メガーヌとトゥインゴの「RS」が仕様変更

2012.06.26 自動車ニュース

ルノーの「メガーヌRS」「トゥインゴ ゴルディーニRS」が仕様変更

ルノー・ジャポンは2012年6月26日、一部仕様が変更された「メガーヌ ルノースポール」と「トゥインゴ ゴルディーニ ルノースポール」を今夏日本に導入すると発表した。

「メガーヌ ルノースポール」は、2011年2月に国内で発売されたルノーのハイパフォーマンスクーペ。そのマイナーチェンジ版が、間もなく導入される。
最新型は、排気量はそのままに2リッター直4ターボエンジンのアウトプットを250psと34.7kgmから265psと36.7kgmへとアップ。基本的な装備やボディーカラーについても変更が加えられる。これまで左に限定されていたハンドル位置も右側に変わる。

また、ホットハッチ「トゥインゴ ゴルディーニ ルノースポール」の新型も発売される。
これは、2011年9月のフランクフルトモーターショーで発表された「トゥインゴ」のマイナーチェンジ版をベースとするもので、エンジン性能こそ変わらないものの、フロント周りを中心に見た目は大幅に変更される。

(webCG 関)

マイナーチェンジでエンジンがパワーアップした「ルノー・メガーヌ ルノースポール」。
マイナーチェンジでエンジンがパワーアップした「ルノー・メガーヌ ルノースポール」。
 
メガーヌとトゥインゴの「RS」が仕様変更の画像
新型「トゥインゴ ゴルディーニ ルノースポール」
新型「トゥインゴ ゴルディーニ ルノースポール」
 
メガーヌとトゥインゴの「RS」が仕様変更の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

トゥインゴR.S.の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る