【スペック】全長×全幅×全高=4710×1815×1470mm/ホイールベース=2755mm/車重=1600kg/駆動方式=FF/2.4リッター直5DOHC20バルブ(170ps/5900rpm、23.5kgm/4500rpm)/車両本体価格=460.0万円(テスト車=557.0万円)

ボルボV70 2.4(5AT)【ブリーフテスト】

ボルボV70 2.4(5AT) 2000.10.13 試乗記 ……557.0万円 総合評価……★★★

幸せな平凡

かつての角張ったスタイルから決別した、というよりは、240時代に回帰した新型V70。グリーンハウスを視覚的に分離するボディサイドのバルジがスタイリッシュ。
時代の要請とマーケティングの必要性から、若々しく、スポーティな面が強調されるニューモデルだが、運転手に危険なドライビングをさせない、させる気にさせない、「鈍」な性格は相変わらず。
可変バルブタイミング機構を得た5気筒ユニットは、回すと快活だが、1.6トンのボディは「音」ほど走らない。鈍いステアリングフィール、いまひとつシャキッとしない足まわり。時にバタつくバネ下。
それでも「退屈」を「幸せな平凡」と感じせる不思議なクルマ。なんともおトクなブランドイメージを確立できたのは、早期に現地法人化、本気でマーケティングを展開したためだろう。

【概要】 どんなクルマ?

(シリーズ概要)
2000年1月のデトロイトショーでデビューした4ドアワゴン。先代V70が、実質上850のフェイスリフト版だったのに対し、新型は、S80のコンポーネンツを利用する真性ブランニューモデル。日本には、2種類の2.4リッターNAユニット(140psと170ps)と、軽い過給をかけたターボ(200ps)がラインナップされる。4WDモデルもオプションパッケージとして(!)選択可能になった。
(グレード概要)
V70 2.4は、NAモデルの上級版。エンジンパワーが30psアップするほか、革巻きステアリングホイール、アルミホイールを標準装備。純正ナビシステムがオプションで装着できる。

【車内&荷室空間】 乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★★
大柄なスイッチやボタンはわかりやすい。依然として「防寒用手袋をしていても」使えそうだ。革巻きステアリングホイールは標準装備。RTI(Road & Traffic Information)と呼ばれるビルトインタイプのナビゲーションシステムがオプション設定される。
(前席)……★★★
850時代の、ダボッと平板で大きなシートと比較すると、サイズ、形状とも標準的に。クッションの多い、柔らかく、ラグジュアリーな座り心地。座面の横に深さ10cmほどのモノ入れがあるのは便利。
(後席)……★★★
バックレストは、角度を2段階に調整できる。膝前、頭上空間ともじゅうぶんな広さだ。ファミリーパッケージ(インテグレーテッドチャイルドクッション+チャイルドロック+リアセンターテーブル=3.5万円)をオプション装備すると、リアシート左右の座面を高くして子供用とすることができる。バックレストは、1:2の分割可倒式。
(荷室)……★★★
床面最大幅130cm、奥行き110cm、パーセルシェルフまでの高さ40cm。床面とバンパーとの段差をなくすためか意外に浅いが、フロア下も収納スペースになっている。後席背もたれを倒せば、長さ185cmのフラットな荷室に。床面を引き起こすと出現する2人分エクストラシートは、メーカーオプション。

【ドライブフィール】 運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★
4、5、6気筒に使い回し可能な、ボルボ自慢のモジュラーユニット。2000rpm以上回すとウルサイが、5ATによって、回転が上がる前の速めのシフトが可能になった。実際には6500rpmまで回るが、メーター上は6000rpmからレッドゾーンが始まる。心理的な抑制か。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★
850シリーズから、ボルボもドライビングプレジャーを謳うようになったが、穏やかな性格は変わらない。リアサスにS80で採用されたマルチリンクが移植されるも、依然として安定志向。「曲がり」でのロールは大。アンダーステアも強めで、ドライバーをしてトバす気にさせない。ボルボ流アクティブセイフティ。

(写真=高橋信宏)

【テストデータ】

報告者: web CG 青木禎之
テスト日:2000年8月23日
テスト車の形態: 広報車
テスト車の年式: 2000年型
テスト車の走行距離: 1812km
タイヤ: (前)205/55R16 91W(後)同じ(いずれもPirelli P6000)
オプション装備: ベーシックパッケージ(本革シート+サンルーフ+助手席パワーシート+16インチアルミ=30.0万円)/レジャーパッケージ(ルーフレール+12Vソケット+ロードキャリア+ローディングプロテクション+ラゲッジマット=9.0万円)/エクストラシート(20.0万円)/RTI(ナビゲーションシステム=37.0万円)/助手席エアバッグ(1.0万円)
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2):高速道路(7):山岳路(1)
テスト距離:191.2km
使用燃料: 25.5リッター
参考燃費: 7.5km/リッター

関連記事
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
ホームへ戻る