【スペック】全長×全幅×全高=4440×1825×1720mm/ホイールベース=2620mm/車重=1520kg/駆動方式=4WD/3リッターV6DOHC24バルブ(203ps/6000rpm、27.0kgm/4700rpm)

フォード・エスケープ 3リッターV6 XLT(プリプロダクションモデル)(4AT)【ブリーフテスト】

フォード・エスケープ 3リッターV6 XLT(プリプロダクションモデル)(4AT) 2000.12.05 試乗記 ……(価格未定)総合評価……★★★★
 

柔らかい兄弟

マツダ・トリビュートの兄弟車。車体の基礎部分であるプラットフォームと、エンジンやトランスミッションなどの基幹部分を共用。しかし、ボディは、屋根以外は異なったプレスを用いる。
右ハンドルのトリビュートとエスケープはマツダの防府工場製。つまりテスト車は山口県産。
本国でのエスケープは、エクスカージョン、エクスペディション、そしてエクスプローラーの下に位置するフォードSUVラインナップの末弟。兄貴たちがみなフレーム付きのボディを有する、つまりトラックからの派生モデルなのに対し、エスケープはモノコックにサブフレームを付加した「ユニタイズドボディ」構造。原野を踏破することより、舗装路でいかに快適に走れるかに主眼を置いた、フォード初の「ライトクロカン」だ。
日本仕様の試乗に際しては、「トリビュートとの違いをどこに出すか」が最大の興味。「スポーツセダンのようなハンドリング」を目指したトリュビュートとは、サスペンションのセッティングが大きく異なり、柔軟な足まわりによる乗り心地のよさに好感をもった。
発売は2000年12月中旬、価格は250万円以下になる模様。

【概要】 どんなクルマ?

(シリーズ概要)
フォード/マツダ共同開発のシャシーを使用。前マクファーソンストラット、後マルチリンク式の4輪独立懸架をもつ、いわゆる「ライトクロカン」だ。3リッターV6もしくは2リッター直4を横置きし、多板クラッチを用いた「ロータリーブレードカプリング」を介して4輪を駆動する。フォード名エスケープ、マツダ名トリビュート。 北米はカンサスシティでつくられる左ハンドル車と比較して、右ハンドルは、バルクヘッド、フロントドアのインシュレーター、ウェザーストリップなどに手が入れられ、室内の静粛性に配慮された。
(グレード概要)
無限の可能性を追い、自らの枠を乗り越えるアドベンチャー精神あふれるライフスタイルをコンセプトに、先行(?)発売された北米では、1998年8月から「No Boundaries/Ford Outfitters」キャンペーンを展開。日本市場には、3リッターV6、2リッター直4モデルがラインナップされる。トランスミッションは、いずれもコラム式4ATである。

【車内&荷室空間】 乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★
メーター類、ダッシュボードの各種スイッチ類の配置やデザインなどは、トリビュートと同じ。というよりも、こちらが本家本元か。
とはいえ、誰(多民族国家)が、どこで(多様な気象条件と道路状況)乗っても大丈夫なよう、使いやすさを優先した大らかさは、アメリカ車そのもの。マツダの血が混じったため、エクスプローラーやその上のエクスペディションなどよりは、「すこしだけインターナショナル」。具体的には、カーナビ画面をダッシュボードの中心に据えて、オーディオの情報などもそこに表示させるデザイン手法は国際的な流れに沿うものだが、個々のスイッチや操作部分が大きくて、アメリカ人以外には間延びして見える(?)
(前席)……★★★
装着されたカーナビの画面に、フロントガラスからの日光が当たると、ほとんど何も見えない。「TILT」ボタンでディスプレイを上下方向に角度調節できるのだが、それでも「ひさしのようなものを設けて影をつくらないと」と感じる場面が多かった。要工夫。
シート形状はトリビュートと変わらないが、生地が違う。トリビュートより張りの強い、ザックリとした触感のシート地。しっかりとしたクッション。マツダの兄弟車より好ましい掛け心地を示す。
(後席)……★★★
トリビュートのように足まわりを硬めていないので、後席に座っても、コーナリング時の「横G」で、振りまわされることはない。生地が違うだけのはずなのに、なぜかホールド性もよく感じる。
(荷室)……★★★
ゲイトのみならず、ガラスハッチだけでも開閉できるのは便利。オープナーが、ハッチゲイト用、ガラスハッチ用と、並べて配置されるのもトリビュートと同じ。荷室の空間自体はボディの大きさの通りだけ。分割可倒式のリアシート背もたれを倒せば、さらに広いスペースが出現する。アウトドアーに便利な、アクセサリーソケットを備える。

【ドライブフィール】 運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★
V6ユニットは、トリビュートと同じ、203ps/6000rpmの最高出力と、27.0kgm/4700rpmの最大トルクを発生。3リッターとして標準的なパワーとトルク、レスポンスを備える。動力性能に問題はないが、アイドリング時、加速時の音と振動がやや大きめ。ザラついたフィールをもつ。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★★
「SUVなのにスポーツセダンのようなハンドリング」を標榜するトリビュートとは違って、エスケープは路面の凹凸や段差などをスムーズに吸収する。柔らかめの乗り心地が快適だ。
オフロードでも、その足まわりのセッティングが効いて、つまり漸進的に伸び縮みするサスペンションが、乗り心地とハンドリングを良好に保つ。
SUVは質量が大きく、重心位置も高いので、「スポーツセダンのように」ではなく、サスペンションが柔軟にショックを吸収しながら走るのが自然だ、と思う。すこしでも未舗装路を走る機会があるのなら、なおさらである。

(写真=河野敦樹)

 

【テストデータ】

報告者:金子浩久
テスト日:2000年11月24日
テスト車の形態:広報車(プリプロダクションモデル)
テスト車の年式:2000年型
テスト車の走行距離:1762km
タイヤ:(前)235/70R16 105S/(後)同じ(いずれもブリヂストン Dueler H/T)
オプション装備:--
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2):高速道路(6):山岳路(2)
テスト距離:222.4km
使用燃料:31.2リッター
参考燃費:7.1km/リッター

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エスケープの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2016.3.24 試乗記 「フォード・エクスプローラー」の最上級モデル「エクスプローラー タイタニアム」に試乗。高効率をうたうターボエンジンや充実の装備がもたらす、走りの質をリポートする。
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【レビュー】 2016.3.18 試乗記 フォードの3列7人乗りSUV「エクスプローラー」に新グレード「タイタニアム」が登場。3.5リッターV6ツインターボエンジンがかなえるパワフルな走りやいかに? 日本での販売は“在庫限り”という、最上級モデルの魅力を報告する。
  • 第1回:フォード・クーガ(渡辺敏史) 2016.6.1 特集 間もなく日本での正規販売が終了となるフォードのミドルサイズSUV「クーガ」。今あらためてこのクルマの実力を検証。2リッターモデルを借り出し、“うるさがた”のユーザーをも魅了するというその走りの出来栄えを確かめた。
  • 第2回:フォード・クーガ(高山正寛) 2016.6.1 特集 グローバル市場ではもちろん、日本市場でも重要視されるSUVのマーケット。そこに投入されたフォードのミドルサイズSUVが「クーガ」である。日本市場における現行モデルの変遷を振り返るとともに、輸入SUVとしての“お買い得度”を検証した。
  • 第3回:フォード・クーガ(森 慶太) 2016.6.1 特集 フォードならではの美点が端々に感じられるミドルサイズSUV「クーガ」。正規販売の終了が間近に迫った今、あらためて2リッターターボエンジンを搭載した上級グレード「タイタニアム」に試乗し、その実力を徹底的に確かめた。
ホームへ戻る