【スペック】全長×全幅×全高=4515×1720×1420mm/ホイールベース=2560mm/車重=1360kg/駆動方式=FF/1.9リッター直4DOHC16バルブ(165ps/5250rpm、24.5kgm/1800?4500rpm)/車両本体価格=360.0万円(テスト車=380.0万円)

ボルボS402.0T(5AT)【ブリーフテスト】

ボルボS40 2.0T(5AT) 2000.09.18 試乗記 ……380.0万円 総合評価……★★★

遅咲きセダン

「ボルボなのにハコネとは珍しい」と思いながら試乗会に赴いた。乗るのはプレミアムコンパクト、と同社の主張する40シリーズ。
ライトプレッシャーターボ搭載のS40に乗ってオドロイタ! というとちょっとオーバーですが、期待よりズッとよかった。なぜなら、失礼ながら、期待値が低かったから。
1997年の日本導入当時、「姉妹車」というと語弊があるので、オランダの同じ工場で生産される三菱カリスマと比較試乗した際、カリスマは日産プリメーラのようなシャープなハンドリングなのに、なぜにS40はこうも「鈍」なのでしょう?と不思議に思ったことがあった。
トレッドの拡大と、オプションの16インチ+ゴーマルタイヤが効いているのだろう。2001年モデルは、フロントの接地感が増して、見違えるようにハンドリングがよくなった。
見た目は(あまり)変わらねど、1500カ所もの改良を受けたという。遅咲きセダンだ。

【概要】 どんなクルマ?

(シリーズ概要)
1995年に登場したボルボのボトムレンジモデル。ボルボ、三菱、オランダ政府の共同出資会社、オランダはネッドカー社で生産される。車型はセダン(S40)、ワゴン(V40)の2つ。日本には、いずれも1.9リッターのNAとターボが輸入される。2001年モデルから、トランスミッションが5段ATになった。衝撃によって膨張量を2段階に変化させる「デュアルモード」エアバッグ、カーテン状に開くサイドエアバッグを標準装備。ISOFIX対応チャイルドシートのアンカーも設置された。
(グレード概要)
S40 2.0Tは、1.9リッター直4ユニットにインタークーラー付きターボで軽い過給をかけ、NA比29psアップの165psを得たスポーティバージョン。トップグレードとして、クルーズコントロール、ウッド&革のコンビステアリングホイール、ウッド調シフトノブなどが奢られる。

【車内&荷室空間】 乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★★
すっきりしたデザイン。大きなボタン類を配置したインパネまわりは、シンプルで好ましい。ターボモデルには、燃料、水温系の下に、平均速度、燃費、外気温などを表示するトリップコンピュータが装備される。
(前席)……★★★★
テスト車は、オプションの本革シート、ガラスサンルーフを装備。高めの着座位置。シートはソフトで、座ると軽く身体が沈み、お尻を包み込む印象。バックレストと大きなヘッドレストが壁のように背面にそびえ、ドライバーに安心感を与える。2001年モデルから、パワーウィンドウなどのスイッチが、ドアパネルに移された。
(後席)……★★★
充分な長さの座面。柔らかめの座り心地。膝前空間は必要充分だが、テスト車はスライディングルーフを設置していたため、ヘッドクリアランスは最小限だ。
(荷室)……★★★
床面最大幅135cm、奥行き100cmの標準的なラゲッジスペース。ホイールハウスの張り出しは小さくないが、凹部をネットで仕切って小物を収納できるよう工夫している。2本ダンパーでリッドを支え、開口部は大きい。

【ドライブフィール】 運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★
2001年モデルは、2000年モデルより出力を5psと0.7kgmアップ。一方、燃費は5%向上したという。給排気系のリファイン、クランクシャフトを4kg軽量化、ピストンを薄くして首振りを減らす、といった細かい改良を施され、回転はスムーズ。2500rpm付近から過給がかかるが、ごく軽いもの。アイシン製5段ATとのマッチングも良好だ。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★
本国モデルいうところの「スタンダード」設定のサスペンション。尖ったところのない、穏やかな乗り心地。15mm広がったフロントトレッド、10mm長くなったホイールベース、そして16インチのオプションホイール+50扁平タイヤの恩恵か、ニューS40は、接地感が増して、ハンドリングがよくなった。

(写真=高橋信宏)

【テストデータ】

報告者: 金子浩久
テスト日:2000年10月25日
テスト車の形態 :広報車
テスト車の年式: 2000年型
テスト車の走行距離: 6137km
タイヤ: (前)195/60R15 88V/(後)同じ(いずれもPirelli P6000)
オプション装備: --
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態: 高速道路(6):市街地(3):山岳路(1)
テスト距離: --
使用燃料: --
参考燃費: --



ボルボS402.0T(5AT)【ブリーフテスト】の画像


ボルボS402.0T(5AT)【ブリーフテスト】の画像


ボルボS402.0T(5AT)【ブリーフテスト】の画像


ボルボS402.0T(5AT)【ブリーフテスト】の画像


ボルボS402.0T(5AT)【ブリーフテスト】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ボルボS90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.3.29 試乗記 ボルボの最新テクノロジーを北欧ならではのデザインで包んだフラッグシップセダン「S90」。新世代プラットフォーム「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー」がもたらす走りを、ツインチャージャーエンジンを備えた最上級グレードで確かめた。
  • ボルボS60ポールスター(4WD/8AT)/V60ポールスター(4WD/8AT)【海外試乗記】 2016.4.19 試乗記 モータースポーツのテクノロジーが注ぎ込まれた「ボルボS60/V60ポールスター」が進化を遂げて帰ってきた。エンジンを3リッター直6ターボから2リッター直4ツインチャージャーに改め、367psに強化された新型の走りやいかに?
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT) 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • マツダ、「デミオ」に先進安全技術を標準装備し発売 2017.4.20 自動車ニュース マツダが、コンパクトカー「デミオ」の全グレードにおいて運転支援システム「i-ACTIVSENSE」を標準装備化。生産時期は、「13C」およびオーディオレス車は6月以降、「15MB」は7月以降となる予定。
  • ボルボV90 T6 AWD R-Design(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.20 試乗記 “スポーツドライビングを愛するあなたのための”とカタログでアピールされる、「ボルボV90」のスポーティーグレード「T6 AWD R-Design」に試乗。引き締められた専用サスペンションシステムがもたらす、その運動性能やいかに? デザインや使い勝手も含めてつぶさにチェックした。
ホームへ戻る