【スペック】全長×全幅×全高=3835×1670×1440mm/ホイールベース=2440mm/車重=1040kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4SOHC8バルブ(74ps/5500rpm、12.2kgm/2600rpm)/車両本体価格=179.0万円(テスト車=同じ)

プジョー206XT5ドア(4AT)【ブリーフテスト】

プジョー206XT5ドア(4AT) 2001.04.27 試乗記 ……179.0万円総合評価……★★★

ギザギザゲイトのAT車

「初! 本邦におけるプジョー車販売1万台突破!!」(2000年度)の原動力となった206シリーズの、1.4リッターモデルがXTである。日本導入当初、1.6リッターモデルにATが用意されなかったため、全206の7割を占めるウレ筋グレードとなった。かつての205がもっていた“オシャレ”の残像と、WRCチャンピオンカーのベースモデルたる“スポーティ”。日本のユーザーには、圧倒的に前者が訴求力をもつようだ。
ゲンコツのような塊感のあるクルマに乗り込むと、大きめのシボを刻んだダッシュボードの質感、プラスチッキーなセンターコンソール、柔らかいベロア地のシートの座り心地と、いずれも「まあまあ」。乗り心地にも、たとえば上級車種406に見られる“芯のあるしなやかさ”といった特筆事項はない。
ウィークポイントは、都内のストップ&ゴーでスムーズさを欠く4段AT。9つのプログラムから自動的にシフトパターンを選ぶのがジマンだが、セレクトされたシフトプログラムの熟成がいまひとつ。また、赤信号前の減速時に感じる、シフトダウンのショックが大きいのも気になる。
一方、オートマながら積極的にシフターを操作すると、XTは俄然元気なハッチに。ギザギザゲイトは、そのためにある。プジョーのエンジニアは、きっとマニュアルシフトと同じ感覚でATを開発しているのだろう。彼の普段の足は、MT車に違いない。

【概要】 どんなクルマ?

(シリーズ概要)
プジョー206は、1998年にデビューしたハッチバック。106と306に分かれる前の大ヒット作「205」の後継モデルにあたる。3ドア、5ドア、それに電動で開閉可能なハードトップをもつCC(クーペカブリオレ)をラインナップ。日本には、1.4、1.6、2リッターモデルがカタログに載る。
(グレード概要)
1.4リッターモデルは、3、5ドアとも「XT」。1.6リッターモデルは、3ドアがスポーティな「XS」、5ドアが実用的な「XTプレミアム」と性格が分けられる。XTとXTプレミアムとの差異は、後者に標準装備されるフロントフォグランプ、雨滴感知式オートワイパー機能、リアパワーウィンドウが省略され、前席のサイドエアバッグがオプションとなることなど。タイヤもひとまわり細い175/65R14となる。

【車内&荷室空間】 乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★
樹脂然としたインストゥルメントパネルは、値段相応か。シンプルなつくりで、メーター、スイッチ類とも、視認性、使い勝手はいい。ただ、日の光によって、明るいグレーのフェイシアがフロントスクリーンに映りこむのがマイナスポイント。
(前席)……★★★
ベロア地のシートは、なかなかエレガント。“奥様好み”かも。 ただ、座面のあたりは柔らかいが、クッション感が希薄。背もたれのあたりも平板だ。長く運転していると、オシリや上半身をモゾモゾ動かしたくなる。
(後席)……★★
高めの座面で膝を曲げさせ、膝前の空間を広く感じさせる。ルーフに近づくにつれサイドが内側に曲がるタンブルフォームのため、ヒジまわりに較べ、頭まわりは狭い。身長、または座高の高い大人だと、長時間はツラいだろう。
(荷室)……★★★
奥行き70cm、床面最大幅115cm、パーセルシェルフまでの高さ45cmと、ボディの大きさの割に健闘したラゲッジルーム。上下スペースが少なくて済む、トレーリングアーム+トーションバーのリアサスが効いている。

【ドライブフィール】 運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★
実用的だが、ガサついてうるさいエンジン。4段ATは、「ノーマル」「スポーツ」「スノー」の3つのモードを備える。運転状況によって9つのシフトプログラムから最適なものを選択する「オートアクティブ」という学習機能をもつ。といったスペックはともかく、実際の使い勝手には不満が残る。シフトアップしてほしいのに、いつまでもサードを保持したり、ひとたびトップギアに入ると、「いざ」というとき、なかなかギアが落ちなかったり……。まだまだ絶対的なプジョー市場が小さいから、研究不足もやむを得ない?
(乗り心地+ハンドリング)……★★★
前マクファーソンストラット/コイル、後トレーリングアーム/トーションバーという、FF車としてコンベンショナルな(古典的な?)サスペンション形式を採る。乗り心地はフェア。カーブが続く山道では、スロットル操作にリアがアクティブに反応、わかりやすいタックインを楽しめる。

(撮影=難波ケンジ)

【テストデータ】

報告者: webCG青木禎之
テスト日:2001年4月23日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2000年型
テスト車の走行距離:8420km
タイヤ:(前)175/65R14 82T/(後)同じ(いずれもMichelin Energy)
オプション装備:--
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2):高速道路(6):山岳路(2)
テスト距離:289.7km
使用燃料:26.0リッター
参考燃費:11.1km/リッター



上の写真をクリックすると、GIFアニメが見られます。

上の写真をクリックすると、GIFアニメが見られます。

上の写真をクリックすると、GIFアニメが見られます。



この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
  • プジョー508SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.25 試乗記 2リッターのクリーンディーゼルエンジンが搭載された、プジョーのフラッグシップワゴン「508SW GT BlueHDi」に試乗。「GT(グランドツアラー)」の称号が与えられた新グレードの乗り味やいかに?
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • プジョー508GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.16 試乗記 プジョーのラグジュアリーモデル「508」に、2リッターのクリーンディーゼルエンジンが搭載された。「GT」の2文字が示す通り、スポーティーなフラッグシップに生まれ変わったのがポイントだ。セダンの「508GT BlueHDi」に試乗した。
ホームへ戻る