【スペック】全長×全幅×全高=4395×1760×1330mm/ホイールベース=2530mm/車重=1370kg/駆動方式=FF/2.7リッターV6DOHC24バルブ(175ps/6000rpm、25.0kgm/4000rpm)/車両本体価格=199.0万円(テスト車=同じ)

ヒュンダイ・クーペFX V6(6MT)【ブリーフテスト】

ヒュンダイ・クーペFX V6(6MT) 2002.05.31 試乗記 ……199.0万円総合評価……★★★

勢いのあるクーペ

わが国での販売が2002年4月2日に発表されると、2.7リッターV6搭載で199.0万円という、トヨタ(シボレー)・キャバリエクーペ(2.4リッターV6=205.0万円)を凌ぐコストパフォーマンスのよさと、意外にカッコいい(!?)ことで(一部)クルマ好きの話題をさらった「ヒュンダイ・クーペ」。FFコンパクトのシャシーを使って、なかなかスタイリッシュなボディを載せ、ほどほどの性能を与え、まずまずリーズナブルな価格を付ける。かつて言うところの「セクレタリーカー」だ。
実際の秘書殿は大きなSUVに嗜好を移し、すっかり冷え込んだ極東の小型2枚ドア市場に“イメージリーダー”としてヒュンダイ・クーペを投入するあたり、「自動車文化の後進性」と揶揄することもできるが、しかし同車の、飛び抜けてはいないが不満のないデキと装備満載ぶりは、日本の中小自動車メーカーエンジニアの顔色なからしめるにじゅうぶん。「安い」「うまい」「速い」だけでは今後立ちいかないことが、名実ともに示された(ちなみに、ヒュンダイは世界第8位の生産量を誇る)。
ステアリングホイールを握れば、低い着座位置がなんだか懐かしい。ちょっと気合いを入れるとすぐにアゴを出すシャシー性能はご愛嬌だが、元気のいいツインカムユニットは、豪華6段ギアを駆使して歌わせると楽しいし、直線は速い。センターコンソールのトルク計と燃費計が、「プレジャー」と「環境」のせめぎ合いを実演していて可笑しい。“どこかで見たことがあるモチーフ”が散見される外観、3連メーターが嬉しい室内、エンジンが速い“走り”。良くも悪くも、まだまだ勢いあるメーカーの産物だ。

【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
日本未導入だったヒュンダイのクーペ「ティブロン」の後継モデルとして、2001年のフランクフルトショーに登場した。本国では、1.6、2リッター直4エンジンもラインナップされるが、日本に入るのは最上級版たる2.7リッターV6のみ。2002年4月2日から発売が開始され、199.0万円というアグレッシブなプライスが話題をよんだ。
(グレード概要)
日本におけるヒュンダイ・クーペのグレードは「FX V6」のみ。4ATと6MTが用意されるが、価格や装備面で違いはない。前席ダブル&サイドエアバッグ、トラクションコントロール、電動ガラスサンルーフ、ヒーター付きの電動格納式ドアミラー、本革巻きステアリングホイール&シフトノブ、集中ドアロック、キーレスエントリー、ダブルホーン、アルミホイールなどが標準で装備される。コストパフォーマンスは驚異的。


【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★
廉価なセクレタリーカー相応の品質感。低コストをデザインでカバーしようと努力したあとあり。センターコンソールに、トルク計、燃費計、電圧計が並ぶのが、インパネまわりのハイライト。ステアリングホイールは、トヨタ流にコラムから生えたレバーで段階的にチルト可能。トンネルコンソールとインパネ左端にひとつずつ、ふたりぶんのカップホルダーが用意される。頭上にはサングラス入れ、サンバイザー裏にはバニティミラー、ドアミラーは熱線入りと、カタログアピールには事欠かない。ただし、スピーカー付きながらオーディオレスだ。
(前席)……★★★
スポーティクーペらしい、低い着座位置。ミニバン全盛の日本にあって、懐かしいドライビングポジション。日産シルビアのようだ。セミバケットシートは平板な座り心地。サイドサポートは必要十分。運転席側のみダイヤルで座面の角度を変えられる。
(後席)……★★
荷物置きとして重宝なリアシート。「プラス2」として妥当なものだが、ヒトが座ると頭がリアガラスにつかえるので、首をすくませる必要がある。ハッチゲイトには、閉めるときに後席乗員の頭を直撃しないよう注意書きが貼られる。親切だ。
(荷室)……★★
これまたスタイリッシュクーペとしては妥当なもの。ふたりの小旅行にはじゅうぶんだろう。荷物の散乱を防ぐラゲッジネットが標準で備わる。床面最大幅137cm、ストラットタワー間は92cm。奥行き85cm。パーセルシェルフまでの高さ45cm。床下にはテンポラリータイヤが収まる。いざとなれば、分割可倒式のリアシートバックレストを倒して拡大することも可能だ。


【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★
ミニバン「トラジェ」やSUV「サンタフェ」でお馴染み(?)175psと25.0kgmを発生する2.7リッター“オールアルミ”V6搭載。スムーズに元気よく回り、6段MT車では、ロウで約60km/h、セカンドで約90km/hまでひっぱる。4速=1.055、5&6速がオーバードライブとなる、日常に配慮された常識的なギアレシオ。1、2速には、ダブルコーンシンクロナイザーが採用される。ストロークは普通だがフィールはいい。数売れないモデルながら6MTモデルをカタログに載せるあたり、守旧派クルマ好きとしては支持したいところだ。
(乗り心地+ハンドリング)……★★
フロント:マクファーソンストラット、リア:デュアルリンクのストラットと、手堅いサスペンション形式。しかしルックスを重視した「215/45ZR17」サイズのタイヤを履くためか、街乗りではバネ下が重いドタドタした乗り心地。サスペンションのストロークが足りない感じあり。フロント:リア=880:490kgというノーズヘビーな重量配分もあって、ハンドリングコースをトバすとちょっとツラい。侵入速度が高すぎるとアンダーステアが強く、脱出時にスロットルを開けてもトラクションがかからない、といったFF車のウィークポイントが顕著に出る。ガマンのドライブだ……って、ヒュンダイ・クーペでカーブを攻めてどうする。

(写真=佐藤俊幸)

【テストデータ】

報告者:webCG青木禎之
テスト日:2002年5月23日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2002年型
テスト車の走行距離:--km
タイヤ:(前)215/45ZR17 87Y/(後)同じ(いずれもMichelin Pilot Sport)
オプション装備:−−
テスト形態:ロードインプレッション+テストコース
走行状態:市街地(2):テストコース(8)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター
参考燃費:--km/リッター




ヒュンダイ・クーペFX V6(6MT)【ブリーフテスト】の画像


ヒュンダイ・クーペFX V6(6MT)【ブリーフテスト】の画像


ヒュンダイ・クーペFX V6(6MT)【ブリーフテスト】の画像
写真をクリックすると、シートが倒れるさまが見られます。

写真をクリックすると、シートが倒れるさまが見られます。


ヒュンダイ・クーペFX V6(6MT)【ブリーフテスト】の画像


ヒュンダイ・クーペFX V6(6MT)【ブリーフテスト】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • アウディR8 V10プラスクーペ5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.10.13 試乗記 「アウディR8」の上級グレード「V10プラスクーペ5.2 FSIクワトロ」に試乗。610psを発する5.2リッターV10自然吸気ユニット搭載のスーパースポーツは、われわれに何を訴えかけてくるのだろうか。
  • ヒュンダイ・ソナタ2.4GLS(FF/4AT)【ブリーフテスト】 2006.2.3 試乗記 ……246万7500円
    総合評価……★★★

    ヒュンダイが世界戦略車と位置付ける「ソナタ」が日本に導入された。北米市場で「カムリ」「アコード」と販売合戦を繰り広げるミドルクラスセダンの実力はいかなるものか。


ホームへ戻る