【スペック】全長×全幅×全高=4395×1760×1330mm/ホイールベース=2530mm/車重=1370kg/2.7リッターV6DOHC24バルブ(175ps/6000rpm、25.0kgm/4000rpm)/車両本体価格=199.0万円(テスト車=同じ)

ヒュンダイ・クーペFX V6(6MT)【試乗記】

かつてのコラードだ! 2002.04.27 試乗記 ヒュンダイ・クーペFX V6(6MT)……199.0万円200万円を切るお値段で、2.7リッターV6クーペが買える! 輸入車の価格破壊メーカー、ヒュンダイが、2002年4月2日に日本市場に投入したスタイリッシュモデル。自動車ライター、下野康史が驚いた!

エンジンがいい

「2.7リッターV6のスポーティクーペで199.0万円!」が売りの、いちばん新しいヒュンダイ。
でも、またまた安いから買えっていわれてもなあ……、と予断をもって乗ってみると、これがなかなか、というかそうとうにいいクルマだった。

試乗したのは4段ATと値段の変わらない6段MTモデル。ヒュンダイ・クーペは絶対にこのマニュアルで乗るべし、といいたくなるほどまずエンジンがよい。いいパワーユニットはマニュアルで味わうに限る。
前輪を駆動する2.7リッターV6は175psと控えめだが、低回転からトルクの出方が高級でいい。足まわりも実にしっかりしていて、スポーティクーペの名に恥じない。ステアリングの剛性も高く、トルクステアなどのFF(前輪駆動)の癖もほとんどない。おかげで、ワインディングロードでも十分楽しめる。

最良のヒュンダイ

ボディ内外の仕上げは日本車と同レベル。ダッシュボードのデザインもヒュンダイとしては抑制がきいていて、好感がもてる。ただし、その中央に埋め込まれた3連メーターのうち、エンジントルクメーターだけは意味不明。R32スカイラインGT-Rにあった4WDの前後トルクメーターをなんか誤解したんでしょうか。

外形デザインは好きずきだが、ウチのヨメさんはひとめ見て、「カッコイイ!」といった。それくらいカッコイイのに、トランクルームがこれだけ深くて広いのは立派。

間違いなく、最良のヒュンダイ。エンジンや足まわりの感じといい、一体感のある運転感覚といい、かつてのフォルクスワーゲンコラードVR6を思い出させた。こういうクルマがつくれるのだから、なによりディーラーネットの拡充が急務。だって、どこで売ってるかわかんないもん。

(文=下野康史/写真=郡大二郎/2002年4月)

2.7リッターV6DOHC“デルタ”エンジン。シリンダーブロックはオールアルミ製で、軽量化と高剛性の両立を謳う。リアスポイラーも標準装備。LEDのハイマウントストップランプ付きだ。

2.7リッターV6DOHC“デルタ”エンジン。シリンダーブロックはオールアルミ製で、軽量化と高剛性の両立を謳う。リアスポイラーも標準装備。LEDのハイマウントストップランプ付きだ。
リアスポイラーも標準装備。LEDのハイマウントストップランプ付きだ。アルミホイールに、215/45ZR17というスポーティなタイヤを履く。

リアスポイラーも標準装備。LEDのハイマウントストップランプ付きだ。アルミホイールに、215/45ZR17というスポーティなタイヤを履く。
「仕上げは日本車と同レベル」と下野氏が語るインテリア。前席はエアバッグとサイドエアバッグを備え、シートベルトもフォースプリテンショナー付き。ABSやEBDもあり、安全装備は充実。ただし、オーディオはつかない。

「仕上げは日本車と同レベル」と下野氏が語るインテリア。前席はエアバッグとサイドエアバッグを備え、シートベルトもフォースプリテンショナー付き。ABSやEBDもあり、安全装備は充実。ただし、オーディオはつかない。


ヒュンダイ・クーペFX V6(6MT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ヒュンダイ・クーペ FX (FF/6MT)【ブリーフテスト】 2007.7.31 試乗記 ……260万2350円
    総合評価……★★

    他社のクーペとスペックだけで較べると、思わず「安い」と呟いてしまいそうな、「ヒュンダイ・クーペ」。その実力を試す。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • 「ボルボ・アマゾン」のブルーをまとった「V40」の限定車登場 2017.2.16 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2017年2月16日、ショートワゴン「V40」に特別仕様車「アマゾンブルーエディション」を設定し、200台の台数限定で発売した。「ボルボ・アマゾン」をオマージュして設定され、ボディーカラーにはアマゾンの「ライトブルー」が採用された。
  • 【ジュネーブショー2017】オープンでV12、メルセデスから究極の「Gクラス」登場 2017.2.13 自動車ニュース 独ダイムラーがジュネーブショーで「メルセデス・マイバッハG650ランドーレット」を公開すると発表。電動ソフトトップや630psのV12エンジン、ポータルアクスル機構を備えた特別なドライブトレインなどを備えた99台の限定モデルで、同年秋に発売される。
ホームへ戻る