【スペック】全長×全幅×全高=4395×1760×1330mm/ホイールベース=2530mm/車重=1370kg/2.7リッターV6DOHC24バルブ(175ps/6000rpm、25.0kgm/4000rpm)/車両本体価格=199.0万円(テスト車=同じ)

ヒュンダイ・クーペFX V6(6MT)【試乗記】

かつてのコラードだ! 2002.04.27 試乗記 ヒュンダイ・クーペFX V6(6MT)……199.0万円200万円を切るお値段で、2.7リッターV6クーペが買える! 輸入車の価格破壊メーカー、ヒュンダイが、2002年4月2日に日本市場に投入したスタイリッシュモデル。自動車ライター、下野康史が驚いた!

エンジンがいい

「2.7リッターV6のスポーティクーペで199.0万円!」が売りの、いちばん新しいヒュンダイ。
でも、またまた安いから買えっていわれてもなあ……、と予断をもって乗ってみると、これがなかなか、というかそうとうにいいクルマだった。

試乗したのは4段ATと値段の変わらない6段MTモデル。ヒュンダイ・クーペは絶対にこのマニュアルで乗るべし、といいたくなるほどまずエンジンがよい。いいパワーユニットはマニュアルで味わうに限る。
前輪を駆動する2.7リッターV6は175psと控えめだが、低回転からトルクの出方が高級でいい。足まわりも実にしっかりしていて、スポーティクーペの名に恥じない。ステアリングの剛性も高く、トルクステアなどのFF(前輪駆動)の癖もほとんどない。おかげで、ワインディングロードでも十分楽しめる。

最良のヒュンダイ

ボディ内外の仕上げは日本車と同レベル。ダッシュボードのデザインもヒュンダイとしては抑制がきいていて、好感がもてる。ただし、その中央に埋め込まれた3連メーターのうち、エンジントルクメーターだけは意味不明。R32スカイラインGT-Rにあった4WDの前後トルクメーターをなんか誤解したんでしょうか。

外形デザインは好きずきだが、ウチのヨメさんはひとめ見て、「カッコイイ!」といった。それくらいカッコイイのに、トランクルームがこれだけ深くて広いのは立派。

間違いなく、最良のヒュンダイ。エンジンや足まわりの感じといい、一体感のある運転感覚といい、かつてのフォルクスワーゲンコラードVR6を思い出させた。こういうクルマがつくれるのだから、なによりディーラーネットの拡充が急務。だって、どこで売ってるかわかんないもん。

(文=下野康史/写真=郡大二郎/2002年4月)

2.7リッターV6DOHC“デルタ”エンジン。シリンダーブロックはオールアルミ製で、軽量化と高剛性の両立を謳う。リアスポイラーも標準装備。LEDのハイマウントストップランプ付きだ。

2.7リッターV6DOHC“デルタ”エンジン。シリンダーブロックはオールアルミ製で、軽量化と高剛性の両立を謳う。リアスポイラーも標準装備。LEDのハイマウントストップランプ付きだ。
リアスポイラーも標準装備。LEDのハイマウントストップランプ付きだ。アルミホイールに、215/45ZR17というスポーティなタイヤを履く。

リアスポイラーも標準装備。LEDのハイマウントストップランプ付きだ。アルミホイールに、215/45ZR17というスポーティなタイヤを履く。
「仕上げは日本車と同レベル」と下野氏が語るインテリア。前席はエアバッグとサイドエアバッグを備え、シートベルトもフォースプリテンショナー付き。ABSやEBDもあり、安全装備は充実。ただし、オーディオはつかない。

「仕上げは日本車と同レベル」と下野氏が語るインテリア。前席はエアバッグとサイドエアバッグを備え、シートベルトもフォースプリテンショナー付き。ABSやEBDもあり、安全装備は充実。ただし、オーディオはつかない。


ヒュンダイ・クーペFX V6(6MT)【試乗記】の画像
関連記事
  • ヒュンダイ・クーペ FX (FF/6MT)【ブリーフテスト】 2007.7.31 試乗記 ……260万2350円
    総合評価……★★

    他社のクーペとスペックだけで較べると、思わず「安い」と呟いてしまいそうな、「ヒュンダイ・クーペ」。その実力を試す。
  • 第413回:いよいよ600ps超の4WDマシンへ
    今秋発表の新型「BMW M5」に先行試乗!
    2017.5.17 エディターから一言 「BMW M5」が2017年秋、その歴史において大きく、かつ重要な一歩を踏み出す。新型は、いよいよ600ps超のパワーを持つに至り、それに伴い4WD化されるというのだ。南フランスのテストコースでプロトタイプに試乗した。
  • DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.26 試乗記 DSブランドならではの、アバンギャルドなスタンスが魅力の「DS 5」。先頃ラインナップに加わった2リッターのクリーンディーゼルエンジン搭載モデル「DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ」は、快適至極なグランドツアラーに仕上がっていた。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト【試乗記(後編)】 2017.5.12 試乗記 トヨタと日産が自信を持って送り出す、2台の環境対応車に試乗。プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」に続いて、後編では“100%モーター駆動”のコンパクトカー「ノートe-POWER」の素顔に迫った。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • ボルボV90 T6 AWD R-Design(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.20 試乗記 “スポーツドライビングを愛するあなたのための”とカタログでアピールされる、「ボルボV90」のスポーティーグレード「T6 AWD R-Design」に試乗。引き締められた専用サスペンションシステムがもたらす、その運動性能やいかに? デザインや使い勝手も含めてつぶさにチェックした。
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その36) 2017.3.12 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。ヒュンダイとキアのブースを画像で紹介する。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
ホームへ戻る