ボルボS/V40シリーズ【試乗記】

ボルボ40シリーズ「ちょい乗り」試乗報告 2000.09.22 試乗記 ボルボS/V40シリーズボルボカーズジャパンは、2000年9月1日から、同社のボトムレンジたる40シリーズ「2001年モデル」の販売を開始した。セダンのS40、ワゴンのV40とも、1.8リッターモデルがカタログから落とされ、エンジンラインナップは、2リッターと同ターボの2種類となった。いずれも5段ATが組み合わされる。ハンドリング向上のため、昨年モデルよりホイールベースが10mm、フロントトレッドが15mm拡大されたことが新しい。フロントバンパーは下顎の出たスポーティなものになり、ボディが10mm延び、広がったトレッドに合わせてフェンダー形状も変更された。価格は据え置き。200psを誇る「V40 T-4」が、250台の限定モデルとして販売されたこともニュースだ。395.0万円。
全長×全幅×全高=4515×1720×1460mm/ホイールベース=2560mm/車重=1350kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(136ps/5800rpm、19.4kgm/4000rpm)/車両本体価格=345.0万円(テスト車=365.0万円/ラグジュアリーパッケージ=本革シート+ガラスサンルーフ+16インチアルミホイール+助手席パワーシート)

隙間のワゴンV40ノルディック(5AT)……365.0万円

10mmのホイールベース延長、15mmのフロントトレッド拡大。40シリーズ2001年モデルの足まわり改変は、アーム長を変える本格的なもの。その甲斐あってか、ハンドリングがグッとよくなったセダン、に気をよくして、V40ノルディックに乗った。「Nordic」は、リアルーフスポイラー、フロントフォグ、プレミアムスピーカーシステムなどを装備する売れ筋グレード。
クランクシャフト、ピストンといった主要パーツを軽量化した2リッターユニットは、スルスルと6500rpm超までよく回る。スムーズだが、3500rpmから俄然ノイズを高める。乾いたフィールのエンジンだ。
この日は山道を走ったのでエンジン音が耳についたが、街なかでは5段ATがずっと早いタイミングでシフトするから、ウルサイと感じることは少なかろう。
350万円といえば、レガシィも、ステージアも、最上級グレードが買えるんです!でも、ビーエムやアウディには手が届かないんです! V40は、そういった隙間に活路を見い出すプレーンなワゴン。Vは「勝利のV!」じゃなくて、「ヴァーサタリティ(多様性)のV」だって。

(web CG アオキ)

全長×全幅×全高=4515×1720×1430mm/ホイールベース=2560mm/車重=1380kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブターボ(200ps/5500rpm、30.6kgm/2500?4000rpm)/車両本体価格=395.0万円

ドヨーンV40 T-4(5AT)……395.0万円

250台限定のハイパワーモデルT-4に乗る。専用色のイエローが眩しい。ボルボが「ハイプレッシャーターボ」と呼ぶ、2リッターターボはさすがにパワフル。最高出力200psと最大トルク30.6kgmはダテじゃない。「ヒーン」という大きめのタービン音とともに、芦ノ湖スカイラインの急勾配をものともせずに駆け上る。
残念なのはトルクステア。全開加速でステアリングホイールがとられる。プレミアムブランドにはふさわしくない。試乗した日は、コーナーごとにトラクションコントロールが働くような大雨。ハンドリングについて断定的なことは言えない。
もうひとつ残念だったのは、エンジンの「ドヨ?ン」としたフィール。速いは速いが、嬉しくも楽しくもない。「走り屋ワゴン」は、レガシィにまかせた方がいい。

全長×全幅×全高=4515×1720×1460mm/ホイールベース=2560mm/車重=1380kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブターボ(165ps/5250rpm、24.5kgm/1800?4500rpm)/車両本体価格=375.0万円(テスト車=395.0万円/ラグジュアリーパッケージ)

毛並みがいいV40 2.0T(5AT)……395.0万円

「ライトプレッシャーターボ」の最高出力は165psだから、T-4の8割強。何事も腹八分がいいらしい。ジェントルな印象の好エンジン。ただし、決してトロくはない。
加速時のタービン音はT-4より静か。これは高級感につながる。穏やかな特性のエンジンは、豪雨の山道でもリラックスして走れる。
ステアリングフィールは、T-4より軽くて爽やか。クルマ全体が、いい意味で軽い。
テスト車はオプションのラグジュアリーパッケージ装着車。20万円プラス也。革内装は質感高し。
エンジンもシャシーも、びんびんにキモチが良かったりすることはないけれど、V40 2.0Tは、絶対に裏切らない(だろう)、従順で毛並みのいい中型犬みたい。
乗ってタイクツだと感じたら、きっと、それこそボルボの狙いなのでしょう。

全長×全幅×全高=4515×1720×1420mm/ホイールベース=2560mm/車重=1380kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(136ps/5800rpm、19.4kgm/4000rpm)/車両本体価格=295.0万円(テスト車=315.0万円/ラグジュアリーパッケージ)

昔ながらの味S40(5AT)……315.0万円

どこの国のクルマか? ワゴンに較べると、セダンのリアビューには特徴がない。
それはさておき、ノイジーでスカスカなトルク感の2リッターNAエンジンにガックリ。うるさく感じたのは、ターボ並みの加速を求め、回転を上げ過ぎたワタシのせい。
エンジンのパワー不足は、10分も乗れば感じなくなる。136psと19.4kgm。ターボと較べなければ、悲観するほど非力ではない。
乗っての印象は薄い。
お値段を見ると、車両本体価格295.0万円。「メチャ安」とはいかないけれど、新車で買えるボルボのなかで、唯一200万円台。「プレミアム」感はないけれど、「勤勉で実直」という(昔ながらの)ボルボらしさは、このモデルでじゅうぶん味わえる。

(以上、NAVI編集部 佐藤健/写真はすべて高橋信宏)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V40の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボV40 D4 R-DESIGNポールスターエディション(FF/8AT)【試乗記】 2017.1.25 試乗記 特別仕立ての内外装や足まわりに、パワーアップしたディーゼルエンジン、専用のエキゾーストシステムを組み合わせた、「ボルボV40」の限定車に試乗。今後のボルボの方向性を示す、スポーツハッチバックの実力を確かめた。
  • 「ボルボV40クロスカントリー」に、ファッションモデル監修の限定車登場 2017.4.18 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2017年4月18日、「V40クロスカントリー」に特別仕様車「INATOMO SELECTION(イナトモ セレクション)」を設定し、40台限定で発売した。
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
  • ブガッティ・シロン(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.3.27 試乗記 1500psから420km/hという最高速を繰り出す「ブガッティ・シロン」に試乗。その桁外れの動力性能は驚きに値するが、それにも増して感動的だったのは、どんな状況でもこのクルマを100%信頼できるという感触が備わっていることだった。
ホームへ戻る