【スペック】全長×全幅×全高=3835×1670×1440mm/ホイールベース=2440mm/車重=1100kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(108ps/5800rpm、15.0kgm/4000rpm)/車両本体価格=199.5万円(テスト車=同じ)

プジョー206XTプレミアム(4AT)【ブリーフテスト】

プジョー206XTプレミアム(4AT) 2001.03.28 試乗記 ……199.5万円総合評価……★★★

鬼に金棒

1.6リッターエンジンが、ヘッド載せ替えでツインカムになった。従来型のSOHCはハッキリと中低速重視の性格だったが、今度のは上の回転域に対してもいささか積極的だ。またそれとともに、1.6はこれまでMTのみだったがATも選べるようになった。「5ドア+AT+1.6リッター」という、すなわち日本におけるこのクラスの“ズバリ売れセン”仕様が、ようやく登場したわけだ。絵に描いたような右肩上がりの業績を続けるプジョー・ジャポンにとって、鬼に金棒的な追加モデルだ。
206は目下日本におけるプジョー隆盛の牽引役であり、そのうちの主役となるのがこのXTプレミアム(AT)だろうと彼らは考えている。
結論としてはしかし、「5ドア+オートマ」で乗る206としては、既存の1.4リッターモデルの方がベターだと思った。パフォーマンスは1.4で十分だ。それと、206の、なかでも特に走り志向の強くない仕様に特徴的な「軟体動物風のシャシーセッティング」に対しては、エンジン性能は控えめなほうが相性がいい。ヘタに強力な分、1.6ではとっちらかりそうなコワさが前面に出てくる。
余談ながら、2001年モデルとして追加された仕様のうちで注目すべきは、3ドア「XS」の5段MT車だろう。既存の2リッター「S16」とほぼ変わらないパフォーマンスが、58万円安の価格(187.0万円) で手に入るのだから。

【概要】 どんなクルマ?

(シリーズ概要)
プジョー206は、1998年にデビューしたハッチバック。106と306に分かれる前の大ヒット作「205」の後継モデルにあたる。3ドア、5ドア、それに電動で開閉可能なハードトップをもつCC(クーペカブリオレ)がラインナップされる。日本には、1.4、1.6、2リッターモデルが輸入される。
(グレード概要)
XTプレミアムとは、1.6リッターエンジンを積む5ドアモデルのこと。1.4リッターの5ドアが「XT」である。2001年3月に、1.6リッターユニットがツインカムになり、また4ATモデルが加わった。9つのプログラムから、走行状態に合わせてシフトスケジュールを選ぶインテリジェント機能をもつトランスミッションである。

【車内&荷室空間】 乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★
従来のプジョー車とは対照的に、206シリーズはスカットル(エンジンルームと客室とを隔てる壁の上端位置)が高い。ミニバン風な全体の造形手法からくる当然の帰結ともいえるし、また高いボディ剛性を比較的低いコストで実現するのに手っとり早い方法であるともいえる。同じようなカタチをしたヴィッツの場合、ダッシュボード全体が見た目にボヨンと肥大してしまった。206では、前後というか上下に二分割風のデザインを採ることで、そうなることをまあ効果的に防いでいる。少なくとも、意図は理解できる。操作パネルの使い勝手も、特にこれといって大きな問題なし。ただしこのクルマ、右ハンドル仕様のことはさして重視されていないようだ。すなわち、ネガがわりと顕著に出ている。ペダルに合わせるとハンドルが遠すぎるし、逆にハンドルに合わせるとペダルが近すぎる。せめてハンドル軸に延長ボスでもカマせばとも思うが、そうなると今度はただでさえ離れ気味なハンドルとウィンカーレバーの間隔がさらに遠くなってしまう。206登場時以来のこれは難点だが、やはり直っていなかった。
(前席)……★★
まず、座面が前下がりであるのが気になる。ペダルおよびハンドル関係の違和感もあって、運転姿勢はよくない。“フランス車といえば”のかけ心地もイマイチ。簡単にいって安っぽい。第一印象こそそれ風にソフトだが、すぐに底が割れる。ことにルノーと較べると、最近のプジョーはシートに対するコスト上の割り切りが目立つ。
(後席)……★★★
全高は1440mmもあるが、肝心の頭上空間が苦しい。いうまでもなく、その部分のルーフが低いから。ファンシー志向の外観デザインがもたらしたデメリットだ。見た目のカッコよさと実質の空間との妥協点のレベルは、新型オペル・ヴィータやフィアット・プントと較べて明らかに低い。イージーなクルマづくり、といわざるをえない。「短時間用」と割り切るなら、いっそ従来路線のまま全高からして低くてもよかった。
ただし、新しくなったヘッドレストは加点要素。引っ込めた状態で座ると低い位置のヘッドレストが背中に当たって、明らかに違和感あり。アタマの位置まで引き上げざるをえない。で、自然と安全。日本車見習うべし。
(荷室)……★★★
スペアタイヤをトランク内から追い出して、フロアパネルの下側、つまり地面に対して露出したところに配置するのはプジョーのよき伝統。当然汚れはするが、これだったら荷物満載状態でパンクしてもタイヤ交換に手間取ることがない。

【ドライブフィール】 運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★
1.4リッターや2リッターと較べるとうるさい。ただし活発。従来型SOHC比でスペック向上は明らか。値段差を考えれば「2リッターは不要」ともいえる。全体として「マア元気のいいことで」で済ませない範囲ではないが、しかし「XT」にはイキな高性能だという気もする。オートマはイイ。変速マナーも、またトルコンの特性もドライバーの気持ちをよくわかっている。イチイチ手元を確認することなしに思いどおりの操作ができるゲートのデザインもイイ。最近流行のヘタな「+−シフト」より何倍もベター。とはいえ、ATのありがたみは、1.6リッターモデルのインプレ文脈では“非力”ということになってしまう。1.4リッターとの組み合わせでこそいっそう光る。
(乗り心地+ハンドリング)……★★
攻めていくとわりと唐突にリアがスパッと出るのがこれまでのプジョー流だったが、206は少々違う。「スパッ」と、ではなく「ツーッ」と出る。アンダーステアがキラいなのは同じだが……。XTプレミアムに乗って思ったのは、1.6リッターの動力性能に対しては、すくなくともXSなみの“スポーティ”なタイヤが必要ではないかということ。ちなみに、XSは、185/55R15 82VのピレリP6000。XTプレミアムは、185/65R14 86HのミシュランEnergy、つまりエコタイヤだった。

(撮影=難波ケンジ)

【テストデータ】

報告者:森 慶太
テスト日:2001年3月6日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2001年型
テスト車の走行距離:--
タイヤ:(前)185/65R14 86H/(後)同じ(いずれもMichelin Energy)
オプション装備:--
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2):山岳路(8)
テスト距離:--
使用燃料:--
参考燃費:--

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

206の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
  • プジョー508SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.25 試乗記 2リッターのクリーンディーゼルエンジンが搭載された、プジョーのフラッグシップワゴン「508SW GT BlueHDi」に試乗。「GT(グランドツアラー)」の称号が与えられた新グレードの乗り味やいかに?
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • プジョー508GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.16 試乗記 プジョーのラグジュアリーモデル「508」に、2リッターのクリーンディーゼルエンジンが搭載された。「GT」の2文字が示す通り、スポーティーなフラッグシップに生まれ変わったのがポイントだ。セダンの「508GT BlueHDi」に試乗した。
ホームへ戻る