【スペック】全長×全幅×全高=5010×1895×1390mm/ホイールベース=2970mm/車重=1880kg/駆動方式=FR/3リッター直6DOHC24バルブターボ(320ps/5800rpm、45.9kgm/1300-4500rpm)/価格=986万円(テスト車=1121万6000円)

BMW 640iグランクーペ(FR/8AT)【試乗記】

「グランクーペ」というカテゴリー 2012.06.25 試乗記 BMW 640iグランクーペ(FR/8AT)
……1121万6000円

「カブリオレ」「クーペ」に続く「6シリーズ」の派生モデルとして登場した「6シリーズ グランクーペ」。BMW初となる“ラグジュアリー4ドアクーペ”の走りを試した。

クーペが先か、セダンが先か

2012年6月5日に「BMW6シリーズ グランクーペ」の日本での販売が始まり、これで「メルセデス・ベンツCLSクラス」、「アウディA7スポーツバック」と、4ドアクーペの役者がそろった。

この中で6シリーズ グランクーペが最後発ということになるけれど、それだけではなく他モデルとは少し成り立ちが違う。ライバルたちは、あくまで4ドアのセダンがベース。これを低くすることで、かっちょよさを狙った。一方、6シリーズ グランクーペは2ドアクーペに2枚のドアを加えることで4ドアクーペに仕立てたのだ。

乱暴に言うと、6シリーズ グランクーペは前後に引っぱって4ドアクーペにしたのに対して、ほかのモデルは上から押しつぶして低くした。実際、6シリーズ グランクーペの全高は1390mmと、CLSクラスの1415mm、A7スポーツバックの1430mmに比べて低く、全体のたたずまいもよりクーペっぽい。

6シリーズ クーペと基本的には同じ造形のインテリアには驚かないけれど、運転席に座った時の余裕たっぷりの頭上空間には驚いた。「かっこいいから多少窮屈でも我慢しよう」と思っていたのに、うれしい誤算だ。デザインと使い勝手がバランスしている。
6シリーズのグランクーペ、「4ドアクーペ」の「4ドア」の部分に関しては最後発であるけれど、「クーペ」の部分に関しては1976年の初代「6シリーズ」からの伝統があるのだ。カッコよさと快適さを両立するワザには年季が入っている。

10.2インチのワイドな高解像度ディスプレイをはじめ、基本的には6シリーズ クーペと共通のインテリア。テスト車には、オプションのM Sportパッケージが備わり、アルカンタラとナッパレザーのコンビネーションインテリア、フロントスポーツシート、Mスポーツレザーステアリングホイールなどが装着されていた。
10.2インチのワイドな高解像度ディスプレイをはじめ、基本的には6シリーズ クーペと共通のインテリア。テスト車には、オプションのM Sportパッケージが備わり、アルカンタラとナッパレザーのコンビネーションインテリア、フロントスポーツシート、Mスポーツレザーステアリングホイールなどが装着されていた。
撮影用に用意されていたセミオーダーメードの「Individual」仕様のインテリアにはため息。インテリアだけで約150万円のプラスα。このクルマは、できればここまでやって乗りたい。
撮影用に用意されていたセミオーダーメードの「Individual」仕様のインテリアにはため息。インテリアだけで約150万円のプラスα。このクルマは、できればここまでやって乗りたい。
【テスト車のオプション装備】
電動ガラスサンルーフ=18万5000円/M Sportパッケージ=60万円/ダイナミック・ダンピング・コントロール=18万8000円/ソフトクローズドア=9万円/パーキングアシスト=7万3000円/LEDヘッドライト=22万円
【テスト車のオプション装備】
	電動ガラスサンルーフ=18万5000円/M Sportパッケージ=60万円/ダイナミック・ダンピング・コントロール=18万8000円/ソフトクローズドア=9万円/パーキングアシスト=7万3000円/LEDヘッドライト=22万円

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

6シリーズ グランクーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る