【スペック】全長×全幅×全高=4710×1815×1470mm/ホイールベース=2755mm/車重=1600kg/駆動方式=FF/2.3リッター直5DOHC20バルブターボ・インタークーラー付き (250ps/5200rpm、33.7kgm/2400から5200rpm)/車両本体価格=570.0万円(テスト車= 611.5万円)

ボルボV70T-5(5AT)【ブリーフテスト】

ボルボV70T-5(5AT) 2000.10.26 試乗記 ……570.0万円総合評価……★★★

パワフルなお値打ち品

1995年に黄色の850T5-Rが衝撃のデビューを果たしてはや5年。限定モデル「T-5」もすっかり季節モノに。
2000年10月16日に導入されたV70T-5(2001年モデル)は、シーケンシャルシフトが可能なギアトロニック付き5AT、アンチスピンデバイスDSTCを搭載したことが新しい。
2.4Tより50ps増しの250psユニットと硬められた足をもつが、かつての獰猛さは姿を消した。トルクステアに驚くことも、ゴツゴツした乗り心地に眉をひそめることもない。
2001年版の目玉「スポーツモード」は、しかし納車直後以外はほとんど使うまい。むしろ、リアスポイラーと専用17インチアルミホイールが「スポーティ」を主張する。
ノーマルターボ車との価格差は60万円あれど、T5に標準の革内装はノーマルなら30.0万円のセットオプションだから、実質30万円高。50psアップと、400台という希少性ゆえの代価だが、後者の価値は下落がち。

【概要】 どんなクルマ?

(シリーズ概要)
2000年1月のデトロイトショーでデビューした4ドアワゴン。先代V70が、実質上850 のフェイスリフト版だったのに対し、新型は、S80のコンポーネンツを利用する真性ブランニューモデル。日本には、2種類の2.4リッターNAユニット(140psと170ps)と、軽い過給をかけたターボ(200ps)がラインナップされる。4WDモデルもオプションパッケージとして(!)選択可能になった。
(グレード概要)
2000年10月16日に、400台の限定モデルとして日本に導入された2001年型「ハイプレッシャー」ターボモデル。前年モデルとは、スポーツモード付き5段ATとDSTC(ダイナミック・スタビリティ&トラクション・コントロール)が搭載されたことが違う。本革内装、助手席パワーシート、8スピーカーオーディオ、サンルーフなどが標準で装備される。  

【車内&荷室空間】 乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★★
ダッシュボード上面に、RTIと呼ばれるナビゲーション(オプション装備)のディスプレイが埋め込まれる。T5に限らず、V70のエアバッグは、衝撃度によって70%かフル膨張かを選ぶ「デュアルモード」となった。
(前席)……★★★
体が柔らかく沈むラグジュアリーなシート。V70シリーズのモデルチェンジに合わせて、追突された時に背もたれが後ろに倒れて首や背骨の負担を減らすプロテクションシステムが採用された。サイドエアバッグを備える。
(後席)……★★★
ダブルフォールディング可能な後席。「インテグレーテッド・チャイルド・クッション」をオプション装備すると、リアシートの座面を上げることができる。なお、側面衝突時には、前後席のウィンドウ部を覆うかたちでイングレータブルカーテンが展開、乗員の頭部を保護、車外に投げ出されることを防ぐ。
(荷室)……★★★
床面最大幅×奥行き=130×110cm。パーセルシェルフまでの高さが40cmと意外に浅いのは、荷物を積み重ねて搭載することはあまりない、と判断したためか。バンパー部との段差がなく、重いモノでも積み込みやすそう。後席を倒せば、奥行き170cmのフラットな荷室が出現する。床下にも収納スペースあり。

【ドライブフィール】 運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★
2.4リッターのターボユニットより、ボアを2mm短くした2.3リッター「ハイプレッシャー」ターボ。スポーティな味付けより、フラットトルクの使いやすさが重視される。なお、 70シリーズには、「PREMAIR(プレムエア)」と呼ばれる、走りながら大気中のオゾンを酸素に変換する触媒付きラジエーターが採用された。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★
2.4Tより強化されたスプリングとスタビライザーでロールを抑える。17インチホイールに「ヨンゴー」タイヤを履くが、乗り心地は犠牲にされない。ただし、油断するとアンダーステアが強く出るハンドリングもノーマル同様。ツアラーとして使うことを要求される。

【テストデータ】

報告者: web CG 青木禎之
テスト日: 2000年10月16日
テスト車の形態: 広報車
テスト車の年式: 2000年型
テスト車の走行距離:737km
タイヤ:(前)225/45R17 91Y(後)同じ(いずれもPirelli P6000)
オプション装備: ファミリーパッケージ(チャイルドクッション+チャイルドロック+リアセンターテーブル=3.5万円)/RTI(ナビゲーションシステム=37.0万円)/助手席エアバッグ(1.0万円)
テスト形態: ロードインプレッション(プレス向け試乗会)
走行状態:市街地(5):山岳路(5)
テスト距離: --
使用燃料: --
参考燃費: --

関連記事
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • ボルボV90 T6 AWD R-Design(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.20 試乗記 “スポーツドライビングを愛するあなたのための”とカタログでアピールされる、「ボルボV90」のスポーティーグレード「T6 AWD R-Design」に試乗。引き締められた専用サスペンションシステムがもたらす、その運動性能やいかに? デザインや使い勝手も含めてつぶさにチェックした。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
ホームへ戻る