3代目「ポルシェ・ボクスター」日本上陸

2012.06.22 自動車ニュース
新型「ポルシェ・ボクスターS」
3代目「ポルシェ・ボクスター」日本上陸

3代目「ポルシェ・ボクスター」日本上陸

ポルシェジャパンは2012年6月22日、オープン2シータースポーツカー「ポルシェ・ボクスター」の新型を国内で公開した。

東京・六本木における披露会でのひとこま。「ボクスターS」を囲むのは“ガールズユニット”「モデルガールズ」の面々。
3代目「ポルシェ・ボクスター」日本上陸
サイドビュー。ホイールベースは先代モデルより60mm延長された。
3代目「ポルシェ・ボクスター」日本上陸
アルミホイールのサイズは、「ボクスター」が18インチ。「ボクスターS」には19インチのものが与えられる。
3代目「ポルシェ・ボクスター」日本上陸

■面影そのまま大変身

2012年6月1日に国内で受注が始まった、新型「ポルシェ・ボクスター」。今回のモデルは3代目にあたるもので、これまでと同様に、ベーシックな「ボクスター」とパフォーマンスが高められた「ボクスターS」の2車種がラインナップ。いずれも、一新された内外装、軽量化された車体、より効率が高められたエンジンなどが見どころとなっている。

エクステリアは“ひと目でボクスターと分かるデザイン”を採用。ただし、フロントウィンドウを寝かせるなどしてこれまでより流麗なシルエットが目指されるとともに、フロントフェンダーからドア、リアランプにかけては起伏に富んだ意匠が施され、躍動感も表現されている。

ボディーサイズは、全長×全幅×全高=4374×1801×1282mm(以下、数値は全て欧州仕様車)。ホイールベース(2475mm)はこれまでより60mm延長され、トレッドも拡大された(前:+40mm、後ろ:+18mm)ものの、外寸の変化はごくわずかにとどめられた。しかもその車重は、主にアルミやマグネシウムなど軽量な素材の使用比率が高められたことで、モデルにより25〜35kg軽くなっている。

ルーフは、これまで通り電動式のソフトトップだ。開閉に要する時間は、ジャスト9秒。50km/h以下であれば、走行中でも操作ができる。ほろの素材を見直すなどして、100km/h走行時に知覚される騒音のレベルを半減させたというのも自慢である。

一方、インテリアには、なだらかに傾斜するセンターコンソールなど、スーパースポーツモデル「カレラGT」のデザイン要素が盛り込まれる。スポーティーな“包まれ感”はキープしながらも、レッグルームを25mm拡大したり、ステアリングホイールやシートの調節しろを増やしたりと、居住性の向上にも配慮したという。
パーキングブレーキは、他のポルシェ車と同じ電動式に。ラゲッジスペースは、これまでどおり、ボンネット下(150リッター)とリアエンド(130リッター)の2カ所に確保されている。

インテリアの様子。センターコンソールの形状は、V10エンジンを搭載するポルシェのスーパースポーツ「カレラGT」のエッセンスを取り入れたもの。
3代目「ポルシェ・ボクスター」日本上陸
写真のストップウオッチは、オプション「スポーツクロノパッケージ」に含まれる。
3代目「ポルシェ・ボクスター」日本上陸
(新型「ポルシェ・ボクスター/ボクスターS」のその他写真はこちらから)
3代目「ポルシェ・ボクスター」日本上陸

■“走りのハイテク”も進化

ミドに搭載されるエンジンは、「ボクスター」が2.7リッター(265ps/6700rpm、28.6kgm/4500-6500rpm)で、「ボクスターS」が3.4リッター(315ps/6700rpm、36.7kgm/4500-5800rpm)。いずれも、自然吸気・直噴型の水平対向6気筒ユニットである。
先代モデルに比べ、排気量が187cc減少した「ボクスター」は10psアップの1.0kgmダウン。「ボクスターS」は5psのアップ(最大トルクは同じ)となる。

トランスミッションは、両モデルそれぞれに、6段MTと7段のPDK(デュアルクラッチ式トランスミッション)が用意される。
全車、エネルギー回生システム(制動時など)やアイドリングストップ機構を搭載し、PDK仕様車はアクセル・オフ時などにアイドリング状態で巡航するコースティング機能も装備。先代モデルに比べて15%以上アップした、「ボクスター」で13.0km/リッター、「ボクスターS」で12.5km/リッター(新欧州ドライビングサイクル。いずれもPDK仕様車)の燃費性能に貢献する。

“走りの機能”も抜かりなく、よりスポーティーな車両セッティングを可能とするセットオプション「スポーツクロノパッケージ」には、新たに「ダイナミックトランスミッションマウント」が加えられる。
これは、ボディーとエンジンを結合するエンジンマウント部に磁性流体を用い、状況に応じてその固さを変化させるシステムで、スポーツ走行時における駆動輪へのパワーの伝達率やハンドリングの安定性を向上させる働きがあるという。

そのほか、コーナリング中にリアの内輪にブレーキをかけ、リアのリミテッドスリップディファレンシャルとの相互作用でコントロール性を高める「ポルシェ・トルク・ベクトリング(PTV)」や、よりセンシングの精度が高められた「ポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム(PASM)」なども、用意されている。

価格は、以下のとおり。ハンドル位置は左右両方から選ぶことができる。

・「ボクスター」(6段MT):584万円
・「ボクスター」(7段PDK):631万円
・「ボクスターS」(6段MT):727万円
・「ボクスターS」(7段PDK):774万円

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ボクスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • ポルシェ718ボクスター(MR/6MT)【試乗記】 2016.9.21 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンが採用された、ポルシェの2シーターオープン「718ボクスター」に試乗。自然吸気の2.7リッター6気筒エンジンを搭載した従来モデルとの違いを含め、走りや乗り心地の印象を報告する。
  • 「メルセデスAMG GT R」、ドイツで受注を開始 2016.11.22 自動車ニュース 独ダイムラーは2016年11月21日(現地時間)、「メルセデスAMG GTロードスター/AMG GT Cロードスター/AMG GT R」の受注をドイツ本国で開始した。デリバリーは2017年春を予定している。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
ホームへ戻る