「くつろぎ」という名のトヨタ・パッソ発売

2012.06.27 自動車ニュース

トヨタ、「パッソ」を一部改良し、特別仕様車1.0X“Kutsurogi”を発売

トヨタ自動車は2012年6月27日、「パッソ」を一部改良するとともに、特別仕様車1.0X“Kutsurogi”(クツロギ)を設定し発売した。

今回の一部改良では、トランスミッションほか各種部品のフリクション低減などにより燃費を向上。1リッター・FF車ではJC08モードで21.2km/リッターを実現し、「平成27年度燃費基準」を達成。
また、1リッター・FF車にアイドリングストップ機能を新たにオプション設定することで(一部グレードを除く)、同23.0km/リッターを実現し、「平成27年度燃費基準+10%」を達成した。
すでに全車で認定を取得している「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」とあわせ、1リッター・FF車全車が「環境対応車普及促進税制(エコカー減税)」の減税措置の対象となる。

車両価格は「1.0X “Vパッケージ”」の102万円から「1.3+Hana」の148万円まで。

また、追加設定された特別仕様車「1.0X“Kutsurogi”」は、「1.0X」をベースに内装色を特別設定色の「ブラウニー」としたほか、「スーパーUVカットガラス」をフロントドアに特別装備する。ボディーカラーは、特別設定色の「ヒスイパールメタリック」(オプション)を含む、全10色を設定。

車両価格はFF車が115万円、4WD車が131万8000円。

あわせて福祉車両ウェルキャブについても同様の改良が施された(アイドリングストップ機能はメーカーオプション設定されていない)。

(文=工藤考浩)

「トヨタ・パッソ 1.0X“Kutsurogi”(クツロギ)」
「トヨタ・パッソ 1.0X“Kutsurogi”(クツロギ)」
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • フルモデルチェンジしたカムリを知る 2017.7.11 ALL NEW CAMRY DEBUT <PR> 世界中で愛されてきたトヨタのグローバルセダン「カムリ」。官能的なスタイリングと優れた走行性能、先進の安全性能を併せ持つ、最新モデルがデビューした。
  • トヨタ・アクア/アクア クロスオーバー 2017.6.23 画像・写真 モデルライフ半ばのマイナーチェンジで、内外装のデザインやパワーユニット、足まわりなどに手が加えられた「トヨタ・アクア」。全5グレードの中から、「アクア クロスオーバー」と「アクアG」の姿を写真で紹介する。
  • ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT) 2017.6.29 ホンダS660と過ごす おとなの休日 <PR> コンパクトミドシップオープン「ホンダS660」の持つスポーツ性に、大人の魅力をプラスした一台――。それが「S660 αブルーノレザーエディション」だ。休日のパートナーとして彼を連れ出したリポーターは、特別装備のレザーシートに体をゆだね、都心から一路鎌倉の海を目指した。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
ホームへ戻る