ジャガーSタイプ R(6AT)【試乗記】

色濃い「ジャガーらしさ」 2002.07.09 試乗記 ジャガーSタイプ R(6AT)……960.0万円1998年のバーミンガムショー以来、4年ぶりのマイナーチェンジを受けたジャガー「Sタイプ」。ニューバージョンの目玉は、6段(!)ATと、406ps(!!)ヴァージョン「R」。自動車ジャーナリスト、河村康彦が、Sタイプの最強モデルに乗った。

史上最強のサルーン

「弊社始まって以来の最強サルーン」。ジャガー社がそうアピールするのが、1998年にデビューし、このほど初のマイナーチェンジを受けた新型「Sタイプ」のニューモデル「R」だ。

4.2リッターV8DOHCユニットに、ジャガーが好んで使うスーパーチャージャーをドッキング。6100rpmという比較的低めの回転で、最高出力406psを発生する強心臓を得たこのクルマは、見た目も“別格”な存在。他のSタイプが、いかにも“英国調のジェントルかつフォーマル”なたたずまいを前面に押し出すのに対し、こちら「R」のエクステリアデザインは、コワモテ風な(?)雰囲気が持ち味(?)。ボディ色で統一されたフロントグリルサラウンドに収まる、細かい編み目模様のメッシュ状グリルが、いかにもスポーティ。フロント8J、リア9.5Jというファットなホイールに組み合わされるタイヤは、フロントが245/40の18インチ、リアは275/35の18インチ。強烈なタイヤサイズが、独特のオーラを周囲に放つのだ。

ド派手なホイールにファットなタイヤを履く、メルセデスベンツやBMWの“若頭仕様”を目にする機会はあるが、「R」のルックスはそれに対抗するにも十分な迫力である。もっともこちらには、目隠し効果を狙った濃色のウィンドウフィルムはきっと似合わない。そのあたりが、ジャガーとメルセデスベンツやBMWとの、ブランドイメージとの差ということにもなるのかもしれないが……。

200km/hは日常域

インテリア各部のデザインは、基本的に他のSタイプと同じ。「血縁関係にあるフォード・リンカーンLS用の構造と決別することによって実現できた」という新デザインのダッシュボード形状も、エントリーグレードの「2.5 V6」と同じだ。
タイプRは、木目パネルにダークグレー色のバーズアイメープルウッドを用いたことで、上品ななかにもスポーティな雰囲気をかもしだすことに成功した。日本では高級サルーンメーカーのイメージが強いジャガーだが、歴史を辿れば生粋のスポーツカーメーカー。ちょっとした見た目の演出手法は、さすがに巧みだ。

走りは力強い。アクセルペダルを軽く踏み込むだけで、メカニカルチャージャー独特のエンジン回転数にシンクロした高周波サウンドと共に、1.8トンのボディは重さを忘れさせる勢いでスピードを増す。このクルマにとっては、200km/hというスピードさえ“日常域”だ。そして、その気になればリミッターの利く250km/hという最高速度に、“苦もなく”到達できそうである。マイナーチェンジを受けたSタイプの全車に採用された、ZF社製6段ATとエンジンのマッチングは、このモデルの場合も良好。ちなみに100km/hでの走行は、1速以外のすべてのギアでこなすことができる。6速ギアでのクルージング走行時、エンジン回転数はわずかに1700rpmに過ぎない。





個性的な走り味

フットワークテイストは、「ジャガーらしさ」が色濃い。ドイツ車のような高い剛性感はないが、どこか身体にやさしい。路面からの振動をひと呼吸おいて乗員に伝えるような感触が、独特の走り味を演出する。しかも、前述のファットなシューズを履くこともあって、コーナリングの限界点は高い。とはいえ、このクルマに、路面にブラックマークを残すような走りは似合わない。
ちなみにこれまでのジャガーといえば、タイヤ開発を共同で行うイタリア「ピレリ社」との蜜月状態が知られてきたが、このトップモデルに限っては、ドイツ「コンチネンタル社」製の“スポーツコンタクト”を銘柄指定で採用した。シャシー担当エンジニアによれば、「ステアリングフィールに長ける点を買って、このタイヤをチョイスした」という。

実際このクルマのハンドリングは、見た目から想像するよりも軽快で正確。走りの性能を理詰めで評価する人にとって、その魅力はメルセデスベンツやBMWに及ばないかもしれない。しかし、“個性的な走り味”という点で一歩もひけをとらない質感の持ち主が、シャガーの“R”なのである。

(文=河村康彦/写真=難波ケンジ/2002年7月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Sタイプの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジャガーXE 20dピュア(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.1 試乗記 スポーティーな走りが身上のジャガーのDセグメントセダン「XE」に、待望のディーゼルモデルが登場。完全自社開発の新世代パワーユニットと、今日のジャガーの特徴ともいえる絶妙なドライブフィールが織り成す走りに触れた。
  • ジャガーXF 20dプレステージ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.9 試乗記 モジュラー構造のアルミボディーなど、先端技術が惜しみなく投じられているジャガーの新型「XF」。その真骨頂は、実は “オーソドックスないいクルマ”を目指しているところにあるといえそうだ。ディーゼルエンジンを搭載する中核グレードに試乗した。
  • 第3回:話題のモデルが続々登場!
    輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~
    2017.2.28 特集 ディーゼルの魅力とスポーティーな走りを追求した「ボルボV40」に、話題の新型「フォルクスワーゲン・ティグアン」、3気筒の「BMW 3シリーズ」、そして四駆の「アウディTT」。webCG編集部員が注目した、400万円から600万円のオススメモデルを紹介する。
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
  • プジョー、ミドルクラスSUVの新型「3008」を発売 2017.3.14 自動車ニュース プジョーがミドルクラスSUVの新型「3008」を発売。既存のモデルから一新されたスタイリングが特徴で、直立したフロントマスクや高めのウエストラインなどにより、SUVらしさが強調されている。エンジンは1.6リッターターボで、駆動方式はFFのみとなる。
ホームへ戻る