「E-ガス」と呼ばれるスロットルペダルの電子制御も、その重要な構成部分である。E-ガスは高度の「ドライブバイワイア」で、ドライバーがアクセルを踏み込む動作は直接コントローラーに伝達され、その時点の作動状態に見合う、理想的な燃料量を瞬時に計算してエンジンに供給する。また常にエンジントルクをモニターし、もし必要なトルクが最大トルク未満の場合には、点火時期を遅らせて過度なトルクの発生を抑える。

開放感に満ちたドアボディの剛性は非常に高い印象を受けた。シャシー設計も、このサイズ/価格の車としてはきわめて高度で贅沢である。サスペンションは前ストラット、後はBMW流マルチリンクで、適度なホイールストロークを持ち、硬めながら快適な乗り心地を提供する。ブレーキは4輪ディスクで、前はベンチレーテッドが奢られている。ブレーキの利き味はリニアでスムーズ、重量級のクルマのように安定している。
ラック&ピニオンステアリングは、ロックトゥロック2.5回転で、電子制御の小型電動モーターによるパワーアシストを備える。このアシストは、例えば直進時にはスタンバイしており、コーナーなどで必要になると作動し、燃費を節約する。ステアリングレスポンスはミニの伝統に忠実であり、俊敏で気持ちよい。高速時のハンドリングについては、この日の短いテストでは確認できなかったが、高水準にあることだけは間違いない。このほか、前後ブレーキ圧配分を荷重状態に応じて常時調節するEBD、X字型配管ブレーキの4センサーABS、コーナリングブレーキコントロールCBCなど、高度な電子制御装置を標準装備するMINIは、小型車の世界にアクティブセイフティと、高い品質感の新しい基準を確立したということができる。

なお『Car Graphic』では、近くMINI Cooper(CVT)を長期テスト車に購入、小林彰太郎が担当するので期待されたし。

(文=小林彰太郎/写真=清水健太/2002年1月)



MINI ONE(5MT)【試乗記】の画像


MINI ONE(5MT)【試乗記】の画像


MINI ONE(5MT)【試乗記】の画像
写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。

写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。


MINI ONE(5MT)【試乗記】の画像


MINI ONE(5MT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINI 3ドアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
ホームへ戻る