【スペック】全長×全幅×全高=4395×1780×1702mm/ホイールベース=2620mm/車重=1510kg/駆動方式=4WD/3リッターV6DOHC24バルブ(200ps/6000rpm、27.6kgm/4750rpm)

フォード・エスケープ 3リッターV6(4AT)【海外試乗記】

『ドライビング・エンタテイメントSUVと、ノー・バウンダリーズ・アウトフィッターズ』 2000.11.18 試乗記 フォード・エスケープ 3リッターV6(4AT)マツダの新SUV、トリビュートの短評はすでに掲載したが、そのトリビュートはご存知の通りフォード・エスケープの姉妹車。じゃあ、トリビュートと一緒に開発され、右ハンドル版はともに山口県は防府工場で作られるエスケープとは、どんなクルマなのか? 正式には2000年12月ごろ日本市場に導入されるエスケープ、半年前のアメリカでの現地版試乗会の記憶を頭の奥から引っぱり出して、トリビュートと比べてみよう。もちろん日本に入るエスケープは、あの時点とは多少変わっているはずだ。
多板クラッチを用いた4WDシステムを搭載。電磁ロック機構により、前後輪を直結することも可能だ。

限界なき世界への挑戦

エスケープも、エンジンはトリビュートと同じ2リッター直4と3リッターV6の2種だが、アメリカで乗ったのはデュラテックと呼称される3リッターV6搭載モデルのみ。
トリビュートが「ドライビング・ダイナミクス」と都会感覚を打ち出しているのに対して、エスケープを初めとするフォードSUVの新しいコンセプトは、「No Boudaries/Ford Outfitters」……いってみれば「限界や境界なき世界へ誘うフォードの道具」という精神。つまり都会に留まっているトリビュートと違って、もっと外の世界に飛び出そうとする人のためのSUVということだ。
といっても、必ずしも物理的なアドベンチュアやアウトドア志向ということではなく、精神において自分の殻をうち破る、自己限定を外すというような意味だろう。
だから、マツダが仮想ユーザーを20代後半から40代まで広く設定しているのに、フォードは25〜30歳クラスの、かなり尖ったSUVユーザーを狙うという。



(写真上)計器類がホワイトメーター化され、ステアリングの形状が異なるが、大筋でトリビュートと類似するインパネまわり。(写真下)トリビュートよりマッチョな後姿。

気持ちのいいアメリカンテイスト

半年前の記憶からするなら、エンジンはあのサイズのSUVとしてはパワフルだけど、同時に結構うるさかったというよりは、意図的にワイルドな音を出すような感じだった。その点ではトリビュートも似ている。基本的にはスムーズだし、なんといってもトルクがあるが、決して静かではない。かといって、それが不快でもない。

ハンドリングは、アメリカのこの種のクルマとしては抜きんでて良かった。まずセパレートシャシーではなくモノコックに近い構造が効いて、シャシーとボディがゆがむような感じは一切ない。
気に入ったのはロール感覚で、高めの視点からするとこの種のクルマはかなりロールするように感じるものだが、エスケープの場合、ロールはしても前後タイヤのグリップが全身で感じられて安心感がする。フォードのSUVとしては最初のFFベースだが、前後グリップは安定しているし、特にリアの追随性がいい。
実は、これは後にトリビュートに乗ってさらに強く感じた。フォードの姉妹車は、通常の乗用車のような軽快さを持つのだ。やはりマツダのDNAは入っていた。

エスケープの場合、基本的な感覚は同じでも、もっとサスペンションストロークが長く、全般的にセッティングもソフトだった。ステアリングもトリビュートよりスローに設定してアメリカ人一般のSUVに対する感覚に合わせていると言われたが、トリビュートに乗った後では、それも理解できた。
つまりエスケープの方が、よく言えば快適でしなやか、そしておおらかな感覚(でも他のアメリカの同種のクルマよりはスポーティ)、悪く言えばやや大味でフワフワ(日本版は多少硬くなるともいわれる)。一方のトリビュートは、より乗用車的にスポーティで敏捷というところだろう。

フォードのSUV群。向かって左奥は、新たに加わったエクスプローラーのピックアップモデル。

一粒で二度おいしければいい

あとはスタイルと内装の違い。ルーフ以外は共用パーツはないというのだから、本当は両方ともにもっと個性を出してもらいたかった。ともに新しいタイプのSUVを狙う以上、コンセプトカー的な意匠で勝負してもらいたかったけれど、それは部外者たるプレスの勝手な言い方かも知れない。
アメリカではフォードのSUVは家庭用のクルマとしてもかなり保守的な市場で受けているし、トリビュートはマツダにとって事実上初めての分野への挑戦だから、形であまり冒険したくなかったのだろう。

エスケープの価格は現時点では不明だが、直4,V6とも4WDのみで、必要な装備は最初から付けた状態で売るというらしいから、トリビュートの上級版に近い値段になると予想される。
エスケープは、かつてのオートラマのフォード車のようにマツダのバッジ・エンジニアリング版ではなく、トリビュートとプラットフォームは同じでも、日米で性格をきちんと分けている。ユーザーにとっては、選択範囲が広がっていいだろう。

(文=web CG エグゼクティブディレクター 大川 悠/写真=フォード・ジャパン・リミテッド/2000年11月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 第1回:フォード・クーガ(渡辺敏史) 2016.6.1 特集 間もなく日本での正規販売が終了となるフォードのミドルサイズSUV「クーガ」。今あらためてこのクルマの実力を検証。2リッターモデルを借り出し、“うるさがた”のユーザーをも魅了するというその走りの出来栄えを確かめた。
  • 第2回:フォード・クーガ(高山正寛) 2016.6.1 特集 グローバル市場ではもちろん、日本市場でも重要視されるSUVのマーケット。そこに投入されたフォードのミドルサイズSUVが「クーガ」である。日本市場における現行モデルの変遷を振り返るとともに、輸入SUVとしての“お買い得度”を検証した。
  • 第3回:フォード・クーガ(森 慶太) 2016.6.1 特集 フォードならではの美点が端々に感じられるミドルサイズSUV「クーガ」。正規販売の終了が間近に迫った今、あらためて2リッターターボエンジンを搭載した上級グレード「タイタニアム」に試乗し、その実力を徹底的に確かめた。
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【レビュー】 2016.3.18 試乗記 フォードの3列7人乗りSUV「エクスプローラー」に新グレード「タイタニアム」が登場。3.5リッターV6ツインターボエンジンがかなえるパワフルな走りやいかに? 日本での販売は“在庫限り”という、最上級モデルの魅力を報告する。
  • フォード・クーガ タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2015.9.7 試乗記 エンジンのラインナップを見直して、2リッターと1.5リッターの2本立てとなったフォードのミドルサイズSUV「クーガ」。今回は、従来の1.6リッターより60psも強化された2リッターエンジン搭載車「タイアニアム」に試乗し、その実用性能を探った。
ホームへ戻る