【スペック】全長×全幅×全高=4440×1710×1555mm/ホイールベース=2615mm/車重=1260kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(131ps/5500rpm、18.2kgm/4500rpm)

フォード・フォーカス2000GHIAステーションワゴン(4AT)【ブリーフテスト】

フォード・フォーカス2000GHIAステーションワゴン(4AT) 2000.11.02 試乗記 ……220.0万円 総合評価……★★★★
 

内装次第

フォーカスの魅力と商品力は、ほかの何にも似ていないエクステリアデザインと価格と内容のバランスだろう。個性的なデザインは奇をてらったものではなく、いかに背の高いクルマをミニバン然と見せないかというテーマを実現したものだ。だから、室内空間は十分に確保されている。乗り降りや荷物の上げ下げが行ないやすい。これは毎日乗るような実用車にはとても大切なことだ。
価格と内容のバランスでは、ライバルのVWゴルフ、オペル・アストラ、プジョー306などを上まわっている。
惜しいのは、内装が黒一色の無難なものしか設定されていないこと。欧米にはある明るい色調のカジュアルな内装を追加すれば、エクステリアとマッチした魅力的な小型車として完結する。逆にいえば、内装が好みに合っている人は「買い」だろう。

【概要】 どんなクルマ?

(シリーズ概要)
「Break from the Routine」(既成概念からの脱却)をコンセプトに、ヨーロッパフォードによって開発されたフォーカス。1998年にエスコートの後継車種としてデビューした。「1999年度欧州カーオブザイヤー」および翌年の「北米カーオブザイヤー」を獲得。欧州では、3/5ドア、ワゴン、セダンボディに、1.4から2リッターの幅広いエンジンラインナップを誇る。
(グレード概要) 日本には、2000年3月1日に1.6リッターの5ドアハッチとワゴンが上陸。同年10月23日、2リッターモデルが加わった。トランスミッションは、いずれも4段AT。2リッターモデルは、後席が分割可倒式になるほか、運転席にアームレストが、助手席にサイドポケットが備わった。また、ルーフアンテナが可倒式に変更された。

【車内&荷室空間】 乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★★
インパネまわりのデザインや操作性などは、このクラスのヨーロッパ車とアメリカ車の折衷的なもので、クルマの性格をよく表している。つまり、機能一点張りでもなければリラックスムードだけでもない。ユーザーとしてみれば、可もなく、不可もない。装備については、よく考えられたものが十分に付いている。バリュー・フォア・マネー。
(前席)……★★★
シートのサポートや乗り心地などに特に問題はないが、あえていえば黒一色のファブリックのシートのイメージが暑苦しい。シートだけのことでなく、内装全体のことだが、欧米のフォーカスのようにベージュやライトブルーなどの内装も設定した方がクルマの良さが引き立つ。
(後席)……★★★★
見せかけで空間を広くするためや、コストダウンのために、ワゴンの後席のシートに貧弱なものを使うメーカーが最近多い(特に日本車)。フォーカスワゴンはそれに反して、前席シートと変わらないクオリティをもっている。肉厚でクッションもタップリ。
(荷室)……★★★
荷室空間は必要十分。2リッターモデルは、後席シートの座面を6:4で分割して折り畳めるようになり、使い勝手が向上した。引き抜いたヘッドレストを、邪魔にならないように、前に倒した座面裏に差し込むことすらできる。なんと細やかな心配り! しかし、テイルゲートの開閉を、いちいちダッシュボード上のボタンを押さないとできないのは画竜点睛を欠く。

【ドライブフィール】 運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★
新たに搭載された2リッターエンジンは、いうまでもないが、1.6リッターに較べると、明らかにトルク、パワーともに勝っている。4段ATのシフトスケジュールも、太くなったトルクに合わせたものになり、6000rpmで早めにシフトアップする。1.6リッターモデルは、6700rpmだった。ただ、エンジンもトランスミッションも古い印象は免れない。実用的に問題はないが、このクラスは他車の進歩が著しいので、そう感じる。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★★
5ドアのフォーカスの「明快でシャープなハンドリング&乗り心地」と基本的に共通するが、ワゴンのトランク部分が増え、プラス40kgのウェイトのため、若干重ったるい。でも、ワゴンとして考えると、ツボを押さえた乗り心地とハンドリングで好感が持てる。

(写真=阿部ちひろ(インパネ・後席カット以外))

 

【テストデータ】

報告者: 金子浩久
テスト日:2000年10月25日
テスト車の形態 :広報車
テスト車の年式: 2000年型
テスト車の走行距離: 6137km
タイヤ: (前)195/60R15 88V/(後)同じ(いずれもPirelli P6000)
オプション装備: --
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態: 高速道路(6):市街地(3):山岳路(1)
テスト距離: --
使用燃料: --
参考燃費: --

関連記事
  • ジュネーブショー2017の会場から(その27) 2017.3.12 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。フォードのブースを画像で紹介する。
  • フォード・フォーカス スポーツ+ エコブースト(FF/6AT)【試乗記】 2015.11.24 試乗記 ビッグマイナーチェンジを受けた「フォード・フォーカス」に試乗。より精悍(せいかん)な顔つきと、高効率な1.5リッターターボエンジンを得た最新型、その実力やいかに?
  • フォード・フォーカス スポーツ+ エコブースト(FF/6AT)【試乗記】 2015.10.23 試乗記 大規模なマイナーチェンジを受けた「フォード・フォーカス」に試乗。1.5リッターのエコブーストエンジンや、よりしなやかなサスペンションなどによってフィジカルを高めた最新型は、ライバルから“ハンドリング王”のタイトルを奪回できるのか?
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • BMW i3スイート レンジ・エクステンダー装備車(RR)【試乗記】 2017.5.3 試乗記 マイナーチェンジにより、400kmにせまる一充電走行可能距離を実現したBMWの電気自動車「i3」。レンジ・エクステンダーを搭載した最上級グレード「スイート」の試乗を通し、類例のないその魅力をあらためて確かめた。
  • フォルクスワーゲンが「up!」をマイナーチェンジ 2017.4.27 自動車ニュース フォルクスワーゲンがコンパクトカー「up!」をマイナーチェンジ。注目は新設定の純正インフォテインメントシステム「Composition Phone」で、スマートフォンとの連携により、ルート案内や音楽再生などの機能を簡単に使うことができるという。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
ホームへ戻る