【スペック】全長×全幅×全高=4435×1830×1295mm/ホイールベース=2350mm/車重(6MT/5AT)=1470/1525kg/駆動方式=RR/3.6リッター水平対向6DOHC24バルブ(320ps/6800rpm、37.7kgm/4250rpm)/車両本体価格(6MT/5AT)=1170.0/1250.0万円

ポルシェ911カレラ4S(6MT/5AT)【試乗記】

大バーゲン 2001.12.21 試乗記 ポルシェ911カレラ4S(6MT/5AT)
……1170.0/1250.0万円いわゆる“996”のターボルックが、ポルシェ911カレラ4S。ターボの足まわりとブレーキをもつNAモデルに、自動車ジャーナリスト、河村康彦がイタリアで乗った。

インテイクダクトがあるかないか

のっけから私事で恐縮ではあるけれども、ぼくが個人的にポルシェ911を購入するとしたら、それは「クーペのヨンク」しかないと思っている。同じオープンでも、剛性感がボクスターよりもはるかに劣るカブリオレのボディでは物足りないし、ハイスピードゾーン(911の場合「およそ160km/h以上」といった領域になる……)での走りの安定感は、いうまでもなくRRモデルより4WDの方がずっと高いからだ。
そんなぼくにとって、ポルシェ社が「これが現行911最後の追加モデル」というカレラ4Sは、大いに気になるモデルだった。そして、先頃イタリアで開催された国際試乗会でその走りを堪能したいま、「選ぶならこれしかないカモ……」と、そんな風に思っている。

ノーマルヨンクモデルたる「カレラ4」と「カレラ4S」との違いは、まず“S”のボディが、いわゆるターボルックになっていることだ。リアスポイラーは「911ターボ」ほど派手なデザインではないし、合わせて空力バランスを取るために、フロントのスポイラーリップも一部小型化されているといった違いはある。
けれども、リアフェンダー部分がオリジナルのカレラシリーズより60mm膨らまされたボディは、ちょっと遠目にはやはり「ターボ」そっくり。ターボとカレラ4Sを識別するポイントは、「リアフェンダー上に(インタークーラー冷却用エアのための)インテイクダクトがあるかないか」、ココに集約される。

S化のプラスとマイナス

ワイド化されたボディやホイールの大径化などで、車両重量はカレラ4より65kg重い。けれども、MT仕様でもAT(ティプトロニック)仕様でも、加速力は世界第一級のスポーツカーに相応しい鮮烈さだ。伝統のフラット6は、200ccの排気量アップと可変バルブタイミング&リフト機構「バリオカムプラス」の採用をメインメニューとした先日のマイナーチェンジで、その出力を驚くほどに向上させたものだ。アウトプットは、最高出力320ps/6800rpm、最大トルク37.7kgm/4250rpm。
カレラ4Sで嬉しいのは、ブレーキシステムも「ターボ」から譲り受けていること。もちろん、通常のカレラシリーズのブレーキのポテンシャルもハンパなものではない。が、さらに剛性感に富んだペダルタッチをもち、より強力なストッピングパワーを生み出す。「これだけでも4Sが欲しいな」、そう思わされる。

フットワークテイストは、街なかを流すような領域ではノーマルのカレラ4より少々かたい。「ボディワイド化に伴う空気抵抗の増加をキャンセルすべく」10mmダウンのシャシーが与えられていることと、大幅にファット化(特にリア)された18インチタイヤを標準で履くことが、主要因と考えられる。タイヤサイズは、フロントが225/40ZR18、リアはなんと295/30ZR18!

ワイドなフェンダーと295幅の太いタイヤを見せつけるリアビュー。そのたくましさは、当然、Sでないカレラ4をしのぎ、高速域では過剰なまでの(?)フラットな乗り味を提供してくれる。S化の「プラス」と「マイナス」を天秤にかけると、オリジナルのカレラ4に加えること80.0万円(MT、ATとも)というエクストラコストは「むしろ大バーゲンではないのか」というのがぼくの意見となる。

(文=河村康彦/写真=ポルシェジャパン/2001年12月)



ポルシェ911カレラ4S(6MT/5AT)【試乗記】の画像
マルチプレートビスカスカプリングを用いた4WDシステムは、フロントに最小5%から最大40%まで、必要に応じてトルクを配分する。アンチスピンデバイス「ポルシェ・スタビリティ・マネージメント・システム」も搭載される。カレラ4Sの最高速度は280km/h、停止から100km/hまで5.1秒が謳われる(いずれも6MT車)。

マルチプレートビスカスカプリングを用いた4WDシステムは、フロントに最小5%から最大40%まで、必要に応じてトルクを配分する。アンチスピンデバイス「ポルシェ・スタビリティ・マネージメント・システム」も搭載される。カレラ4Sの最高速度は280km/h、停止から100km/hまで5.1秒が謳われる(いずれも6MT車)。


ポルシェ911カレラ4S(6MT/5AT)【試乗記】の画像
ターボゆずりのブレーキも4Sのジマン。前後とも4ピストンのキャリパー、ドリルド・ベンチレーテッドディスクをもつ。

ターボゆずりのブレーキも4Sのジマン。前後とも4ピストンのキャリパー、ドリルド・ベンチレーテッドディスクをもつ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • メルセデス・ベンツGLC350e 4MATICスポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.23 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」シリーズに加わったプラグインハイブリッド車の「GLC350e 4MATICスポーツ」に試乗。EV走行が身近に味わえ、しかもアクセルを踏めば迫力の加速を披露する緩急自在の“パワーハイブリッド”の実力やいかに?
ホームへ戻る