「くつろぎ」という名のトヨタ・パッソ発売

2012.06.27 自動車ニュース

トヨタ、「パッソ」を一部改良し、特別仕様車1.0X“Kutsurogi”を発売

トヨタ自動車は2012年6月27日、「パッソ」を一部改良するとともに、特別仕様車1.0X“Kutsurogi”(クツロギ)を設定し発売した。

今回の一部改良では、トランスミッションほか各種部品のフリクション低減などにより燃費を向上。1リッター・FF車ではJC08モードで21.2km/リッターを実現し、「平成27年度燃費基準」を達成。
また、1リッター・FF車にアイドリングストップ機能を新たにオプション設定することで(一部グレードを除く)、同23.0km/リッターを実現し、「平成27年度燃費基準+10%」を達成した。
すでに全車で認定を取得している「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」とあわせ、1リッター・FF車全車が「環境対応車普及促進税制(エコカー減税)」の減税措置の対象となる。

車両価格は「1.0X “Vパッケージ”」の102万円から「1.3+Hana」の148万円まで。

また、追加設定された特別仕様車「1.0X“Kutsurogi”」は、「1.0X」をベースに内装色を特別設定色の「ブラウニー」としたほか、「スーパーUVカットガラス」をフロントドアに特別装備する。ボディーカラーは、特別設定色の「ヒスイパールメタリック」(オプション)を含む、全10色を設定。

車両価格はFF車が115万円、4WD車が131万8000円。

あわせて福祉車両ウェルキャブについても同様の改良が施された(アイドリングストップ機能はメーカーオプション設定されていない)。

(文=工藤考浩)

「トヨタ・パッソ 1.0X“Kutsurogi”(クツロギ)」
「トヨタ・パッソ 1.0X“Kutsurogi”(クツロギ)」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パッソの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
ホームへ戻る