【スペック】全長×全幅×全高=4550×1935×1270mm/ホイールベース=2500mm/車重=1740kg/駆動方式=FR/5.5リッターV12DOHC48バルブ(485ps/7000rpm、58.0kgm/5000rpm)/車両本体価格=2390.0万円

フェラーリ550マラネロ(6MT)【試乗記】

『485psの蹂躙』 2000.09.12 試乗記 フェラーリ550マラネロ ……2390.0万円 記者としてクルマにかかわること27年。二玄社の古株テスター道田宣和が、手元に残したメモから「web CG」のために書き下ろしたショートインプレッション!

2390.0万円

「週末はシューマッハ」なんちゃってね。ティフォシのみなさん、2000年F1第14戦イタリアGP、モンツァでの優勝おめでとう。
かくいう小生も先日久しぶりにフェラーリのステアリングを握り、楽しいひとときを過ごしたところだ。弊社刊『CG選集 フェラーリ2』の表紙撮影にかこつけて、550マラネロをコーンズから借り出したのである。こんなことでもないとなかなか乗れないからね。なにしろ2390.0万円ものクルマとなると、臨時に掛ける保険料だけでも半端な額じゃないんだから。



普通のセダン?

と、ふだんよりは気合いを入れて目の前の海岸通りへと乗り出したのだが、恐れることはなにもなかった。クラッチが重いほかは実に乗りやすいのである。
900rpmで回るアイドリングは渋滞のなかでも安定していて余計な心配をしないですむし、5.5リッターもの排気量はどんな踏み方をしてもトルクたっぷりで、街なかだとほんの2000rpmも回しただけですぐに前のクルマにつかえてしまうほどだ。
おまけに室内は広々としすぎていてかえって緊張感に乏しい。なんだ、これじゃふつうのセダンと変わりがないじゃないか!



3000rpmを超えたなら

そう思いつつ東名に乗り入れたとたん、強烈なショックに見舞われた。3000rpmを越えたところで音が変調したかと思うとそれからあとが凄まじかった。揚げ足が予想を超えて一気に高まり、7000rpmのリミット兼ピークパワーに向かって猛然と加速するのである。
視界が急速に狭まる。イカン、このままだと485psの蹂躙を許すことになる。免許も大事だが、あいにくこの日は路面がウェットで、しかもすでにハイドロプレーニング気味だったのだ。
今回借り出した跳ね馬が、古典的なRWD(後輪駆動)にもかかわらずノーズが軽いのは、翌日、無事に撮影を終えた気安さから伊豆スカイラインを存分に楽しんでみてよくわかった。そう、550はその名のとおり正真正銘マラネロ生まれの純血種だったのである。

(文=別冊編集室 道田宣和/写真=小河原認/テスト日=2000年7月25〜26日)

関連キーワード:
550マラネロフェラーリ試乗記

あなたにおすすめの記事