【スペック】Xタイプ3.0V6SE:全長×全幅×全高=4685×1790×1420mm/ホイールベース=2710mm/車重=1620kg/駆動方式=4WD/3リッターV6DOHC24バルブ(234ps/6800rpm、30.0kgm/3000rpm)/車両本体価格=525.0万円

ジャガーXタイプ(5AT)【海外試乗記】

ジャガーらしい 2001.08.21 試乗記 ジャガーXタイプ(5AT)噂の"ベイビージャガー"ことジャガー「Xタイプ」が、いよいよ世界の道を走り始める時がやってきた。日本では、2.5リッターモデルが「2.5V6」(425.0万円)「2.5V6スポート」(455.0万円)「2.5V6SE」(475.0万円)の3種類、3リッターは「3.0V6SE」(525.0万円)が用意される。日本での発売開始に先立ち、自動車ジャ−ナリスト、河村康彦がフランスで乗ってきた。

高いギアで粛々と走る

フランスの、ベルサイユ宮殿にほど近いリゾートホテルのエントランスにずらりと並んだジャガーXタイプのたたずまいは、ぼくの目には、先輩格にあたるSタイプ以上に「ジャガーしている」と映った。滑らかで優しい微妙な曲面によって構成されるボディは、XJシリーズに負けず劣らずの気品と優雅さをもつ。

ジャガーは、このクルマの直接のライバルとして、メルセデスベンツCクラスやBMW3シリーズを挙げる。前者のウリが「道具としてのトータルバランス」、後者が「スポーティな走りのテイスト」とすれば、Xタイプのそれは、まぎれもなく「デザイン」にあると思う。
インテリアの雰囲気も、質実剛健とした合理的イメージが最初に顔を覗かせるドイツのライバルとは明らかに異なる。まずは優しくソフトなタッチが印象に残る。ちょっと高めに位置する張りの強いダッシュボード、質感の高い木目パネル、そして厚み感の強いシート……。そこかしこに“ジャガーらしさ”が漂うXタイプのインテリア。
一方で、ジャガーファミリーの一員としては、ドアの閉まり音や樹脂パーツの質感などに、少々疑問が残るところもなくはない。このあたりは、早急にレベルアップを要するところだ。

日本製5段ATとジャガー製V6DOHCユニットからなるパワーパックは、Xタイプに"スポーティサルーン"と呼ぶにふさわしい動力性能を与えた。2.5/3リッターと2種類の排気量が用意されるなか、5段ATが適切なシフトを行うこともあり、2.5リッターモデルでも動きに鈍さは感じない。けれでも“ジャガー”のイメージに相応しい“高いギアを使って粛々と走る”というドライブフィールが欲しければ、「やはり選ぶのは3リッターモデル」というのが、ぼくの考えだ。

素直なハンドリングと高い高速直進性

乗り心地はなかなかにヨロシイ。意外だったのは45%扁平率の17インチタイヤにスポーツセッティング・サスペンションを組み合わせる「スポーツ」グレードのフットワークの方が、むしろ標準仕様よりも爽やかな乗り味を提供してくれる場面が少なくなかったことだ。路面の細かな凹凸上をトレースした場合、ばね下のウェットな動きの感触は、標準サスに16インチシューズを組み合わせたモデルの方が強めであったりもした。

FWD(前輪駆動)レイアウトを持つフォード・モンデオ(Xタイプとコンポーネンツを共有する)に対し、ジャガーならではの走りへのこだわりを示すという意味合いもあり、このクルマは「トラクション4」と呼ばれる4WDシャシーが標準となる。ただし単に“差別化”を目的としただけの4輪駆動でないことは、センターデフにプラネタリーギアを用い、前後アクスルに40:60という不等トルク配分を行うという凝ったシステムを採用した点からも明らか。
そうしたこだわりの甲斐あってか、ハンドリングは素直。静粛性の高さとあいまって、リラックスした高速ツーリングを堪能できたる。その陰には、4WDシステムのバックアップによる直進安定性の高さがあったのだろう。

(文=河村康彦/2001年5月)

3.0V6SE

3.0V6SE
2.5V6SPORT

2.5V6SPORT


ジャガーXタイプ(5AT)【海外試乗記】の画像
2.5V6

2.5V6

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ジャガーXE 20dピュア(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.1 試乗記 スポーティーな走りが身上のジャガーのDセグメントセダン「XE」に、待望のディーゼルモデルが登場。完全自社開発の新世代パワーユニットと、今日のジャガーの特徴ともいえる絶妙なドライブフィールが織り成す走りに触れた。
  • ジャガーXF 20dプレステージ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.9 試乗記 モジュラー構造のアルミボディーなど、先端技術が惜しみなく投じられているジャガーの新型「XF」。その真骨頂は、実は “オーソドックスないいクルマ”を目指しているところにあるといえそうだ。ディーゼルエンジンを搭載する中核グレードに試乗した。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――BMW 540i Mスポーツ(前編)NEW 2017.3.23 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回のテーマは新型「BMW 540i」。全方位的進化を遂げた“駆けぬける歓び”を、谷口はどう評価するのだろうか?
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
  • プジョー、ミドルクラスSUVの新型「3008」を発売 2017.3.14 自動車ニュース プジョーがミドルクラスSUVの新型「3008」を発売。既存のモデルから一新されたスタイリングが特徴で、直立したフロントマスクや高めのウエストラインなどにより、SUVらしさが強調されている。エンジンは1.6リッターターボで、駆動方式はFFのみとなる。
ホームへ戻る