【スペック】全長×全幅×全高=4880×1820×1445mm/ホイールベース=2910mm/車重=1710kg/駆動方式=FR/3リッターV6DOHC24バルブ(243ps/6800rpm、30.6kgm/4500rpm)

ジャガーSタイプ3.0スポーツ(5AT)【試乗記】

『もうひとつの顔』 2000.10.20 試乗記 ジャガーSタイプ3.0スポーツ(5AT) ……685.0万円ジャガーの販売台数を大きく伸ばした立て役者、Sタイプ。同車を買うような新しい顧客層、つまりより若い人たちの要望は、「スポーティ」。足まわりを硬めたSに、CG編集局長 阪 和明が乗った。

CATS標準、足を固めたSタイプ

ジャガーSタイプにスポーティモデルが追加された。Sタイプの日本市場向けの2000年ラインナップは「3.0V6」「3.0V6SE」「4.0V8」の3種だったが、今回新たに仲間入りした「3.0スポーツ」は、中間グレードの3.0 SEをベースに、足まわりが強化されたモデルである。

以前3リッター版にもオプションで用意されていた、ダンパーの減衰力調整および車体姿勢をコンピューター制御するCATS(コンピューター・アクティブ・テクノロジー・サスペンション)と、18インチのホイール/タイヤ、3.0SEにオプション設定のDSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)を標準装備するほか、ダンパーやスプリングも独自の仕様になる。その他、コノリーレザーのスポーツシートや6連装CDオートチェンジャーなども備える。

価格は3.0V6SEより45.0万円高い685.0万円。

すべてがしなやか

「スポーツ」とSEとの外観上の違いは、BBS製大径7本スポークホイールを履くことと、ボディサイドのプロテクトモールがないことくらいで、サスペンションが固められているとはいえ車高が低くなっているわけでもないし、無粋なエアロパーツが付けられているわけもない。「スポーツ」であることの主張は、あくまでさりげない。
けれどサポートのよいシートに身を沈め、走り始めれば、ただの雰囲気重視の「スポーツ」でないことがすぐわかる。鈴鹿サーキットの南コースという、英国の小規模サーキットを思い起こさせる恰好の場所が試乗の舞台だったのだが、ひとつ目のタイトコーナーをクリアした段階で、なかなかスポーティーなサスペンションに仕立てられていることに気付く。

2年ほど前に乗ったSタイプのCATS仕様車は、ただただ固い足のクルマであまりいい印象を持てなかった。今度の3.0スポーツは格段に進歩している。
洗練度を増したというか、スポーツサスペンションのセッティングが巧妙、ダンパー、スプリング、アーム類のすべてがしなやかに動いているようで、スムーズにミニサーキットを駆け抜けられるのである。
ロールはそれほど小さくないのだが、クルマの挙動は常に安定していて、245/40ZR18サイズのピレリP-Zeroは路面を捕らえて離さず、ドライバーにまったく不安を与えない。
DSCをオフにして走れば、大人気なくテイルを降り回すことも可能とはいえ、その滑り出しは唐突ではない。243psを発生する3リッターV6ユニットと5段ATとのマッチングもよく、なかなかどうしてスポーツの名にふさわしい軽快な走りっぷりである。

日本ではラグジュアリーなイメージが強いジャガーであるけれども、スポーツ性能もじつはジャガーのもうひとつの「顔」なのだ。ジャガーSタイプ3.0スポーツはあきらかにドライバーズカーであり、積極的に走ることの好きな人にはお薦めの1台といえるだろう。
もっとも、普通の路面の一般道での乗り心地がどうなのかも気になるところで、そのあたりはあらためてリポートしたいと思う。

(文=CG編集局長 阪 和明/写真=松本高好/テスト日=2000年10月4日)



ジャガーSタイプ3.0スポーツ(5AT)【試乗記】の画像


ジャガーSタイプ3.0スポーツ(5AT)【試乗記】の画像
BBSの7本ホイールが、「スポーツ」を主張する。そのほか、コノリーレザー製スポーツシート、6連続CDチェンジャーが標準で装備される。ジャガージャパンは、3.0「スポーツ」の販売台数を、全Sタイプの約2割、400台前後と予想する。

BBSの7本ホイールが、「スポーツ」を主張する。そのほか、コノリーレザー製スポーツシート、6連続CDチェンジャーが標準で装備される。ジャガージャパンは、3.0「スポーツ」の販売台数を、全Sタイプの約2割、400台前後と予想する。
関連記事
  • ジャガーXE 20dピュア(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.1 試乗記 スポーティーな走りが身上のジャガーのDセグメントセダン「XE」に、待望のディーゼルモデルが登場。完全自社開発の新世代パワーユニットと、今日のジャガーの特徴ともいえる絶妙なドライブフィールが織り成す走りに触れた。
  • ジャガー、「XE」「XF」のディーゼルモデルに充実装備の特別仕様車 2016.11.4 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2016年11月1日、ジャガーの4ドアセダン「XE」と「XF」の特別仕様車「ジェットディーゼルエディション」を設定し、受注を開始した。XEジェットディーゼルエディションは限定100台、XFジェットディーゼルエディションは限定30台の販売となる。
  • ジャガーXF 20dプレステージ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.9 試乗記 モジュラー構造のアルミボディーなど、先端技術が惜しみなく投じられているジャガーの新型「XF」。その真骨頂は、実は “オーソドックスないいクルマ”を目指しているところにあるといえそうだ。ディーゼルエンジンを搭載する中核グレードに試乗した。
  • ジャガー、新型「XFスポーツブレイク」のティーザー画像を公開 2017.5.18 自動車ニュース 英ジャガー・ランドローバーは2017年5月17日、新型「ジャガーXFスポーツブレイク」のティーザー画像を公開した。イギリスでは6月14日に正式発表される予定だ。
  • ジャガーが一部車種・グレードの価格を改定 2016.9.16 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2016年9月16日、ジャガーの一部車種・グレードについて価格を改定すると発表した。新価格は同年10月1日より適用される。
  • ジャガーXE S(FR/8AT)【ブリーフテスト】 2015.10.5 試乗記 ジャガーのミドルクラスサルーン「XE」、そのフラッグシップモデル「XE S」に試乗した。340psの3リッターV6スーパーチャージドエンジンを搭載するスポーツサルーンの実力を探る。
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
  • 新型「アストンマーティン・ヴァンキッシュS」日本上陸 2017.4.24 自動車ニュース アストンマーティンは2017年4月24日、フラッグシップモデル「アストンマーティン・ヴァンキッシュS」の新型を東京都内で披露した。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
ホームへ戻る