第30回:南の島にはラムの一気飲みと英米伊の名車が似合う!?
『ラム・ダイアリー』

2012.06.27 エッセイ

第30回:南の島にはラムの一気飲みと英米伊の名車が似合う!?『ラム・ダイアリー』

プエルトリコのクルマ事情って?

1960年、プエルトリコにはどんなクルマが走っていたか。日本、あるいはヨーロッパやアメリカならば見当はつくけれど、カリブ海に浮かぶ小さな島国となるとお手上げだ。すぐ近くにあるキューバは、現在でも50年代のアメリカ車が現役で走っている。カストロ政権下で経済封鎖を受けたせいで仕方なくだましだまし使っているわけだ。プエルトリコでも、60年頃ならアメリカ車が幅を利かせていたのだろう。

この映画でも、タクシーは古い「ビュイック」や「シボレー」だ。しかし、活躍するのは「オースチン・ヒーレー100-6」などの派手なクルマである。時代考証的に正しいかどうかは判断できないけれど、映画の雰囲気にはマッチしている。なにしろ、これはハンター・S・トンプソンの小説の映画化なのだ。“ジャーナリズム界のロックスター”と呼ばれた男である。しかも主演はジョニー・デップだ。クルマがショボくては釣り合わない。

ハンター関連の映画といえば、昨年日本で公開された『GONZO』がある。客観報道などというタテマエをかなぐり捨てて取材対象に迫る“ゴンゾー(ならず者)・ジャーナリズム”の旗手だったハンターの生涯を描いたドキュメンタリーで、ナレーターを務めたのがジョニー・デップだった。

ふたりの交友は古く、ハンター原作の『ラスベガスをやっつけろ』でもジョニデが主演している。『ラム・ダイアリー』はハンターが有名になる以前に書いて放置されていたが、ハンター宅でジョニデが手書き原稿を偶然発見して出版を勧めたという曰(いわ)く付きの小説だ。当初から映画化の話があったが、ハンターは実現を待つことなく2005年に自ら死を選んでしまった。

(C) 2011 GK Films, LLC. All Rights Reserved.
(C) 2011 GK Films, LLC. All Rights Reserved.

第30回:南の島にはラムの一気飲みと英米伊の名車が似合う!? − 『ラム・ダイアリー』の画像
「オースチン・ヒーレー100-6」
1953年にデビューした「オースチン・ヒーレー100」は、56年にエンジンが4気筒から6気筒になり、シャシーにも変更が加えられた。59年には排気量が2.9リッターにまで増やされ、「オースチン・ヒーレー3000」へと発展する。
「オースチン・ヒーレー100-6」
1953年にデビューした「オースチン・ヒーレー100」は、56年にエンジンが4気筒から6気筒になり、シャシーにも変更が加えられた。59年には排気量が2.9リッターにまで増やされ、「オースチン・ヒーレー3000」へと発展する。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。