新型「三菱ミラージュ」は99万8000円から

2012.06.25 自動車ニュース

新型「三菱ミラージュ」は99万8000円から

三菱自動車は2012年6月25日、新型コンパクトカー「ミラージュ」の予約注文を、全国の系列販売会社で6月26日から受け付けると発表した。発売は8月末を予定している。車両価格は99万8000円から。

新型「ミラージュ」は、全車が1リッター直3MIVECエンジンを搭載。ベースモデルの「E」、実用装備重視の「M」、快適装備を充実させた「G」という3種類のグレードが用意され、車両価格はE:99万8000円、M:118万8000円、G:128万8000円となる。受注開始とともに、5万2500円分のディーラーオプションをプレゼントするキャンペーンを実施するなどして販売増を狙う。

「M」および「G」グレードでは、アイドリングストップ機構などの環境技術の採用により、JC08モードで27.2km/リッターの燃費を実現。これにより、環境対応車普及促進税制(エコカー減税)による減税措置が適用され、自動車取得税と自動車重量税が免税となる。

「E」グレードについては、アイドリングストップ機構は非搭載ながら、軽量化や走行抵抗および空気抵抗の低減などにより、同23.2km/リッターを達成した。こちらは、自動車取得税と自動車重量税が75%減税となる。

“低燃費、コンパクト、低価格”が基本コンセプトの新型「ミラージュ」は、先進国における環境対応車と、新興国におけるエントリーカーというニーズを両立させた、新しいグローバルコンパクトカーとうたわれる。

生産拠点のタイでは2012年3月に発売され、6月20日時点で受注台数は2万7000台に達した。また6月には、タイ以外のアセアン諸国への出荷も開始された。日本仕様車は8月末の発売に向け、7月上旬に量産が開始される予定だ。

(文=工藤考浩)

「三菱ミラージュ」
「三菱ミラージュ」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ミラージュの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 顔立ち一新、三菱ミラージュがマイナーチェンジ 2015.12.18 自動車ニュース 三菱がコンパクトカー「ミラージュ」をマイナーチェンジし、2016年1月14日に発売する。改良の内容は転支援システム「e-Assist」の採用や内外装デザインの変更など、装備の強化と内外装の質感の向上が主となっている。価格は138万240円~148万5000円。
  • 三菱ミラージュ1.2G(FF/CVT)【試乗記】 2015.2.6 試乗記 三菱のコンパクトカー「ミラージュ」に、1.2リッターエンジンを搭載した新グレードが登場。試乗を通して、日本で求められるコンパクトカーのあり方を考えた。
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • スズキ・ワゴンR ハイブリッドFZ(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.25 試乗記 軽ハイトワゴンの元祖「スズキ・ワゴンR」が6代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームやマイルドハイブリッドシステムの採用などで話題を集める新型の実力を、上級グレード「ハイブリッドFZ」で試した。
ホームへ戻る