【スペック】全長×全幅×全高=4735×1860×1560mm/ホイールベース=2765mm/車重1710kg/駆動方式=4WD/2.4リッター直5DOHC20バルブターボ(200ps/6000rpm、29.1kgm/1800-5000rpm)/車両本体価格=570.0万円

ボルボV70XCオーシャンリミテッド【試乗記】

カッコイイ海の男 2002.01.25 試乗記 ボルボ・V70XC\"オーシャンリミテッド\"(5AT)……570.0万円ボルボの中堅ワゴンV70をベースに、最低地上高を55mm増やして215mmにしたクロスカントリーモデル「V70 XC」。その上級グレード「2.4T」をベースにする“オーシャンリミテッド”は、ボルボ主催のヨットレース開催を記念した、特別限定モデルだ。海が似合うルックスになった「クロカン」に、webCG記者が試乗した。

ボルボとヨット

2001年1月21日、神奈川県は逗子マリーナで、ボルボ「V70XC"オーシャンリミテッド"」のプレス向け試乗会が開かれた。オーシャンリミテッドは、その名の通り、V70の車高を上げ、よりワイルドな外観をもつ「XC=クロスカントリー」の特別限定車。ボルボグループが主催するヨットレース「ボルボオーシャンレース」の開催を記念してつくられた。日本での販売台数は、わずか150台!

ベースとなったのは、クロスカントリーの上級グレード「2.4T」。2.4リッター直5ライトプレッシャーターボ(200ps、29.1kgm)に5段ATを組み合わせた4WD車、という機関面での違いはない。
「オーシャンブルーメタリック」と呼ばれる専用ボディカラー、シルバーカラーのサイドモール、同じく銀色にペイントされたノーズ/リア下面のスキッドプレートが、スペシャル装備。内装では、メッシュ仕上げのアルミパネルが奢られる……といったことを知らなくても、ボルボV70XCオーシャンリミテッドは、すぐわかる。なぜなら、フロントドアのサイドに、「THE VOLVO OCEAN RACE」と刻まれた青いプレートが貼られているから。

ボルボオーシャンレースとは、1973年から4年おきに行われてきたヨットレースのこと。今回のレースは12名のクルーで構成される8艇が、2001年9月23日に英国はサザンプトンを出港、6万495kmにおよぶルートを航海、2002年6月8日ドイツはキールでゴールを迎えるというもの。8ヶ月半という長いレース期間と、距離の長さから「海のパリダカールラリー」と称される過酷なイベントだ。このレースが今回からボルボの主催(前回はスポンサー)となったため、それを記念してのモデル"オーシャンリミテッド"がリリースされたというわけ。
ヨットレースは、バランス感覚やチームワーク、安全性など、ボルボのクルマづくりと一致する点が多く、そのためボルボは、ヨットイベントのバックアップを務めてきた歴史があるそうだ。

試乗会当日は、あいにくの大雨。強風が、ヤシの木をイメージした(?)シュロを揺らし、大粒の雨が横からたたきつける。華やかなリゾート地も、平日の閑散と悪天候で、ちょっと物悲しい雰囲気が漂う。
地中海風の建物脇にあるプールサイドで、“オーシャンリミテッド”と対面した。空の灰色を映して暗くうねる太平洋、というか相模湾をバックに、「オーシャンブルーメタリック」の深い青と、シルバーカラーのサイドモールとの対比が、目にとてもあざやか、な気がした。もし天気がよければ……。でも、とてもキレイな色だと思う。
ボディ下部を保護する「スキッドプレート」や、濃紺の樹脂製バンパー&サイドプロテクションモールが、クロスカントリーであることを主張する。スペシャルペイントとよく合っていて、うーん、都会的。クロスカントリーなのに。

大きな手に乗って

オフブラックの本革シートをはじめ黒基調の室内に、メッシュ仕立てのアルミパネルが映える。モノトーン調の装いがオシャレだ。センターコンソールに収められた、325Wのアンプを備えるオーディオシステムも自慢の1つ。車内には11個ものスピーカーが配され、ドルビーサラウンドがコンサートホールのような空間を演出するという。でも自宅にサラウンドシステムなんて高級オーディオを持たないワタシ。前後左右から聞こえる音楽に、ちょっと戸惑いました。音がした方向に思わず振りかえったりして……、ハズカシイ。

雨がますます強い、逗子の海沿いを走る。2.4リッター直5ライトプレッシャーターボ・インタークーラー付きは、あらゆる回転領域で穏やかな性格。レバーの前後操作でシフトできる「ギアトロニック」とあわせれば、200psの出力をいかんなく発揮できる、ハズ。雨で煙る海岸線でアクセル踏みこめば、わずか1800rpmで発生する29.1kgmの最大トルクを受けて、1710kgのボディはスルスルと加速する。荒々しさは微塵もない。「背中を蹴られるように加速する」ではなく、大きな手に乗ってやんわりと運ばれるような、優しい感じ。ステアリングフィールも、ボディが1710kgと重いせいかキビキビとは感じないが、ステアリングホイールを切った分だけ確実に、安定感をともなって曲がる。雨で視界がさえぎられ、わだちに水の溜まった路面でも、リラックスしたドライブが楽しめた。

というわけでV70 XC"オーシャンリミテッド"、クールな見た目と誠実な中身が「カッコいい海の男」を彷彿とさせるクルマだった。

(文=webCG 大澤俊博/写真=郡大二郎/2002年1月)

関連キーワード:
V70ボルボV70試乗記

あなたにおすすめの記事