【スペック】全長×全幅×全高=4685×1790×1420mm/ホイールベース=2710mm/車重=1520kg/駆動方式=FF/2リッターV6DOHC(159ps/6800rpm、20.4kgm/4100rpm)/車両本体価格=365.0万円

ジャガーXタイプ 2.0V6(5AT)【試乗記】

「安すぎる」と思ったけれど…… 2002.05.24 試乗記 ジャガーXタイプ 2.0V6(5AT)……365.0万円2002年5月21日、ジャガー「Xタイプ」に2.1リッターV6を搭載したエントリーモデル「X 2.0V6」のプレス向け試乗会が、千葉県は木更津で開催された。『Car graphic』の長期テスト車として、上級モデル「X 2.5SE」に乗る大川悠webCGエグゼクティブディレクターは、Xタイプの末弟に乗り、(ちょっと)悔しい思いをしたという。

DVDナビ付きで365.0万円

FWD(前輪駆動)のジャガー「X 2.0V6」の値段を聞いて「それはないよ!」と叫びたくなった。それまで他の上級Xタイプに、39.5万円ものオプションだったDVDカーナビが、なんと標準装備されて365.0万円というのだ。じゃあ、実質320.0万円ぐらいじゃないか、「実質320.0万円といえばあーた!、アウディだったらA3のクラスだし、BMWならコンパクトしか買えず、今度V6が出たモンデオと同じぐらいですよ(あっちは2.5リッターだけど)。ジャガーをそんな値段で売っていいの!」と言いたくなる。
いくら同時に、全Xタイプに同様のナビが標準になった(とともに10.0万円ずつ値上げされた)とはいえ、それまでたとえば425.0万円だった2.5リッターV6のベース版にカーナビを注文して464.5万円も払った客は、「ちょっと大きなエンジンと4WDで100.0万円もちがうのか!」と嘆きたくなる、と思う。

実はリポーターも、『Car Graphic』の長期テスト車として「X 2.5SE」に乗っている。オプションのカーナビは、高価なわりには使いにくいので注文しなかった。値段は他のオプションを除いて、475.0万円だった。
だから今度の2.0V6の安値作戦には、ちょっと裏切られたような気がしても仕方ないだろう。でも「安い!」と怒るのは、すでにXタイプに乗っている者の、一種の“奢り”である。良いものがより安くなってどうしていけないのか? という論議を前にすると反論のしようもない。
ともかくジャガーがどんどん地に降りてきたのを、まずは歓迎しておこう。一方で2002年の秋には、より高きを目指す新型「XJ」が出るはずだから、あとはジャガーのイメージを崩さないようなユーザーが新たに増え、一方ではサービス体勢がきちんと追いついてくれればいいだけだ。

「X 2.0 V6」のインテリアは、標準ではクロス表皮。写真はクラシックレザー内装で、オプション価格は21.0万円。

「X 2.0 V6」のインテリアは、標準ではクロス表皮。写真はクラシックレザー内装で、オプション価格は21.0万円。


ジャガーXタイプ 2.0V6(5AT)【試乗記】の画像

それなりに漂うジャガーネス

Xタイプが登場したときからそれが出ることは知っていたが、それでもXタイプのFWD(前輪駆動)は、何となくフォード内の自己矛盾のように思えた。周知のように、部品をたった20%しか共有していないとはいえ、Xタイプはフォード「モンデオ」と基本的に共通のプラットフォームを持つ。モンデオは悪いクルマじゃないとはいえ、ジャガーのイメージには合わない。だからこそXタイプは4WDを採用することで、はっきりとその立場を明瞭にしたはずなのだ。
でもそれがFWDとなると、ジャガーたる存在意義が小さくなる。それに20%という数字には、トリックもあるのだ。例えば前述のモンデオV6と比較すると、エンジン・ブロックは同系、JATCO製の5段ATも同系、フロントサスペンションもほぼ同じ、それに実はリアサスペンションも、そのリンク材質他の細部はともかく、基本レイアウトはモンデオのワゴン版と同じと、クルマの主要部分は公表以上に共用しているのである。

だからといってFWDのXタイプがモンデオみたいかというと、これまたまったく違って感じるのが面白かった。というかうれしかった。まだモンデオのV6には乗っていないから断言できないが、これとも基本性格が違うだろう。端的にいえば徹底的にプラグマティズムに徹したモンデオに対して、Xタイプはやはり雰囲気を大切にしたクルマだ。たとえ前の2輪しか駆動していなくても、また2.0の標準インテリアである、あまり高級そうではない布シートになり、そうでなくてもメープルウッド以外はそれほどありがたみを感じない内装をもっているにしても、それでもどこかにジャガーネスが漂っていた。
ひょっとしたら外観だけで、勝手にそう思いこんだのかもしれないが、それでもいいじゃないかとさえ感じる。今のクルマって、そんなことが大切なのだ。

FWDのハンディは克服された

前輪駆動たることがジャガーの“ドライビングテイスト”に悪影響を与えるのではないかという、誰もが最初に抱く疑問は、見事に裏切られる。
すでにヨーロッパでマニュアル仕様も経験しており、意図的にFWDの嫌な面が出やすいドライビングも試してあるが、巧妙なフロントサスペンション設計、英国はGKN社の新しいジョイント、等長ドライブシャフトなどによって、ステアリングへのトルク干渉はかなり抑えられている。意図的に回転を上げたまま、踏み続けていたブレーキを放すなどという実験をしても、ステアリングはあまり影響されない。ジャガー特有の繊細で、切り始めがしっとりとした感覚を守るのに懸命になったエンジニアの努力は、かなり報われていると感じた。

ただ普通の舗装面で4WDより劣るのは、高速道路で意図的に多少乱暴なレーンチェンジをしたときで、いわゆるヨーダンピングは「トラクション4」をもった兄貴分にはかなわない。正式には2.1リッター近くあるエンジンは、2.5リッターの198psと24.9kgmに対して159psと20.4kgmであり、JATCO製5段ATのギアリングは同じだから、多少の非力さは免れない。
しかし、そこは2輪駆動化による駆動抵抗の軽減や、約100kgの軽量化がカバーする。それに6800rpmのリミットまで回せば、生意気にジャガーの咆吼を真似する。兄貴分の2本出しに対してエグゾーストパイプは片側しか出ていないが、それでもちゃんと演出されたエキゾーストノートを残して走り去っていく。その後姿から300万円台を暴露してしまうのは、排気量を示すエンブレムが欠如しているだけに過ぎない。

実はリポーターをくやしがらせたのは乗り心地だった。どうもトラクション4のXタイプの乗り心地、特にリアの僅かな荒さはジャガーらしくない。だが、バネ下が軽いのが効いているのか、2.0は同じサイズのタイヤにもかかわらず、四駆版よりも当たりがソフトだった。しかも明らかに振動も少なかった。ただしスポンジーなブレーキは、相変わらずこのクルマの悪弊である。
値段を考えれば、本当に2.0はお買い得だと思う。立派なジャガーとして堂々と胸を張っていい。だからといってすでに400万円以上の2.5/3.0を買ってしまった人も、また悔しがる必要はまったくない。
トラクション4なる4WDシステム、そこにこそ100万円以上を払った最大の意味があるのだから。高速道路で激しい雨に遭遇したり、冬が到来したときに、改めて納得できるはずだ。

(文=大川悠/写真=高橋信宏/2002年5月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ジャガーXF 20dプレステージ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.9 試乗記 モジュラー構造のアルミボディーなど、先端技術が惜しみなく投じられているジャガーの新型「XF」。その真骨頂は、実は “オーソドックスないいクルマ”を目指しているところにあるといえそうだ。ディーゼルエンジンを搭載する中核グレードに試乗した。
  • ジャガーXE 20dピュア(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.1 試乗記 スポーティーな走りが身上のジャガーのDセグメントセダン「XE」に、待望のディーゼルモデルが登場。完全自社開発の新世代パワーユニットと、今日のジャガーの特徴ともいえる絶妙なドライブフィールが織り成す走りに触れた。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • ジャガー、「XE」「XF」のディーゼルモデルに充実装備の特別仕様車 2016.11.4 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2016年11月1日、ジャガーの4ドアセダン「XE」と「XF」の特別仕様車「ジェットディーゼルエディション」を設定し、受注を開始した。XEジェットディーゼルエディションは限定100台、XFジェットディーゼルエディションは限定30台の販売となる。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
ホームへ戻る