トップにもどる
アメリカ



CTS

キャディラック

新型セダン「CTS」を出展する。「セビル」「ドゥビル」といった大型FFセダンを中心とするキャディラックが久々に世に出す、FR(後輪駆動)モデル。「シグマ」と呼ばれる新型プラットフォームは、今後のキャディラックモデルの基本となるもの。2.6リッター/3.2リッターのV6と、GM初の電子制御5段AT「5L40-Eハイドラマチック」、キャディラックとしては久々の5段MTを組み合わせる。2002年中に販売開始予定。

トレイルブレイザー

シボレー

2001年9月に日本で発表された新型クロスカントリー「トレイルブレイザー」を出展する。新開発のラダーフレームシャシーに、従来のブレイザーよりひとまわり大きな5ドアボディを載せた、シボレー期待のブランニュー4WDモデル。心臓部には、新開発の4.2リッター直6ユニットを搭載する。
ほかには、2001年ルマン24時間レースでクラス優勝した「コーヴェットC5-R」や、「カマロ」などを展示する。

サンダーバード

フォード

1997年の生産中止から4年、「サンダーバード」が、2シーターオープンとなって帰ってきた。99年のデトロイトショーでコンセプトカーとして発表。今回出品されるモデルは、01年のデトロイトでデビューした量産モデルだ。リンカーン「LS」をベースに、レトロ調のオープンボディを被せ、心臓部に252psを発する3.9リッターV8を載せる。組み合わされるトランスミッションは、ノイズ、振動を低レベルに抑えたというクロスレシオの5段AT。駆動方式はRWDとなる。ハードトップに、初代を彷彿とさせる丸いオペラウィンドウが備わるのが泣かせる。このほか、映画『ブリット』で、スティーブ・マックイーンがサンフランシスコを疾走した、1968年型「マスタングGT390」をイメージした5500台の特別限定モデル「マスタング・ブリットGT」も展示する。

PTクルーザーコンバーチブル

クライスラー

2001年のニューヨークショーで披露した、「PTクルーザー」ベースのコンセプトカー「コンバーチブル」を展示。2ドアのオープンボディ、デザイン上のアクセントにもなる安全用ロールオーバーバー、大径19インチのアルミホイール、グッと落とした車高など、カッコよく仕上がっている。あくまでコンセプトモデルだが、市販化をのぞむ声が高まるのは必至だろう。

チェロキー

ジープ

ジープからは、フルモデルチェンジを受けた「チェロキー」(本国名リバティ)が出展される。機関面をほとんど一新、フロントサスペンションを独立懸架式とし、3.4リッターV6ユニットを積んだ新型は、アメリカンSUVを代表に相応しい出来という。
このほか、「グランドチェロキー」や「ラングラー」なども披露する。