【スペック】全長×全幅×全高=4710×1815×1470mm/ホイールベース=2755mm/車重=1560kg/駆動方式=FF/2.4リッター直5DOHC20バルブ(140ps/4500rpm、22.4kgm/3750rpm)/車両本体価格=400.0万円(テスト車=423.5万円/レザーパッケージ/ファミリーパッケージ=インテグレーテッドチャイルドクッション+パワーチャイルドロック+リアセンターテーブル)

ボルボV70(5AT)【試乗記】

『ベーシック、バット、レザー』 2001.03.13 試乗記 ボルボV70「レザーパッケージ」……423.5万円

本革セットで20万円也

巨大タバコ企業を内部告発する元副社長。訴訟をやめさせようとする会社側の嫌がらせが続く。収入は途絶え、住み慣れた家を出なければならない。「大丈夫、いままでより控え目(Small Scale)に暮らせばいいんだ」といって、ラッセル・クロウ扮する元役員が、アウディA4とBMW3シリーズのカブリオレから買い換えたクルマは、ちょっと古いFRボルボのエステート。「なるほどなァ」と思いつつ、「ちっともスモールじゃないやんけ」と、まるで本筋とは関係のないツッ込みを入れる『webCG』エディター。もちろん、映画『インサイダー』の見どころは、別にあります。

さて、日本におけるボルボは、ボルボ・カーズ・ジャパンの企業努力もあって、「控え目」で「実用的」以上のイメージを獲得することに成功した。主力ワゴン「V70シリーズ」の2000年度登録台数は9937台。これは、フォルクスワーゲン・ゴルフワゴン(8066台)、オペル・アストラワゴン(4314台)といったコンパクトクラスを抑えての、輸入ステーションワゴン第1位である。しかも、「8、9割のお客さまは、本革仕様を選ばれる」(ボルボ)というから、質量ともにチャンピオン……、といったら褒めすぎでしょうか。

2001年3月、V70シリーズのエントリーモデル「V70」(400.0万円)に「レザーパッケージ」が設定された。本革シート、革巻きステアリングホイール、それに運転席パワーシートがセットで、20.0万円也。単品で頼むと合計48.8万円だから、28.8万円の「お徳」となる。上級グレード「V70 2.4」(460.0万円)「同2.4T」(510.0万円)は、本革仕様にするために「ベーシックパッケージ」(本革シート+サンルーフ+助手席パワーシート+16インチアルミ=30.0万円)をオプション装備しなければならないから、V70レザーパッケージはベーシックモデルらしく、本革へのアディショナル・チャージが10万円少ないともいえる(オプション内容も少ないわけですが)。
レザーパッケージには、「ライトサンド」「オーク」「アリーナ」「オフブラック」の4種類がラインナップされる。

Volvo for Life

外板「スクラブグリーンメタリック」、内装「オーク」のクルマに乗る。ニューV70になってからシートが立体裁断(?)になり、たっぷりしたサイズはそのままに、850シリーズに由来する旧70時代の平板さはなくなった。適度に柔らかい張りの革が、ラグジュアリー。

ベーシック70のパワーソースは、上級グレード「V70 2.4」と同じ2.4リッター直5DOHC20バルブユニットながら、「2.4」の最高出力170ps/5900rpm、最大トルク23.5kgm/4500rpmと比較して、1400rpm低い4500rpmで140ps、やはり若干低回転の3750rpmで22.4kgmを発生する。モデストな味つけだ。
とはいえ、4000rpm付近までの出力特性は変わらない。V70シリーズは、細かくギアを切った5段ATをもつので、普通に走っていて3000rpm以上回すことはまれだ。だから、街なかで痛痒を感じることは少ない。巨大企業を訴えて刺客に追われでもしないかぎり、動力性能において「2.4にしておけば!」と悔やむことないだろう。
「レザーパッケージ」を選んだ場合の、装備面での「2.4」との目立った違いは、純正ナビゲーションシステム「RTI」を付けられないことと、ホイールが「スチール+カバー」になることぐらいだ。

千葉県は幕張から外房の海を目指す。淡々と、しかし東関東自動車道の比較的速い流れに乗って走ると、V70の美点がよくわかる。特にエクサイトメントはないけれど、フラットな乗り心地、過敏に過ぎないステアリング、リラックスしたクルージングが楽しめる。「どうも自分はいいヤツなんじゃないか」と思えてきて、やたら調子のいい約束を乱発しがちになるのが、困る。ほんわか楽しい「Volvo for Life」ってか。
なお、荷室内に後ろ向きに座る、収納可能な「エクストラシート」が後付け可能になったことも、V70シリーズ共通のニュースだ。7人乗りになる。150cm以下の息子か娘がいる子沢山の家族のために。これまた「Volvo for Life」。

(webCGアオキ/写真=郡大二郎/2001年3月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V70の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
  • ボルボV90 T6 AWD R-Design(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.20 試乗記 “スポーツドライビングを愛するあなたのための”とカタログでアピールされる、「ボルボV90」のスポーティーグレード「T6 AWD R-Design」に試乗。引き締められた専用サスペンションシステムがもたらす、その運動性能やいかに? デザインや使い勝手も含めてつぶさにチェックした。
  • 新型「アウディA5」、3種のボディーで同時デビュー 2017.4.4 自動車ニュース アウディ ジャパンは2017年4月4日、フルモデルチェンジして2代目となった「アウディA5」シリーズと、その高性能モデル「S5」シリーズを発表。同日、受注を開始した。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
ホームへ戻る