【スペック】全長×全幅×全高=4575×1815×1430mm/ホイールベース=2715mm/車重=1490kg/駆動方式=FF/2.4リッター直5DOHC20バルブ(140ps/4500rpm、22.4kgm/3750rpm)/車両本体価格=365.0万円(テスト車=390.0万円/EBOパッケージオプション)

ボルボS60(5AT)【試乗記】

ボルボとウドン 2002.08.05 試乗記 ボルボS60(5AT)……390.0万円2002年7月1日、ボルボのミドルクラスサルーン「S60」に、エントリーグレードが追加された。同年7月30日、岡山県は倉敷市で開催されたプレス向け試乗会で、webCG記者が試乗した。

激しいシノギの削り合い

「たまたまドアが4枚ある」と謳われるボルボのスタイリッシュなサルーン「S60」に、2002年7月1日、新しいグレードが追加された。従来、最も廉価だった「S60 2.4」より30.0万円安い365.0万円のプライスが付けられたモデルで、その名も「S60」。車名のあとに数字はつかない。なぜなら、搭載されるエンジンが、「2.4」と同じ、2.4リッター直列5気筒エンジンだから。ただし、最高出力は「2.4」より30ps低い140psとなる。スウェーデン本国では以前からカタログに載っていたモデルで、このたび、晴れてわが国でのデビューとあいなった。つまり、従来のボトムモデル「2.4」は、いわば2.4リッターNA(自然吸気)エンジンのハイチューン版だったわけだ。

S60のワールドデビューは、2000年夏。日本へは、2001年1月から導入が始まった。なぜ、ようやく140ps版が輸入されることになったかというと、もちろんS60があるていど市場にいきわたったということがあるが、幾多のライバルが台頭してきたからである。
たとえば、ジャガーは「Xタイプ」に、エントリーグレード「X 2.0 V6」を追加した。エンジンは2.1リッターV6(159ps、20.4kgm)ながらナビゲーションシステムが標準で、価格がS60と同じ365.0万円である。メルセデスベンツは「Cクラス」に、DVDナビなどを付けた特別限定車「C180リミテッド」(410.0万円)を設定するなど、激しいシノギの削り合いが繰り広げられている。
S60は、わが国ではエステート(ワゴン)メインのボルボのなかで3番目の売れ筋モデル。導入してからの売り上げ台数は、目標の1300台を大きく超える2133台と好調だ。セダンの市場を守りつつ「より多くのお客様にお選びいただけるように」(広報氏)追加したのが、エントリーモデルたる「S60」である。
その試乗会が、2002年7月29日に岡山県は倉敷市を基点に開催された。



ボルボS60(5AT)【試乗記】の画像
クリックすると、シートが倒れるさまが見られます。

クリックすると、シートが倒れるさまが見られます。

見分けがつかない

倉敷という名前の由来は、中世時代、領主に収める米を収納する「倉敷地」からきたとする説が有力だそうだ。なるほど、昔の町並みを保存する「美観地区」を訪れると納得できる。柳並木の掘り割りを錦鯉が泳ぎ、黒字に白のバッテン模様の「なまこ壁」に囲まれた蔵屋敷や、格子窓を持つ古い家が並ぶ。われわれが泊まった、ナンの変哲もないビジネスホテルから約200m、歩いて2分ほどの距離である。

観光客の少ない早朝を狙って、美観地区で撮影を行った。白壁と柳の緑に囲まれた「クラシックレッド」のボルボはカッコイイ。気の早い観光客が、通りすがりにクルマを眺めていく。
S60と2.4に、外観上の違いはほとんどない。リアに「2.4」のバッヂが付かないこと、2.4の「16インチタイヤ+アルミホイール」に対し、「195/65R15タイヤとスチールホイール」が組み合わされることくらいである。もちろん、ホイールカバーは標準装備。テスト車は、「EBO」(アーリーバイイングオファー)と呼ばれる、レザー内装とアルミホイール、オーディオのアディショナル装備を装着するので、ますます2.4と見分けがつかない。EBOは、初期ロットのみのお徳セットだ。価格は、25.0万円。これを付けても、2.4との価格差に5.0万円余裕があることを考えると、お徳感は高い。
内装の違いは、シート素材が新開発のファブリックになったことだけ。試乗車は、ベージュのレザーシートを装着し、ゴージャスだった。ステアリングも本革巻で、運転席のみパワーシートが付く。







これでいいのだ

岡山県内の試乗コースも用意されていたが、せっかく四国が近いことだし、有名な讃岐ウドンが食べたかったので、あえて瀬戸大橋を渡る四国への道を選ぶ。リポーターとカメラマン2人を乗せて、弊社自動車専門誌『NAVI』のサトー副編集長のドライブで走り出す。30psデチューンされたエンジンだというが、「男4人と撮影機材を2人分積んでるのに、トルクに不足はまったくない」とサトー。そのコトバ通り、ステアリングホイールを握って実際に運転すると、予想以上によく走る。デチューンされたといっても、トルクは22.4kgm/3500rpm。2.4と較べて1.1kgm低いだけなのに加え、最大トルク発生回転数は1000rpm低いのだ。4500rpm以上ではノイジーだが、高速道路の追い越しもラクにこなす。
5段ATは普通のストレートゲート。ターボ系はシーケンシャルモードを持つのに対し、NA系には装着されない。でも速く走るクルマじゃないから、不便はない。山道の下りなどでホールドするには、むしろ便利だ。低速でちょっとバタつく足まわりが気になったが、目くじら立てるほどでもないのは、195/65R15と細身のタイヤのおかげだろう。

S60は、設定としてはエントリーグレードであるが、道具として必要十分だ。4人+機材を乗せて、街乗りから山道、高速道路まで軽くこなす。ハイパワー版もあるけれど、瀬戸大橋を渡りながら瀬戸内海を眺め、「これでいいのだ」と思った。運転しても乗っていても急かされず、ノンビリ景色を眺めながら走る気になる。2.4より30.0万円安いから、浮いたお金でパッケージオプションを付けて、余った5.0万円で旅にでる。いいんじゃないでしょうか? ちなみにわれわれが訪れたウドン屋は、香川県のタクシー運転手オススメの「長田屋」さんというお店。安くて美味しいですよ。

(文=webCGオオサワ/写真=清水健太/2002年7月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

S60の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボS90 T6 AWD/V90 D5 AWD【海外試乗記】 2016.8.2 試乗記 ボルボの新しいフラッグシップモデル「S90/V90」に試乗。ジャーマンスリーが牛耳るラグジュアリークラスに投じられた“スカンジナビアの良心”は、われわれの期待にしっかり応えてくれる実力派だった。南スペイン・マラガからの第一報。
  • ボルボXC60 T5 AWDクラシック(4WD/8AT)【試乗記】 2016.10.31 試乗記 デビューから8年。モデルサイクル終盤を迎えた「ボルボXC60」に、装備充実のグレード「クラシック」が設定された。ボルボの新世代エンジンと4WDシステムの組み合わせは、どのような走りを実現したのか。特別装備の使い勝手を含めてリポートする。
  • ボルボS60ポールスター(4WD/8AT)【試乗記】 2016.9.20 試乗記 モータースポーツのテクノロジーが注ぎ込まれたハイパフォーマンスモデル「ボルボS60ポールスター」に試乗。エンジンを3リッター直6ターボから2リッター直4ツインチャージャーに変更し、さらにパワーアップした新型の走りをリポートする。
  • ボルボS60ポールスター(4WD/8AT)/V60ポールスター(4WD/8AT)【海外試乗記】 2016.4.19 試乗記 モータースポーツのテクノロジーが注ぎ込まれた「ボルボS60/V60ポールスター」が進化を遂げて帰ってきた。エンジンを3リッター直6ターボから2リッター直4ツインチャージャーに改め、367psに強化された新型の走りやいかに?
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
ホームへ戻る