【スペック】全長×全幅×全高=5390×1930×1515mm/ホイールベース=3116mm/車重=2585kg/駆動方式=FR/6.75リッターV8OHVツインターボ(450ps/4300rpm、89.29kgm/3250rpm)

ベントレー・アルナージT(4AT)【海外試乗記】

これはもうスポーツだ! 2002.05.18 試乗記 ベントレー・アルナージT(4AT)……2995.0万円最高速度270km/h! “世界最速のサルーン”の称号を手にしたベントレー、ツインターボV8搭載の「アルナージT」に、自動車ジャーナリスト、金子浩久が乗った。南アフリカはケープタウンから報告する。
2001年のルマン24時間レースに出場、3位に入賞したベントレー「EXPスピード8」。

2001年のルマン24時間レースに出場、3位に入賞したベントレー「EXPスピード8」。
ツインターボ化された、6.75リッターV8エンジン。パワーアップによる性能やドライバビリティの向上に加え、2004年のグローバル排気ガス規制に対応するなど、エミッションも低減した。

ツインターボ化された、6.75リッターV8エンジン。パワーアップによる性能やドライバビリティの向上に加え、2004年のグローバル排気ガス規制に対応するなど、エミッションも低減した。

徹底的に見直されたエンジン

2001年のルマン24時間レースに「EXPスピード8」で70年ぶりに復帰し、みごとに3位入賞を果たしたように、最近のベントレーはスポーツ路線を突き進んでいる。
2002年中に2ドア4座クーペの「GTクーペ」(仮称)が発表されることも明らかにされており、ベントレーはロールスロイス社に吸収される以前の、本来の姿に戻ったかのようだ。
主力モデルである4ドアサルーンの「アルナージ」も、今年に入ってマイナーチェンジが施され、「アルナージT」となった。南アフリカのケープタウン近郊で行なわれた国際試乗会に参加した印象をお伝えしたい。

新しいアルナージTのスペックシートを眺めて、まず驚かされるのがエンジンのアウトプットである。ツインターボ化された6.75リッターV8の最高出力は450ps、最大トルクは89.25kgmに引き上げられた。
この途方もない出力を現実のものとするために、ベントレーとフォルクスワーゲンのエンジニアたちが行なったのは、ツインターボ化とともに、エンジン本体を徹底的につくり直すことだった。
それは多岐にわたったが、具体的な例を挙げれば、ウォータージャケットをブロックとシリンダーヘッドのより近くに配置するようにブロックをつくり直すことなどもそのひとつだった。これによって、ノッキングが起こりにくくなり、ボッシュのモトロニックME7エンジンマネージメントシステムの採用と併せて、低回転域からのスムーズな回転とパワーとトルクの発生が図られた。実際に試乗しても、エンジンのフィールは旧型よりも格段に向上している。パワーとトルクの数値だけではなく、効果はフレキシビリティに顕著に表れていた。

ほかにも、シリンダーヘッド、吸排気バルブやバルブギアの形状や素材なども改められ、総計で50%が新設計、残り50%のうち80%に見直しが行なわれた。



ベントレー・アルナージT(4AT)【海外試乗記】の画像
アルナージTのシャシーは、コンピューターによる解析やシミュレーションなどを駆使し、より高い剛性を得た。「アルナージュレッドレーベル」と較べて、ロール剛性は57%向上しているという。

アルナージTのシャシーは、コンピューターによる解析やシミュレーションなどを駆使し、より高い剛性を得た。「アルナージュレッドレーベル」と較べて、ロール剛性は57%向上しているという。

ダンピングが効いている

走りだして伝わってきたのは、ボディ剛性の高さだった。全長5.39m、全幅2.150m(ミラー含み)、全高1.515mの、小山のように大きなボディがふたまわりぐらい小さく感じるほど、運転しやすい。旧型では大きな上屋が、シャシーとは別のリズムでユラリユラーリと揺れ動くように感じられていたが、その動きが消え去った。

興味深いのは、アルナージTがベントレーとして初めてバーチャルな世界で設計されたクルマだということだ。CAD(コンピュータ支援デザイン)、CFD(コンピュータ流体力学)、DCA(ダイナミック衝突分析)、DMU(デジタル・モックアップ)などをフルに活用して、ボディのねじり剛性を大幅に向上させた。

乗り心地も、旧型では路面の凹凸や加減速、コーナリングなどによるボディの上下動がなかなか収束しない、重量級の大型車特有の動きを示したが、“T”ではしっかりとダンピングが効いている。まぁ、このユラーリユラーリとした、船に乗ったような乗り心地も他のクルマでは味わうことができないので、個人的には嫌いではなかったのだが……。

コノリーレザーを使用し、ミシン目で菱形に模様をつけた「ダイヤモンドパターン」を持つ、アルナージTのシート。ベントレーは、シートを自らデザインして内装する。インパネなどには、ロゼット模様のついたアルミニウムパネルが使用された。

車重2585kgという“超巨体”であるにもかかわらず、アルナージTは0-100km/hを5.8秒でこなし、最高速度は270km/hに達する。



270km/h!

イギリスやヨーロッパ大陸のどこかではなく、なぜ南アフリカのケープタウンなどで試乗会をやるのかと不思議だったが、運転しはじめてすぐに納得がいった。海沿いにも山間部にも、交通量が少なくて景色のいいワインディングロードがたくさんあるのだ。

全長が5.4mもあって、重量が2.5トンに達する巨大なアルナージTでワインディングロードを走っても、もてあますばかりだろうという思いは杞憂に終わった。面白いのである。GM製「4L80-E」型4段ATの「D」と「3」ポジションを積極的にシフトレバーで上下させながらコーナーをクリアしていくのが楽しい。図太いトルクがあるから、ずっと「D」のままでも並みのクルマよりははるかに速いペースを維持できるけど、強力なエンジンブレーキとトルクの最も厚い部分を選びながら駆け抜けるのは、これはもうスポーツだ。万が一の場合に備えて、ESP(エレクトロニック・スタビリティ・プログラム)も備わっている。

もうひとつ、アルナージTのトピックは、“世界最速の4ドアサルーン”の座を獲得したことだろう。なんと、最高速度は270km/h。あいにくとケープタウン近郊の高速道路ではそれを直接的に試すことはできなかったが、その片鱗を感じ取ることはできた。メルセデスベンツやBMW、アウディなどのドイツ勢にも、高性能な4ドアサルーンが存在するが、彼らの間には「4ドアサルーンの最高速は250km/hまで」という自主規制が存在するので、世界最速の称号はアルナージTのものとなった。

インテリアは、かつての荘重なビクトリア調からモダンブリティッシュへ一新し、魅力を増した。アルナージTは、ベントレーの本来の伝統に則った超高級スポーツサルーンに仕上がっている。圧倒的な動力性能と格段に向上した操縦安定性など、天国のウォルター・オーウェン・ベントレーが知ったら頬を緩めるだろう。ベントレーのスポーツ指向からはしばらく眼を離せない。

(文=金子浩久/写真=金子浩久・ベントレーモーター/2002年4月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.21 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」がいよいよ日本の公道に降り立った。パワーとスピード、そしてラグジュアリー性において、他を凌駕(りょうが)すべく開発された“世界最高峰のSUV”。その実力を全方位的に探った。
  • ベントレー・フライングスパーV8 S(4WD/8AT)【試乗記】NEW 2017.1.16 試乗記 「ベントレー・フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」に試乗。21psと20Nmのエクストラを得た「S」モデルで印象的だったのはバランスの良さ。端正さとスポーティーさがジェントルに釣り合った、きめ細かなドライバーズカーだった。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
ホームへ戻る