【スペック】全長×全幅×全高=4400×1825×1720mm/ホイールベース=2620mm/車重=1520kg/駆動方式=4WD/3リッターV6DOHC24バルブ(203ps/6000rpm、27.0kgm/4700rpm)/車両本体価格=247.0万円(テスト車=275.0万円)

フォード・エスケープ V6 3000XLT「イエローエスケープ」(4AT)【ブリーフテスト】

フォード・エスケープ V6 3000XLT「イエローエスケープ」(4AT) 2001.09.20 試乗記 ……275.0万円総合評価……★★★

“目立ち度トゥ個体レシオ”

ツリ目気味フェイスで、“スポーティな走り”を目指す二卵性姉妹車「マツダ・トリビュート」と較べ、ノンビリした顔つきのエスケープ。スペシャルカラーたる派手な黄色をまとっても嫌みにならない。マツダ車とのインパネまわりの目立った違いはステアリングホイールとホワイトメーターぐらいだが、これまた特別装備たるブラックレザーのシートに腰をおろしてキーを捻ると、V6 3リッターがブロロン!!と目をさます。フォーカム24バルブという立派なヘッドメカニズムをもつのに、なぜかプッシュロッドみたいな音がする不思議なクリーブランド製エンジン。
走りはじめると、さすがは4輪独立懸架、兄貴分たるエクスプローラー(旧型)ほど上屋は揺れず、コーナリングもカッチリこなす。とはいえ「ツッぱる妹」、つまりトリビュートほど足は硬くなく、またステアリングギアも遅くて、運転感覚は、ちょっと視点の高いラグジュアリーサルーンといったところ。両隅がしっかり見える四角いエンジンフードの恩恵で、車両感覚も掴みやすい。最小回転半径=5.6m。
決して悪いクルマではないけれど、どうも街で見かけることの少ないエスケープ。せめて黄色のボディで、“目立ち度トゥ個体レシオ”を上げたいところだ。

 

【概要】 どんなクルマ?

(シリーズ概要)
フォード、マツダ共同開発を謳うフォード初の“ライトクロカン”。前マクファーソンストラット、後マルチリンク式の4輪独立懸架をもつ。フォード名「エスケープ」、マツダ名「トリビュート」。北米では1998年、日本では2000年12月から販売が開始された。3リッターV6もしくは2リッター直4ユニットを横置きし、多板クラッチを用いた「ロータリーブレードカプリング」を介して4輪を駆動する。車名にかかわらず、左ハンドルはフォードのカンザス工場(ミズーリ州)、右ハンドルはマツダの防府工場(山口県)で造られる。
(グレード概要)
テスト車のイエローエスケープは、2001年8月20日に発表された100台の特別限定車。3リッターV6モデルをベースに、専用ボディカラー、電動スライドサンルーフ、そして黒の本革内装(ノーマルはファブリックのみ)を奢ったもの。機関面での差異はない。価格は28.0万円上昇して、275.0万円となる。「スペースイエロー」と呼ばれる車体色は、ミズーリ製の左ハンドル車にはラインナップされるが、山口産の右ハンドルモデルには設定がなかった。

【車内&荷室空間】 乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★
アッケラカンと機能に徹したインパネまわり。革を模したシボのフェイシアが用いられるが、センターコンソールほかは簡単な艶消し加工が施されたプラスチックが使われる。オーディオやエアコンディショナーの大きなダイヤルやスイッチ類がシンプルに配される。操作に迷う余地がない。コラムシフトは、シフター先端にオーバードライブのオフスイッチが埋め込まれており、使いやすい。
(前席)……★★★
「イエローエスケープ」専用のブラック革内装。シートのサイズは中庸で、たとえばマスタングのように、平均的日本人にはもてあますような大きさではない。運転席側にはダイヤル式の座面角度調整が備わり、チルト可能なステアリングホイールとあわせ、適正なドライビングポジションがとれる。アメリカンSUVとしてはスポーティな、やや硬めな座り心地。
(後席)……★★★★
ボクシーなボディを活かして、足元、頭上とも十分なスペースが確保されるリアシート。エスケープは窓枠下端のショルダーラインが低いので、窓が大きく、開放感がある。頼りがいのあるヘッドレストが、安心感を高める。左右にISO-FIX対応チャイルドシート用アンカーが備わる。バックレストはリクライニングでき、また荷室を広げるべく、座面も前に倒したダブルフォールディングが可能だ。
(荷室)……★★★★
荷物の出し入れを考慮して、リアガラスだけを開閉することもできるテイルゲイト。向かって右に「GLASS」左に「DOOR」と設置されたオープナーを手前に握ってゲイトを開けると、フラットで、いかにも使いやすそうなラゲッジルームが用意される。ストラットタワーの張り出しも最小限だ。床面最大幅133cm、奥行き91cm、パーセルシェルフまでの高さ40cm。後席背もたれを倒せば、奥行きは150cm以上に広げられる。左右の壁に小物入れと、12Vの電源ソケット有り。

【ドライブフィール】 運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★
203psの最高出力と27.0kgmの最大トルクを発生する3リッター「デュラテック」V型6気筒。ヘッドとブロックはもちろん、オイルパンまでアルミ製なのがジマンだ。ピークパワーの発生回転数は6000rpmと高めだが、低い回転域からのトルクは豊か。100km/hでは2000rpm前後で、ガスペダルを踏み込めば楽々と加速する。が、ノイズも2次曲線的に増加する。せっかちな音楽フリークには向かない。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★★
フレームとモノコックボディを一体化させた「ユニボディ構造」をもつエスケープ。インディペンデントサスと合わせ、舗装路での乗り心地はいい。ハンドリングも小型ヨンクたる外観にあった穏当なもの。オールシーズンタイヤを履くせいもあって決してシャープではないが、ダルで退屈なこともない。FF(前輪駆動)をベースに、ビスカスカプリングよりコンパクトな「ロータリー・ブレード・カプリング」を用いたスタンバイ4WDモード「AWD」(All Wheel Drive)も用意される。センターデフをロックして、前:後=50:50にトルクを振り分けることも可能だ。

(写真=阿部ちひろ)

【テストデータ】

報告者:webCG青木禎之
テスト日:2001年9月15日から16日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2001年モデル
テスト車の走行距離:2023km
タイヤ:(前)235/70R16/(後)同じ
オプション装備:(イエローエスケープ特別装備)専用ボディカラー+ブラック本革内装+電動スライドガラスサンルーフ
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(3):高速道路(6):山岳路(1)
テスト距離:299.8km
使用燃費:49.0リッター
参考燃費:6.1km/リッター





拡大すると後席を畳む様子が解ります







この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 第1回:フォード・クーガ(渡辺敏史) 2016.6.1 特集 間もなく日本での正規販売が終了となるフォードのミドルサイズSUV「クーガ」。今あらためてこのクルマの実力を検証。2リッターモデルを借り出し、“うるさがた”のユーザーをも魅了するというその走りの出来栄えを確かめた。
  • 第2回:フォード・クーガ(高山正寛) 2016.6.1 特集 グローバル市場ではもちろん、日本市場でも重要視されるSUVのマーケット。そこに投入されたフォードのミドルサイズSUVが「クーガ」である。日本市場における現行モデルの変遷を振り返るとともに、輸入SUVとしての“お買い得度”を検証した。
  • 第3回:フォード・クーガ(森 慶太) 2016.6.1 特集 フォードならではの美点が端々に感じられるミドルサイズSUV「クーガ」。正規販売の終了が間近に迫った今、あらためて2リッターターボエンジンを搭載した上級グレード「タイタニアム」に試乗し、その実力を徹底的に確かめた。
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【レビュー】 2016.3.18 試乗記 フォードの3列7人乗りSUV「エクスプローラー」に新グレード「タイタニアム」が登場。3.5リッターV6ツインターボエンジンがかなえるパワフルな走りやいかに? 日本での販売は“在庫限り”という、最上級モデルの魅力を報告する。
  • フォード・クーガ タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2015.9.7 試乗記 エンジンのラインナップを見直して、2リッターと1.5リッターの2本立てとなったフォードのミドルサイズSUV「クーガ」。今回は、従来の1.6リッターより60psも強化された2リッターエンジン搭載車「タイアニアム」に試乗し、その実用性能を探った。
ホームへ戻る