【スペック】全長×全幅×全高=4880×1820×1445mm/ホイールベース=2910mm/車両重量=1780kg/駆動方式=FR/4.2リッターV8DOHC32バルブ(304ps/6000rpm、42.9kgm/4100rpm)/車両本体価格=745.0万円(テスト車=772.0万円/キセノンヘッドランプ(11.0万円)/電動スライディング/チルト機能付きガラスサンルーフ(16.0万円))

ジャガーSタイプ 4.2V8【試乗記】

手抜かりない見直し 2002.08.02 試乗記 ジャガーSタイプ 4.2V8
……772.0万円

リンカーンLSとの部品共用が意外な不評を招いたジャガー「Sタイプ」。デビュー以来4年ぶりのビッグマイナーチェンジで、インテリアに大きく手を入れ、またエンジンラインナップを大幅に拡充した。自然吸気の4.2リッターV8を搭載する最もラグジュアリーなモデルを、自動車ジャーナリストの笹目二朗がハード面から分析する。

余裕のあるチューン

「ジャガーSタイプ」が、1998年のバーミンガムショーに登場以来、初の大規模なマイナーチェンジを受けた。外観の変更は少なく、グリル周辺の処理が変わった程度だが、内装やエンジン、トランスミッションやサスペンションなど、80%ものパーツにおいて変更が実施されたという。その結果、プラットフォームを共用する兄弟車、リンカーン「LS」との差別化がさらに進んだ。

V8エンジンについては、ストロークが85.0mmから90.3mmに延長され、排気量は従来の4リッターから4.2リッター(4196cc)に拡大された。パワーとトルクは、それぞれ304ps/6000rpmと42.9kgm/4100rpmである。
エンジンをパワーアップするのに、排気量を拡大するのは常套手段である。ボアを広げればシリンダー壁が薄くなり、騒音が増す。一方、今回のようにストロークを伸ばせば、クランクシャフトとピストンをつなぐコンロッドが短くなって、ピストンの首振りが大きくなる。よって高回転での振動などに問題が出がちだ。

ジャガーの「AJ-V8」ユニットは、「軽量コンパクト」という量産廉価型の設計と違い、当初より余裕をもった設計がなされた。“余裕”を示すよりどころとして、コンロッドの長さとストロークの比率を表す「コンロッドレシオ」がある。ストローク量でコンロッドの長さを割った値で、この値が大ききれば大きいほどコンロッドの長さが相対的に長い、つまりピストンの首振りが極力抑えられ、またストロークを延ばす余地があるわけだ。
ジャガーV8の場合、マイナーチェンジ前の4リッター時代で「2.2」もあった。今回の進化型でもまだ「2」以上ある。ちなみに、直列6気筒ながら、高回転型エンジンであるBMW「M3」のコンロッドレシオは「1.5」しかないのだ。
よって今度の4.2リッターV8は、まだまだ余裕のあるチューンといえる。4.88mと大きく、1760kgもある重いボディを、強引かつ滑らかな加速で導くのだ。

高級感を増した外観

ATトランスミッションは、これまでのフォード製5段ATから、BMW「7シリーズ」が採用したZF製6段ATに換装された。これはギア比までBMW7シリーズと同じものだ。
換装された理由は、「2〜3速へシフトアップする際のショックが大きかったから」とのこと。個人的には、旧タイプの方が1〜2速間が超クロースしていて楽しかっただけに、フツーになってしまった6段化を手放しで喜ぶことができない。1〜3速までがワイドで、4〜6速と上をクロースさせても、現実にはせいぜい140km/h程度までしか問題にならないのだから、一般走行における変速のスムーズさは、かつての4段AT時代とあまり変わらないような気がする。とはいえ、そんなことに頓着せずに乗れば、絶対的には鋭い加速とスムーズな変速に終始する。独自のJ字タイプのシフトゲートには、左側のポジションがひとつ増え、「5〜2」までのポジションが並ぶようになった。

新しいSタイプの外観上の変更点は少ないが、効果的に行われた。これまではポカンと子供が口を開いたようなグリル処理が不評だったが、今度はより立体的な縁取りがなされ、高級感を増した。ジャガーSタイプは、4.2リッターV8で745.0万円もする高級車である。それに見合う高級感の演出には、惜しみない努力が必要。最初からこうした神経を遣うべきだったのだが、今回のマイナーチェンジは、そうしたところが手抜かりなく見直された。





ジャガーらしい豪華さ

サスペンションは、形式こそダブルウィッシュボーンで同じながら、フロントはアルミ軽合金を多用した新設計のものとなり、リアもサブフレームを介する二重防振タイプになった。これらは「乗り心地」や「静粛性」を向上させるための改良であり、従来から定評ある「操縦安定性」も同時にリファインされた。限界域で過度のアンダーステアやオーバーステアに陥った際には、「ダイナミックスタビリティコントロール」(DSC)が働き、各輪が独立して制御されるブレーキで、乱れた姿勢をニュートラル方向に修正してくれる。
ボディ剛性の強化も、今回の大きな改良項目である。サスペンションの変更と共に、よりガシッとしたボディ剛性は、操縦安定性だけでなく、乗り心地やロードノイズなど静粛性の面で大きな効果をあげている。

ハード面での改良もさることながら、内装の仕上げがよりジャガーらしくなった。センターコンソールをはじめインパネ形状の全面的な見直しが行われ、以前にも増してウッドとレザーによる豪華仕上げがなされた点は、ジャガーオーナーの関心事だろう。また、全グレードの標準装備されるナビゲーションシステムは、CDからDVD方式に変わった。Sタイプの新しいオーナーは、保存情報が約8倍に増えたことによる便利さを享受できるようになったわけだ。オーディオ装備では、「カセット+ラジオ」および「6連奏CDオートチェンジャー」が標準で装備される。オプションで「CDプレイヤー」ほか、「MDプレーヤー」が装着できるようになったのも朗報か。

(文=笹目二朗/写真=難波ケンジ/2002年7月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Sタイプの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジャガーXE 20dピュア(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.1 試乗記 スポーティーな走りが身上のジャガーのDセグメントセダン「XE」に、待望のディーゼルモデルが登場。完全自社開発の新世代パワーユニットと、今日のジャガーの特徴ともいえる絶妙なドライブフィールが織り成す走りに触れた。
  • ジャガー、新型「XFスポーツブレイク」のティーザー画像を公開 2017.5.18 自動車ニュース 英ジャガー・ランドローバーは2017年5月17日、新型「ジャガーXFスポーツブレイク」のティーザー画像を公開した。イギリスでは6月14日に正式発表される予定だ。
  • ジャガー、「XE」「XF」のディーゼルモデルに充実装備の特別仕様車 2016.11.4 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2016年11月1日、ジャガーの4ドアセダン「XE」と「XF」の特別仕様車「ジェットディーゼルエディション」を設定し、受注を開始した。XEジェットディーゼルエディションは限定100台、XFジェットディーゼルエディションは限定30台の販売となる。
  • ジャガーが一部車種・グレードの価格を改定 2016.9.16 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2016年9月16日、ジャガーの一部車種・グレードについて価格を改定すると発表した。新価格は同年10月1日より適用される。
  • ジャガーXF 20dプレステージ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.9 試乗記 モジュラー構造のアルミボディーなど、先端技術が惜しみなく投じられているジャガーの新型「XF」。その真骨頂は、実は “オーソドックスないいクルマ”を目指しているところにあるといえそうだ。ディーゼルエンジンを搭載する中核グレードに試乗した。
  • ジャガーXE S(FR/8AT)【ブリーフテスト】 2015.10.5 試乗記 ジャガーのミドルクラスサルーン「XE」、そのフラッグシップモデル「XE S」に試乗した。340psの3リッターV6スーパーチャージドエンジンを搭載するスポーツサルーンの実力を探る。
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
ホームへ戻る