【スペック】全長×全幅×全高=4395×1760×1330mm/ホイールベース=2530mm/車重=1370kg/2.7リッターV6DOHC24バルブ(175ps/6000rpm、25.0kgm/4000rpm)/車両本体価格=199.0万円(テスト車=同じ)

ヒュンダイ・クーペFX V6(6MT)【試乗記】

かつてのコラードだ! 2002.04.27 試乗記 ヒュンダイ・クーペFX V6(6MT)……199.0万円200万円を切るお値段で、2.7リッターV6クーペが買える! 輸入車の価格破壊メーカー、ヒュンダイが、2002年4月2日に日本市場に投入したスタイリッシュモデル。自動車ライター、下野康史が驚いた!

エンジンがいい

「2.7リッターV6のスポーティクーペで199.0万円!」が売りの、いちばん新しいヒュンダイ。
でも、またまた安いから買えっていわれてもなあ……、と予断をもって乗ってみると、これがなかなか、というかそうとうにいいクルマだった。

試乗したのは4段ATと値段の変わらない6段MTモデル。ヒュンダイ・クーペは絶対にこのマニュアルで乗るべし、といいたくなるほどまずエンジンがよい。いいパワーユニットはマニュアルで味わうに限る。
前輪を駆動する2.7リッターV6は175psと控えめだが、低回転からトルクの出方が高級でいい。足まわりも実にしっかりしていて、スポーティクーペの名に恥じない。ステアリングの剛性も高く、トルクステアなどのFF(前輪駆動)の癖もほとんどない。おかげで、ワインディングロードでも十分楽しめる。

最良のヒュンダイ

ボディ内外の仕上げは日本車と同レベル。ダッシュボードのデザインもヒュンダイとしては抑制がきいていて、好感がもてる。ただし、その中央に埋め込まれた3連メーターのうち、エンジントルクメーターだけは意味不明。R32スカイラインGT-Rにあった4WDの前後トルクメーターをなんか誤解したんでしょうか。

外形デザインは好きずきだが、ウチのヨメさんはひとめ見て、「カッコイイ!」といった。それくらいカッコイイのに、トランクルームがこれだけ深くて広いのは立派。

間違いなく、最良のヒュンダイ。エンジンや足まわりの感じといい、一体感のある運転感覚といい、かつてのフォルクスワーゲンコラードVR6を思い出させた。こういうクルマがつくれるのだから、なによりディーラーネットの拡充が急務。だって、どこで売ってるかわかんないもん。

(文=下野康史/写真=郡大二郎/2002年4月)

2.7リッターV6DOHC“デルタ”エンジン。シリンダーブロックはオールアルミ製で、軽量化と高剛性の両立を謳う。リアスポイラーも標準装備。LEDのハイマウントストップランプ付きだ。

リアスポイラーも標準装備。LEDのハイマウントストップランプ付きだ。アルミホイールに、215/45ZR17というスポーティなタイヤを履く。

「仕上げは日本車と同レベル」と下野氏が語るインテリア。前席はエアバッグとサイドエアバッグを備え、シートベルトもフォースプリテンショナー付き。ABSやEBDもあり、安全装備は充実。ただし、オーディオはつかない。



この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • アウディR8 V10プラスクーペ5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.10.13 試乗記 「アウディR8」の上級グレード「V10プラスクーペ5.2 FSIクワトロ」に試乗。610psを発する5.2リッターV10自然吸気ユニット搭載のスーパースポーツは、われわれに何を訴えかけてくるのだろうか。
  • ヒュンダイ・ソナタ2.4GLS(FF/4AT)【ブリーフテスト】 2006.2.3 試乗記 ……246万7500円
    総合評価……★★★

    ヒュンダイが世界戦略車と位置付ける「ソナタ」が日本に導入された。北米市場で「カムリ」「アコード」と販売合戦を繰り広げるミドルクラスセダンの実力はいかなるものか。


ホームへ戻る