第250回:幻の輸入車ディーラーを巻き込んだ、大矢アキオ少年時代の「犯行」

2012.06.22 エッセイ

第250回:幻の輸入車ディーラーを巻き込んだ、大矢アキオ少年時代の「犯行」

頻繁に扱い車種が変わるディーラー

先日わが街のカーディーラー街を流していたら、従来三菱を扱っていた販売店がプジョーの取り扱いも始めていた。まだ間もないらしく、プジョーのほうは布看板が柵にくくり付けてあるだけだ。そういえば、充電ステーションが整備されていないこの街で、三菱の電気自動車「i-MiEV」のOEM車である「プジョー・イオン」をたびたび見かけるようになったが、もしかしたらこの販売店のものかもしれない。

イタリアでは街の自動車ディーラーが、頻繁に扱いブランドを変えたり、別のブランドを併売し始めたりする。ボクの家から半径30km圏内で、過去に扱うブランドが変わった店を探せば、オペルからトヨタ、ダイハツ、サンヨン、トヨタからシボレー……と直ちに例を挙げることができる。
この背景には、各メーカーのイタリア法人が日本よりシビアにディーラーのスクラップ&ビルドを行っていること、裏を返せば、ディーラーを経営する会社の基盤が脆弱(ぜいじゃく)で、安定経営できないケースが少なくないこともある。

ただし幸いアフターサービスに関しては、ユーザーからそれほど不満を聞かない。なぜなら、イタリアのディーラー整備工場は、他店で購入したクルマにも比較的寛容だからである。ちなみに、それどころか並行輸入物に対しても差別は少ない。あるドイツ製高級車の整備関係者は、「20年ほど前までは、並行輸入車の整備は受け付けなかった。でも統一ユーロの時代に、そんな垣根を作って差別することは実際問題として不可能だ」と語る。

また小さな地方都市などでは、たとえ扱うディーラーが変わっても、そちらにも大抵知り合いの知り合いが勤務していたりする。また知り合いがなくても、地域のセールスマン同士で顔見知りということが多いから、「あいつのところに行くといいよ」と気軽に紹介してくれたりする。したがって、ディーラーがいきなり扱いをやめてしまっても、大して困らないのである。

このたびプジョーも扱い始めた、街の三菱販売店。
第250回:幻の輸入車ディーラーを巻き込んだ、大矢アキオ少年時代の「犯行」
「三菱i-MiEV」のプジョー版「イオン」。
第250回:幻の輸入車ディーラーを巻き込んだ、大矢アキオ少年時代の「犯行」
ボクの街のオペル販売店はずいぶん前にトヨタ販売店となり、現在はダイハツと韓国のサンヨン自動車を併売している。
第250回:幻の輸入車ディーラーを巻き込んだ、大矢アキオ少年時代の「犯行」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。