フォード・エクスプローラー エディバウアー(5AT)【試乗記】

「律儀」と「真面目」で再出発 2001.08.23 試乗記 フォード・エクスプローラー エディバウアー(5AT)……452.0万円フォードの稼ぎ頭として、世界で最も売れたSUVとして、1990年のデビュー以来人気を博してきたエクスプローラー。しかし、タイヤのせいかクルマのせいか、最近の転倒問題で大きなダメージを被った。そんななかに登場した「すべての乗員が安全かつ快適にどこにでも行けるアメリカンパワフルSUV」と銘打たれた“ブランニュー”エクスプローラー。まったく新しいブルーオーバルのSUVはどうなのか? 『webCG』エグゼクティブディレクター大川 悠が乗った。

実質的価値の重視

ファイアストーン・タイヤのリコール問題のなすり合いで、どちらに責任があるにせよ大分イメージを下げたエクスプローラー、気分を一新しようと、一足早く2002年モデルへと大変貌を遂げた。

ともかく、アメリカに行くとエクスプローラーは本当に多い。1年前、北米はカリフォルニア州ナパバレーの真ん中にあるゴルフ・リゾートに泊まったが、「シルヴァラード」なるシボレーのSUVと同じ名前のホテルなのに、駐車場の1/4ぐらいはエクスプローラーのように思えたほどだ。
それほど稼ぎ頭の重要なモデルだからこそ、今回の新型は、おそろしく真剣に開発されている。リチャード・パリー・ジョーンズが、新車開発担当責任者になって以来、フォードはフォーカスといいモンデオといい、実質的価値を重視したクルマづくりに転じた。このエクスプローラーにも、そんな新しい面を見ることができる。

350%も強化されたフレーム

ちょっと大きくなって、折り畳み式の3列目シートも組み込まれたボディは、相変わらずやや泥臭い格好をしているが、中身は格段に近代化された。なんたって剛性アップがすごい。ボディはねじれで31%、曲げで61%剛性アップしているし、セパレートフレームに至っては曲げでこそ26%だが、ねじれでは350%強化という。それだけ以前がやわだったのかどうかはともかく、気合いが入っているのは間違いない。
足まわりも同様で、前後ダブルウィッシュボーンとコイルの独立になった。リアはフロアを下げるべく後端まで水平になっているフレームを貫通する形でドライブシャフトを通すなど、結構凝っている。

安全性にもぬかりなく、フォードのSUVとしては初めてサイドエアバッグを用意したし、それはロールオーバーを感知すると両側とも6秒間開きっぱなしになって、ロールケージの代わりになる。低めのバンパービームも乗用車との正面衝突を考慮したためだ。

グレードは、4リッターV6(213ps、35.1kgm)を搭載する「XLT」と、4.6リッターV8(242ps、39.0kgm)の「エディバウアー」から構成される。いずれも5段ATが組み合わされる。価格は、XLTが382.0万円、エディバウアーが452.0万円で、2001年10月1日から販売が開始される。

リファインされた走行感覚

「いい技術を使ってまじめに作ると、本当にいいクルマになるものだ」というのが猛暑の伊豆で、オン、オフ双方を走った結論だ。特にオンロードがいい。“大きな「エスケープ」”といった印象で、ダイアゴナル(対角線的)なロールは見せず、前後均等に、ちょうど期待しただけ大きな図体を沈ませ、4輪をきちんとグリップさせながらコーナーを抜ける。
それに全般に静かだし、ダンピングの効いた乗り味も、充分な路面感覚を伝えるステアリングも気持ちがいい。もっとも100km/hまで飛ばしても、トルクたっぷりのV8は1750前後でしか回っていないから、静かなのも当たり前だろう。

オフロードでも走破力は当然問題なかったが(ローのロックモードを選べば、困ることはない)、むしろここでも乗り心地の良さに感心した。それに大きなボディでも意外と取り回しがいいのは、こういうステージでは大切な要素だ。

というわけで、見た目はどうも大味で無愛想だが、中身はかなり洗練されているし、結構飛ばせる。昔のフォードの伝統を守った、一種の律儀さというかまじめさがこのクルマの価値だが、都会ではちょっと似合いそうもないのが、現代のSUVとしては辛いところかも知れない。

(文=大川 悠/写真=高橋信宏/2001年8月)

オンロードがかなりいい。その気なら、このボディでその辺のセダンを追い回せる。リア右下のV8オーナメントが「エディバウアー」の証。
【スペック】エディバウアー:全長×全幅×全高=4825×1880×1805mm/ホイールベース=2890mm/車重=2070kg/駆動方式=4WD/4.6リッターV8SOHC16バルブ(242ps/4750rpm、39.0kgm/4000rpm)/車両本体価格=452.0万円
 
オンロードがかなりいい。その気なら、このボディでその辺のセダンを追い回せる。リア右下のV8オーナメントが「エディバウアー」の証。
	【スペック】エディバウアー:全長×全幅×全高=4825×1880×1805mm/ホイールベース=2890mm/車重=2070kg/駆動方式=4WD/4.6リッターV8SOHC16バルブ(242ps/4750rpm、39.0kgm/4000rpm)/車両本体価格=452.0万円
	 
多少は乗用車風になったドライバー席。「XLT」はクロス(布)内装、「エディバウアー」は革内装となる。
 
多少は乗用車風になったドライバー席。「XLT」はクロス(布)内装、「エディバウアー」は革内装となる。
	 
40:20:40の分割可倒式になった後席。真ん中のシートは、昔のアメ車風の雰囲気がある。サードシートに乗り込む際、レバーひとつで背もたれ、座面とも前に倒すことができる。
 
40:20:40の分割可倒式になった後席。真ん中のシートは、昔のアメ車風の雰囲気がある。サードシートに乗り込む際、レバーひとつで背もたれ、座面とも前に倒すことができる。
	 
ワンタッチの3列目シートを立てても、これだけの荷室は確保される。リアゲイトは、ガラスハッチのみの開閉も可能。
 
ワンタッチの3列目シートを立てても、これだけの荷室は確保される。リアゲイトは、ガラスハッチのみの開閉も可能。
	 
「エディバウアー」に新採用された4.6リッター“オールアルミ”V8ユニット。わずか1500rpmで最大トルクの90%を発生するという。なお、4リッターV6は、鋳鉄ブロックとアルミヘッドの組み合わせだ。
 
「エディバウアー」に新採用された4.6リッター“オールアルミ”V8ユニット。わずか1500rpmで最大トルクの90%を発生するという。なお、4リッターV6は、鋳鉄ブロックとアルミヘッドの組み合わせだ。
	 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 第3回:フォード・クーガ(森 慶太) 2016.6.1 特集 フォードならではの美点が端々に感じられるミドルサイズSUV「クーガ」。正規販売の終了が間近に迫った今、あらためて2リッターターボエンジンを搭載した上級グレード「タイタニアム」に試乗し、その実力を徹底的に確かめた。
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2016.3.24 試乗記 「フォード・エクスプローラー」の最上級モデル「エクスプローラー タイタニアム」に試乗。高効率をうたうターボエンジンや充実の装備がもたらす、走りの質をリポートする。
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【レビュー】 2016.3.18 試乗記 フォードの3列7人乗りSUV「エクスプローラー」に新グレード「タイタニアム」が登場。3.5リッターV6ツインターボエンジンがかなえるパワフルな走りやいかに? 日本での販売は“在庫限り”という、最上級モデルの魅力を報告する。
  • 第1回:フォード・クーガ(渡辺敏史) 2016.6.1 特集 間もなく日本での正規販売が終了となるフォードのミドルサイズSUV「クーガ」。今あらためてこのクルマの実力を検証。2リッターモデルを借り出し、“うるさがた”のユーザーをも魅了するというその走りの出来栄えを確かめた。
  • 第2回:フォード・クーガ(高山正寛) 2016.6.1 特集 グローバル市場ではもちろん、日本市場でも重要視されるSUVのマーケット。そこに投入されたフォードのミドルサイズSUVが「クーガ」である。日本市場における現行モデルの変遷を振り返るとともに、輸入SUVとしての“お買い得度”を検証した。
ホームへ戻る