【スペック】(参考、欧州仕様)全長×全幅×全高=4703×1746×1461mm/ホイールベース=2702mm/車重=1780kg(ドライバー含)/駆動方式=4WD/4リッターW8DOHC32バルブ(275ps/6000rpm、37.7kgm/2750rpm)

フォルクスワーゲン・パサートW8(5AT)【試乗記】

軽やかに速い 2001.12.07 試乗記 フォルクスワーゲン・パサートW8(5AT)上級セグメントへの進出をはかるフォルクスワーゲンの大きな足がかり、4リッターW型エンジン搭載のフラッグシップ「パサートW8」。自動車ジャーナリスト金子浩之がスイスで試乗した。
パサートに搭載される、4リッターW8エンジン。275ps/6000rpm、37.7kgm/2750rpmを発生する。狭角のV型エンジンを2つ繋げたもの。

上級車戦略の露払い役

フォルクスワーゲンが上級車マーケットへ進出しようとしている。
その第一弾が、パサートに4リッターW型8気筒エンジンを搭載した「パサートW8」だ。

「W」というのは、文字通りV型をふたつ並べて組み合わせたエンジン形式で、現行車ではもちろんのこと、過去にもほとんど例がない。パサートに搭載されるW8は、フォルクスワーゲンに既存のV6を横に2基並べ、クランクシャフトを共用化し、手前から4気筒を切り取ったものとイメージして欲しい。W型のメリットは、同じ排気量のV型よりも軽量かつコンパクトに設計でき、車体の理想的な位置にレイアウトできること、とフォルクスワーゲンは主張する。

パサート用のW8気筒は、単体重量が190kg、寸法が全長420mm、全幅710mm、全高683mmと、他の4リッター級V8エンジンより軽く小さい。VWは、このW型エンジンを上級車マーケットへの挑戦のための有力な武器にするつもりだ。
グループ内の「アウディA8L」にはすでに6リッターW12気筒(420ps、56.1kgm)が搭載され、ヨーロッパで発売されている。また、開発中の「ブガッティ・ヴェイロン」には8リッター(!)W16気筒(!!)が積まれる予定だ。



VW「D1」の露払い

W型エンジン戦略はヴェイロンとA8Lだけで展開されるわけではない。アウディとブガッティは同じグループではあるが、あくまで別ブランドだ。そして両者は、W型エンジンを積まなくても上級車であることには変わりはない(ブカッティは発売前だが)。
フォルクスワ−ゲンは、メルセデスベンツSクラスに匹敵する「D1」という高級大型セダンを発売することを、数年前から公式にアナウンスしている。D1のエンジンラインナップはW8とW12が予定される。パサートW8は、D1とその後にも続くフォルクスワーゲンの上級車戦略の露払い役として投入されたわけである。

ベースとなったパサートには2000年秋にマイナーチェンジが施されており、フロントフェイスとクロームの窓枠などが新しくなった。足まわりにも細かな改良が施された。



呆気なく高回転

パサートW8にはスイスで試乗した。ジュネーブからグシュタートまでの、高速道路と一般道と山岳路の組合せからなる200kmあまりを往復した。
注目のW8は、4リッターもの排気量を感じさせないほどシュルシュルと回る。V8で感じられるビートの高まりや、トルクの盛り上がりのようなものはない。呆気なく高回転まで達し、均等に4輪に伝えられるトルクによって、パサートはスピードに乗る。重厚という感じは受けないが、よくダンピングの効いた乗り心地は心地よい。高速道路での直進性の高さも好印象だった。

試乗したジャーナリストのなかからは、「ブランドイメージにそぐわない」とか、「4リッターの存在感が薄い」というネガティブな意見も発せられたが、筆者はそれらの点が、逆にパサートW8の魅力になっていると感じた。フォルクスワーゲンという“国民車”メーカーが奮起して上級車にチャレンジする。その第1弾が、新奇なW8型エンジンを搭載して、軽やかに速い。だから面白いと思う。パサートW8は、2002年初頭に導入されるはずだ。

(文=金子浩之/写真=フォルクスワーゲンジャパン/2001年12月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パサートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント2.0TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.22 試乗記 「フォルクスワーゲン・パサート」に、2リッターターボエンジンを搭載した「2.0TSI Rライン」が登場。「ゴルフGTI」ゆずりのエンジンとパワートレイン、そしてRラインならではのシャシー制御システムが織り成す走りを試す。
  • フォルクスワーゲン・パサートTSI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2015.8.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・パサート」が8代目にモデルチェンジ。セダンの「TSI Rライン」を借り出し、新プラットフォームと1.4リッター直噴ターボエンジンがかなえる走りや、内外装の質感、運転支援システムの出来栄えなど、その実力を多角的にチェックした。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】NEW 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • 「日産エクストレイル」に装備充実の特別仕様車 2016.11.24 自動車ニュース 日産自動車は2016年11月24日、「エクストレイル」に特別仕様車「20Xtt」を設定し、販売を開始した。「20X“エマージェンシーブレーキパッケージ”」をベースに、LEDヘッドランプやアルミホイールなど、装備の充実が図られている。
  • 「レクサスNX」にブラックで引き締めた特別仕様車 2016.11.24 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月24日、レクサスブランドのコンパクトSUV「NX」に特別仕様車「Urban Style」を設定し、販売を開始した。「Iパッケージ」グレードをベースに、ブラック塗装のスピンドルグリル、ドアミラー、アルミホイールが採用されている。
ホームへ戻る