VW、「パサートオールトラック」を発売

2012.06.21 自動車ニュース

フォルクスワーゲン、「パサートオールトラック」を発売

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2012年6月21日、中型ワゴンの「パサートヴァリアント」をベースに、クロスオーバー風のスタイリングや四輪駆動システム「4MOTION(フォーモーション)」を与えた「パサートオールトラック」を発売した。車両価格は494万円。

■4WDを採用した最上級「パサート」

ベースモデルの「パサートヴァリアント」と比べ、「パサートオールトラック」の最低地上高は30mm高い(135mm→165mm)。ステンレス調のアンダーガード付き前後バンパーや、樹脂製のオーバーフェンダーなどが装着され、外観はクロスオーバー的な雰囲気が強められている。

インテリアは、柔らかな感触を持つナパレザーを用いたスポーツシートのほか、専用のウッドデコラティブパネルやフルカラーマルチファンクションインジケーターなどが標準で装備される。パサートシリーズの最上位モデルとして、高級感を押し出した仕立てとされる。

駆動方式はFFではなく4WD。「4MOTION(フォーモーション)」システムが与えられている。これは、通常は主に前輪駆動で走行し、後輪には10%の駆動力を送るが、走行状態や路面の変化に応じて駆動力を分配し、最大100%近くを後輪に伝えるというもの。駆動力配分機構にはハルデックスカップリングを用いている。

また、フロントのアプローチアングルやリアのデパーチャーアングルを変更したり、スロットル特性やEDS(電子制御ディファレンシャルロック)、ヒルディセントアシスト(下り勾配で車速を自動制御する)などをスイッチひとつで統合制御する「ラフロード走行アシスト機能」を追加したりすることにより、走破性の向上を図っている。

■2リッターエンジンを搭載

エンジンは、フォルクスワーゲンのダウンサイジング戦略に基づき、かつての「パサートヴァリアントV6 4MOTION」(3.2リッターV6)や「パサートヴァリアントR36」(3.6リッターV6)より小さな2リッター直4ターボ(211ps/5300-6200rpm、28.6kgm/1700-5200rpm)が搭載される。これに湿式の6段DSGトランスミッションが組み合わされ、JC08モード燃費は11.6km/リッターと発表されている。

さらに、レーダーによって先行車両を識別し、自動的に加減速しながら車間を維持するクルーズコントロールシステム「ACC(アダプティブクルーズコントロール)」や、前方に車両や障害物を感知するとドライバーに警告を発し、状況によっては車両を完全に停止させるプリクラッシュブレーキシステム「Front Assist」(低速域追突回避・軽減ブレーキシステム)を装備するなど、安全装備の充実ぶりも見どころのひとつだ。

「パサートオールトラック2.0TSI」のみの単一グレードで、車両価格は494万円。

(webCG 竹下)

フォルクスワーゲン・パサートオールトラック
フォルクスワーゲン・パサートオールトラック

VW、「パサートオールトラック」を発売の画像

VW、「パサートオールトラック」を発売の画像

VW、「パサートオールトラック」を発売の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パサートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る