トップにもどる
スバル
富士重工業は、「ドライビング・エモーション」をテーマに、“走り”のブランドイメージを追求する。ジマンの水平対向エンジン、4WDシステムといった独自システムを中心に、安全、環境を取り入れた内容。なかでも「ハイブリッド4WDシステム」を採用した「HM-01」、次世代ワゴン「WX-01」は注目に値する。


【スペック】全長×全幅×全高=4795×1840×1630mm/ホイールベース=2750mm/駆動方式=VDC-4WD/3リッター水平対抗6気筒DOHC16バルブ(220ps/6000rpm 、29.5kgm/4400rpm)

WX-01

ワゴン・ブランドとしても評価の高いスバルの提案する次世代ワゴン(ワゴンの進化型)が、このWX-01。「7人乗車が可能な新コンセプトのマルチ・パッセンジャーカー」をテーマに開発されたこのモデルは、ホイールベース2750mmの新プラットフォームに自慢のフラット6を搭載。7人分の快適な居住空間とレガシィツーリングワゴン並みのラゲッジスペース、ドライバーが心ゆくまで走りを楽しめるパッケージングを実現させたという。

【スペック】全長×全幅×全高=3425×1505×1475mm/ホイールベース=2310mm/駆動方式=ハイブリッド4WD/0.66リッター直4SOHC+後輪42V電動(46ps/6000rpm 、5.9kgm/5200rpm)

HM-01

HM-01は、「エモーショナルであること」を意識して開発された次世代コンパクトカー。全長3425mmというコンパクトサイズ、懐かしのスバル360のデザインモチーフを生かしたレトロ・モダンなスタイルながらも、中味には新技術が満載。前輪にガソリンユニット、後輪はモーターで駆動する、小型・軽量のハイブリッド4WDシステムを採用。
インテリアは、アルミ削り出し素材と、明るい内装色の採用などでポップなイメージの演出に成功している。

【スペック】全長×全幅×全高=4630×1695×1410mm/駆動方式=4WD/2リッター水平対抗4DOHC16バルブツインターボ(280ps/6500rpm、5.0kgm/5000rpm、

レガシィ B4 BLITZEN 2002model
(ビー フォーブリッツエン)


レガシィB4をベースに、ポルシェデザイン社が意匠を担当したモデルがブリッツェン。これは、その3作品目にあたる。2000年にリリースされた初代モデルのスポーティーさを継承しながら、エレガンスとダイナミズムを追加。「デザインの進化」をテーマに開発されたという。具体的には、フロント、リアのバンパー形状を小変更、ホイールも新デザインとし、より力強い印象を与えるフォルムとなった。マッキントッシュオーディオが用意されるなど、装備の充実も図られている。

【スペック】全長×全幅×全高=4680×1695×1485mm/駆動方式=4WD/2リッター水平対抗4DOHC16バルブツインターボ(260ps/6000rpm 、2.5kgm/5000rpm、

レガシィ ツーリングワゴン AVIGNON(アビニョン)

“ラテンの碧い風”をコンセプトに、ドレスアップを施されたモデル。薄いブルーのボディーカラーを纏い、そのインテリアは、白色とレンガ色を基調にしつらえられている。これらのカラーリングは、南仏海岸に見られる紺碧の海、白壁の家、鮮やかな屋根瓦をイメージしたものであるとのこと。ちなみに車名にある「アヴィニョン」とは中世から栄えた南仏の都市で、ユネスコの世界遺産にも指定されている。

【スペック】全長×全幅×全高=4415×1695×1475mm/車両重量=1380kg/駆動方式=4WD/2リッ
ター水平対抗4DOHC16バルブターボ(250ps/6000rpm 、34.0kgm/3600rpm)

インプレッサ スポーツワゴン type EURO
(タイプ ユーロ)

エクステリアをポルシェデザイン社が手がけたスペシャルモデル。レガシィをベースに製作された「BLITZEN」に続く、両社コラボレーションの第2弾だ。左右に大型エアスクープが空けられたフロントバンパーや、ボリューム感のあるサイドスポイラーがクルマ全体をマッシブなシルエットに仕立て上げている。さらに、その演出に一役買っているのが「ハイパーメタリックグレー」のカラーリング。金属光沢を強調する特殊なシルバー塗装である。

【スペック】全長=約4940mm/車両重量=約1586kg/駆動方式=4WD/2.5リッター水平対抗4DOHCスーパーチャージャー(230hp/5600rpm , 210lb.-ft/4000rpm)

ST-X

スバル・オブ・アメリカのプロデュースにより、2000年のロサンゼルスオートショーで発表されたモデルがこの「ST-X」。レガシィランカスターの米国仕様車「アウトバック」をベースとした4シーターピックアップである。リアシートを折り畳むことでカーゴスペースを前方に延長可能な「スイッチバックシステム」の採用と、スーパーチャージャー付2.5リッター水平対向4気筒エンジンが生み出す力強い走りが特徴とのこと。

【スペック】全長×全幅×全高=3395×1475×1580mm/車両重量=850kg/駆動方式=FF/0.66リッター直4SOHC16バルブスーパーチャージャーインタークーラー付(250ps/6000rpm 、34.0kgm/3600rpm)

プレオ SURFING(サーフィン)

鮮やかなグリーンのボディが目を引く、プレオベースのスタディ・モデル。軽快な走りを生かして、街中を飛び回るスポーティ・ミニを表現したというそのデザインは、軽やかにウェブサイトを飛び回る“ネットサーフィン”をイメージしたもの。シンプルな形状の外装部品(フロントバンパー、グリルなど)を装着し、ポップな内装(エクセーヌ地も使用した豪華なもの)の採用とも相まって、コンパクトなボディの中に伸びやかなボリューム感をも実現したという。