【スペック】全長×全幅×全高=4210×1760×1530mm/ホイールベース=2610mm/車重=1270kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(137ps/6000rpm、19.4kgm/4100rpm)/車両本体価格=239.0万円(テスト車=同じ)

プジョー307XS 5ドア(5MT)【試乗記】

ヨーロッパからの回答 2001.10.06 試乗記 プジョー307XS 5ドア(5MT)……239.0万円わが国においてもヒットを続ける「206」シリーズに続き、その兄貴分にして、PSA(プジョー・シトロエン)グループのニュープラットフォームを使った最初のモデル「307」の正規輸入が開始された。販売は、2001年10月6日から。2リッターツインカムを載せた新しいプジョーはどうなのか? 『webCG』記者が、山梨県は小淵沢で乗った。

お値段232.0万円から

革新の火は受け継がれたのか? 2000年9月開催のパリサロンでお披露目されたプジョーのコンセプトカー「プロメテ」は、翌年3月のジュネーブショーでは市販モデル「307」として発表された。フロントから天井にまで延びたフロントスクリーン、スライド式ドアなどは常識的なものに落ち着いたが、「モノスペースフォルム」と呼ばれる室内空間重視のボディスタイルは継承された。307は「プロメテの遺伝子をもつミュータント(突然変異種)」というのが、プジョーの主張である。

2001年10月6日、早くも日本での販売が開始された。わが国では、「XSi」「XS」「XT」の3種類(すべて右ハンドル)が用意されるが、いずれも2リッター直4ツインカム(137ps、19.4kgm)を搭載する。グレードによる違いは、「レザー」「ファブリック」「ベロア」といった内装の差と、XSiがノーマルより1インチ大きな17インチホイールを履くことくらいだ。ボディ形状は、XTは5ドアハッチだけだが、XSi、XSには、5ドアに加え3ドアモデルもラインナップされる。トランスミッションは、5ドアが4段AT(ティプトロニック付き)と5段MT、3ドアは5段MTのみとなる。
価格は、最廉価の「XT」3ドア(5MT)が232.0万円。「XT」と「XS」の5ドア(4AT/5MT)が、239.0/249.0万円。 「XSi」の3ドア(5MT)が257.0万円、5ドア(4AT/5MT)が264.0/274.0万円である。

平成不況のおり、販売台数が7年連続で前年度を上まわったプジョージャポンは、むろん、307シリーズを「206」と並ぶ量販モデルに育てるつもりだ。約100店舗のブルーライオンネットワークで、年6000台の販売を目論む。ライバルとなるフォルクスワーゲン・ゴルフは、243店舗で約1万8000台(ハッチバックのみ)だから妥当なところだろう。趣味性のみならず、「ハードウェアの面からも、ゴルフと真っ向勝負できる」と、プジョー関係者は胸を張る。


立派になった

プジョー307は、先代306より30mm長い2310mmのホイールベースに、全長×全幅×全高=4210(+180)×1760(+65)×1530(+140)mmのボディを載せる(カッコ内は306比)。従来モデルよりひとまわり大きくなったが、張りのある面構成のおかげで“うすらデカイ”印象は受けない。アルミ製ボンネット、フロントフェンダーの樹脂化などによって、重量増は60kgに抑えられ(306XSi比)、ウェイトは「XS」(5ドア/5MT)で1270kg。

ボディの拡大分は正直に室内空間に反映され、やや平板なドライバーズシートに座るとガランとして、「ずいぶん大きくなった」と感じる。遠くから始まるフロントスクリーン、三角窓風の縦バーが入るサイドウィンドウと合わせ、ミニバンに乗っているようだ。側面衝突に対応するためかドアも離れ気味で、先代比140mmも高くなった背丈とあわせ、ドライバー左右&頭上の空間は大変豊か。20cmほどの幅があるドアポケットが使いやすそうだ。

406「2.0」や206の「S16」モデルでおなじみの2リッター直4DOHC16バルブ「EW10J14」型ユニットは、最高出力137ps/6000rpm、最大トルク19.4kgm/4100rpmを発生。ボア×ストローク=85.0×88.0mmのロングストロークをもつオールアルミユニットである。
XSのマニュアルモデルに乗ると、左足の置き場がないのにとまどうが、エンジンはスムーズかつトルキー、剛性感高いボディは遮音にも優れ、プジョーの中堅モデルはずいぶん立派になった。

なお、307に使われる5段MT(BE4型)は、シフトリンケージが「リンク」から「ケーブル」式に変更された。「全体としては軽く、しかし稼働部分はあえて重くしてフィールに考慮した」という。ギアの動きは滑らかだ。

企画勝負の波

うねりながらの低中速コーナーが続く。新しいプジョーに鞭入れ走ると、相変わらずステアリングホイールを握るのが楽しくはあるが、しかし、かつてのスロットルペダルでリアタイヤをステアさせるがごとき軽やかさ(トリッキーというヒトもいる)は影をひそめた。
プジョー307のサスペンションは、フロントは基本的に306と同じ、L字アームを用いたマクファーソンストラット/コイルながら、キャスター角を増して直進安定性を重視したセッティングが施された。リアは、本国でのライバル「ルノー・クリオ」に歩調を合わせるごとく、アウディ由来のトーションビーム/コイルが採用された。
もちろん、サスペンション形式はひとつの要素に過ぎないが、トレーリングアーム/トーションバーの後足にひとつのアイデンティティを見ていたリポーターは、やや寂しい。そのうえ、乗り心地はドイツ車流(?)に硬めで、運転中にフランス車を感じるのは、大きなフロントシールド下端から見える景色が少々ゆがんでいることくらいである。

「307はゴルフより何が優れているのですか?」。試乗を終えてプジョージャポン広報担当の方にうかがうと、「まずコンセプトが新しいですし、安全装備も充実しています」とおっしゃる。新しいプジョーは、膨張速度を自動的に3段階に切り替える「スマートエアバッグ」、前席サイドエアバッグ、そしてカーテンエアバッグを、全モデル標準で装備する。前席には、追突された際にヘッドレストが前方に動いてムチ打ち症を防止、軽減する「アクティブシートバック」機能が組み込まれた。

ホテルの前で撮影されるプジョーに夕日が当たる。サイドに走るキャラクターラインが美しい。「新しいコンセプト」とは、ピープルムーバーの要素を取り入れたモノフォルムデザインのことであろう。欧州の、速度が高い交通事情を背景に、めったにない7人乗車の機会のためにハンドリングを犠牲にすることなく、しかしミニバンなみの居住空間は確保する。そこに“フランスのエスプリ”や、クルマのシロモノ家電化を否定する”ヨーロッパからの回答”を見たつもりのリポーターに、広報担当氏が言葉を続けた。
「フランクフルトショーで発表された307ワゴン(SW)に続き、間もなく同じシャシーを使った3列シートモデルが姿を現わすはずです。307(ハッチバック)は、今後プラットフォームを4つに統合するという、プジョーの新しい戦略の最初のモデルなんです……」。
「エミッション」「燃費」「衝突安全」などの規制に縛られるかの地の自動車業界にも、わが国がドップリ浸る“企画勝負”の波がヒタヒタと押し寄せるのであった。

(文=webCGアオキ/写真=阿部ちひろ/2001年10月)



プジョー307XS 5ドア(5MT)【試乗記】の画像


プジョー307XS 5ドア(5MT)【試乗記】の画像
青と黒がある「XT」のインテリア。写真は、ティプトロを備えたATモデルだ。

青と黒がある「XT」のインテリア。写真は、ティプトロを備えたATモデルだ。


プジョー307XS 5ドア(5MT)【試乗記】の画像


プジョー307XS 5ドア(5MT)【試乗記】の画像


プジョー307XS 5ドア(5MT)【試乗記】の画像
木目調パネル、ベロア内装の「XS」。受注生産で、「アイボリー」「緑」も選べる。

木目調パネル、ベロア内装の「XS」。受注生産で、「アイボリー」「緑」も選べる。


プジョー307XS 5ドア(5MT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る