【スペック】全長×全幅×全高=4435×1830×1295mm/ホイールベース=2350mm/車重(6MT/5AT)=1470/1525kg/駆動方式=RR/3.6リッター水平対向6DOHC24バルブ(320ps/6800rpm、37.7kgm/4250rpm)/車両本体価格(6MT/5AT)=1170.0/1250.0万円

ポルシェ911カレラ4S(6MT/5AT)【試乗記】

大バーゲン 2001.12.21 試乗記 ポルシェ911カレラ4S(6MT/5AT)
……1170.0/1250.0万円いわゆる“996”のターボルックが、ポルシェ911カレラ4S。ターボの足まわりとブレーキをもつNAモデルに、自動車ジャーナリスト、河村康彦がイタリアで乗った。

インテイクダクトがあるかないか

のっけから私事で恐縮ではあるけれども、ぼくが個人的にポルシェ911を購入するとしたら、それは「クーペのヨンク」しかないと思っている。同じオープンでも、剛性感がボクスターよりもはるかに劣るカブリオレのボディでは物足りないし、ハイスピードゾーン(911の場合「およそ160km/h以上」といった領域になる……)での走りの安定感は、いうまでもなくRRモデルより4WDの方がずっと高いからだ。
そんなぼくにとって、ポルシェ社が「これが現行911最後の追加モデル」というカレラ4Sは、大いに気になるモデルだった。そして、先頃イタリアで開催された国際試乗会でその走りを堪能したいま、「選ぶならこれしかないカモ……」と、そんな風に思っている。

ノーマルヨンクモデルたる「カレラ4」と「カレラ4S」との違いは、まず“S”のボディが、いわゆるターボルックになっていることだ。リアスポイラーは「911ターボ」ほど派手なデザインではないし、合わせて空力バランスを取るために、フロントのスポイラーリップも一部小型化されているといった違いはある。
けれども、リアフェンダー部分がオリジナルのカレラシリーズより60mm膨らまされたボディは、ちょっと遠目にはやはり「ターボ」そっくり。ターボとカレラ4Sを識別するポイントは、「リアフェンダー上に(インタークーラー冷却用エアのための)インテイクダクトがあるかないか」、ココに集約される。

S化のプラスとマイナス

ワイド化されたボディやホイールの大径化などで、車両重量はカレラ4より65kg重い。けれども、MT仕様でもAT(ティプトロニック)仕様でも、加速力は世界第一級のスポーツカーに相応しい鮮烈さだ。伝統のフラット6は、200ccの排気量アップと可変バルブタイミング&リフト機構「バリオカムプラス」の採用をメインメニューとした先日のマイナーチェンジで、その出力を驚くほどに向上させたものだ。アウトプットは、最高出力320ps/6800rpm、最大トルク37.7kgm/4250rpm。
カレラ4Sで嬉しいのは、ブレーキシステムも「ターボ」から譲り受けていること。もちろん、通常のカレラシリーズのブレーキのポテンシャルもハンパなものではない。が、さらに剛性感に富んだペダルタッチをもち、より強力なストッピングパワーを生み出す。「これだけでも4Sが欲しいな」、そう思わされる。

フットワークテイストは、街なかを流すような領域ではノーマルのカレラ4より少々かたい。「ボディワイド化に伴う空気抵抗の増加をキャンセルすべく」10mmダウンのシャシーが与えられていることと、大幅にファット化(特にリア)された18インチタイヤを標準で履くことが、主要因と考えられる。タイヤサイズは、フロントが225/40ZR18、リアはなんと295/30ZR18!

ワイドなフェンダーと295幅の太いタイヤを見せつけるリアビュー。そのたくましさは、当然、Sでないカレラ4をしのぎ、高速域では過剰なまでの(?)フラットな乗り味を提供してくれる。S化の「プラス」と「マイナス」を天秤にかけると、オリジナルのカレラ4に加えること80.0万円(MT、ATとも)というエクストラコストは「むしろ大バーゲンではないのか」というのがぼくの意見となる。

(文=河村康彦/写真=ポルシェジャパン/2001年12月)



ポルシェ911カレラ4S(6MT/5AT)【試乗記】の画像
マルチプレートビスカスカプリングを用いた4WDシステムは、フロントに最小5%から最大40%まで、必要に応じてトルクを配分する。アンチスピンデバイス「ポルシェ・スタビリティ・マネージメント・システム」も搭載される。カレラ4Sの最高速度は280km/h、停止から100km/hまで5.1秒が謳われる(いずれも6MT車)。

マルチプレートビスカスカプリングを用いた4WDシステムは、フロントに最小5%から最大40%まで、必要に応じてトルクを配分する。アンチスピンデバイス「ポルシェ・スタビリティ・マネージメント・システム」も搭載される。カレラ4Sの最高速度は280km/h、停止から100km/hまで5.1秒が謳われる(いずれも6MT車)。


ポルシェ911カレラ4S(6MT/5AT)【試乗記】の画像
ターボゆずりのブレーキも4Sのジマン。前後とも4ピストンのキャリパー、ドリルド・ベンチレーテッドディスクをもつ。

ターボゆずりのブレーキも4Sのジマン。前後とも4ピストンのキャリパー、ドリルド・ベンチレーテッドディスクをもつ。
関連記事
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • 第501回:あなたの愛車も文化遺産に!?
    ドイツでヒストリックカーに“モテ期”到来!
    2017.5.12 マッキナ あらモーダ! 「ポルシェ911カレラ2.7RS」が1億円!? ヒストリックカーの価格が高騰するドイツでは、良質な旧車を文化遺産として保護するためのシステムも存在する。今週は、そんな“Hナンバー”に関する話題をお届けしよう。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • フォルクスワーゲンup! GTIコンセプトカー 2017.5.26 画像・写真 独フォルクスワーゲンは2017年5月24日(現地時間)、南オーストリアのヴェルター湖畔で開催されている「GTIミーティング」で「up! GTIコンセプトカー」(3ドア)を公開した。その姿を画像で紹介する。
  • 800psの「フェラーリ812スーパーファスト」が日本上陸 2017.5.23 自動車ニュース フェラーリ・ジャパンは2017年5月23日、最高出力800psを発生する新たなフラッグシップモデル「812スーパーファスト」を日本国内で初披露した。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • 第413回:いよいよ600ps超の4WDマシンへ
    今秋発表の新型「BMW M5」に先行試乗!
    2017.5.17 エディターから一言 「BMW M5」が2017年秋、その歴史において大きく、かつ重要な一歩を踏み出す。新型は、いよいよ600ps超のパワーを持つに至り、それに伴い4WD化されるというのだ。南フランスのテストコースでプロトタイプに試乗した。
  • 最高出力460psの限定車「BMW M4 CS」発売 2017.5.10 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月10日、上海モーターショーでデビューした高性能モデル「BMW M4 CS」の日本導入を発表。同日、60台限定で受注を開始した。納車時期は、同年の秋以降になる見込み。
ホームへ戻る