トップにもどる
フランス



タリスマン

ルノー

フランクフルトショーでお目見えした高級4シータークーペ「タリスマン」。日産とルノーのコラボレーションにより生まれたこのコンセプトカーは、左右に大きなガルウィングをもつのが特徴。Bピラーはなく、前後席へは1枚ドアのみでアクセスできる。エンジンは「日産シーマ」と同じ4.5リッターV8だ。
加えて、フラッグシップセダン「ヴェルサティス」や「アヴァンタイム」など、スタイリッシュなモデルを展示する予定。

C3

シトロエン

フランクフルトショーでデビューした「C3」が早くも登場。PSAグループのプジョー「206」と車台を共有するコンパクトハッチは、かつての名車「2CV」を彷彿とさせるスタイリングを特徴とする。
エグザンティアの後継「C5」や、マイナーチェンジされた「クサラ」なども合わせて見ておきたい。

307SW

プジョー

2001年10月に日本導入が始まった「307」。そのワゴン版たるコンセプトカー「307SW」が出展される予定。3列シートを採用、ユーティリティを重視した5ドアワゴンの市販が待たれるところだ。
もちろん、発売されたばかりの「307」、「206」やそのオープンモデル「206CC」など、現行ラインナップも出展する。