第8戦ヨーロッパGP決勝結果【F1 2012 速報】

2012.06.24 自動車ニュース

【F1 2012 速報】第8戦ヨーロッパGP、アロンソが今季初の2勝目

F1世界選手権第8戦ヨーロッパGP決勝が、2012年6月24日、スペインのバレンシア市街地コース(5.419km)を57周して行われた。

ポールポジションからトップを快走していたレッドブル・ルノーのセバスチャン・ベッテルが、レース半ばにしてマシントラブルでリタイア。かわって首位に立ったのは、11番グリッドからスタートした母国の英雄、フェラーリのフェルナンド・アロンソだった。
これまで7戦して7人のドライバーが優勝してきた混戦の2012年。8戦目で勝利したフェラーリのエースは、今季初めて2勝したドライバーとなり、チャンピオンシップでも1位に返り咲いた。

2位はロータス・ルノーのキミ・ライコネン。タイヤに苦しむマクラーレン・メルセデスのルイス・ハミルトンを抜きアロンソを追ったが、8人目の勝者にはなれず。今季3度目の表彰台、2回目の2位の座を獲得した。

3位はメルセデスのミハエル・シューマッハー。ハミルトンがレース終盤接触でリタイアしたことで、7度ワールドチャンピオンになった大ベテランは、2010年のF1復帰後初のポディウムにのぼることができた。

レッドブルのマーク・ウェバーが予選19位から4位、善戦したフォースインディア・メルセデスは、ニコ・ヒュルケンベルグ5位、6位に終わったメルセデスのニコ・ロズベルグを間に挟み、ポール・ディ・レスタが7位に入りダブル入賞した。
苦戦が続くマクラーレンのジェンソン・バトン8位、ザウバー・フェラーリのセルジオ・ペレスは9位、そしてウィリアムズ・ルノーのパストール・マルドナドが10位でチェッカードフラッグを受けた。

以下、11位ブルーノ・セナ(ウィリアムズ)、12位ダニエル・リチャルド(トロロッソ・フェラーリ)、13位ビタリー・ペトロフ(ケイターハム・ルノー)、14位ヘイキ・コバライネン(ケイターハム)、15位シャルル・ピック(マルシャ・コスワース)、16位フェリッペ・マッサ(フェラーリ)、17位ペドロ・デ・ラ・ロサ(HRTコスワース)、18位ナレイン・カーティケヤン(HRT)、19位ルイス・ハミルトン(マクラーレン)が完走となった。

【追加情報】
ファイナルラップでルイス・ハミルトンと接触したパストール・マルドナドに、レース後、20秒加算のペナルティが科された。これにより10位でフィニッシュしたマルドナドは12位に後退。ウィリアムズのチームメイト、ブルーノ・セナが繰り上がり10位入賞を果たした。


第2戦マレーシアGPに次ぐ2勝目をマークしたアロンソが111点とし、ランキング2位のウェバーを20点突き放しポイントリーダーに。ハミルトンが88点で3位、ベッテルは85点で4位、ロズベルグは75点で5位につけている。
コンストラクターズチャンピオンシップでは、レッドブルが176点で首位を堅守。2位マクラーレンは137点、3位ロータスは126点、4位フェラーリ122点、5位メルセデス92点という上位の顔ぶれである。

(文=bg)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。