新型「コンチネンタルGTスピード」もうすぐ登場

2012.06.20 自動車ニュース

新型「ベントレー・コンチネンタルGTスピード」がデビュー

英ベントレーは、2012年6月29日から7月1日まで開催される英国の自動車イベント「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」で、「ベントレー・コンチネンタルGTスピード」の新型を世界初公開すると発表した。

「ベントレー・コンチネンタルGTスピード」は、W型12気筒エンジンを搭載する「ベントレー・コンチネンタルGT」のハイパフォーマンスバージョン。従来のモデルは、2007年にデビューした。

今回の新型は、2010年9月のパリサロンで2代目を襲名した現行型「コンチネンタルGT」をベースとするもので、これまでの「コンチネンタルGTスピード」(610ps、76.5kgm)を上回る、625ps、81.6kgmを発生する。
“素”の「コンチネンタルGT」と比べた場合、アウトプットは50psと10.2kgmの上乗せとなる。

実際のパフォーマンスは、0-100km/h加速が4.2秒(4.5秒)で、最高速度が329km/h(326km/h)。(※カッコ内は先代モデルの値)
改良が加えられたステアリングやサスペンションを含む、独自のシャシーチューニングが施され、シャープなハンドリングを実現したという。

内外装は基本的に「コンチネンタルGT」のそれを踏襲するが、ダークな色調で仕上げられたフロントグリルやロワーエアインテーク、スパイラル加工が施されたマフラーエンドで差別化が図られる。ドレスアップパーツのセットオプション「Mulliner Driving Specification」も標準で与えられ、さらに質感の高いエクステリアとインテリアが演出されている。

新型「コンチネンタルGTスピード」の受注は日本国内でもすでに始まっており、2012年10月にはデリバリーが開始される見通しだ。

(webCG 関)

2012年6月末にお披露目される、新型の「ベントレー・コンチネンタルGTスピード」。
2012年6月末にお披露目される、新型の「ベントレー・コンチネンタルGTスピード」。
「コンチネンタルGTスピード」には、専用デザインの21インチホイールが与えられる。組み合わされるタイヤは、275/35サイズの「ピレリ Pゼロ」。
「コンチネンタルGTスピード」には、専用デザインの21インチホイールが与えられる。組み合わされるタイヤは、275/35サイズの「ピレリ Pゼロ」。

新型「コンチネンタルGTスピード」もうすぐ登場の画像
新型「コンチネンタルGTスピード」もうすぐ登場の画像
新型「コンチネンタルGTスピード」もうすぐ登場の画像

関連キーワード:
コンチネンタルGTベントレー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 【フランクフルトショー2017】ベントレーが新型「コンチネンタルGT」を発表 2017.8.30 自動車ニュース 通算で3代目となる新型「ベントレー・コンチネンタルGT」が、ラグジュアリーさと美しさを追求された新たな内外装と、先進装備を携えて登場した。デザイン、開発、そして手作業による製造にいたるまで、すべてイギリス国内で行われる。
  • ホンダ CBR250RR(MR/6MT)【レビュー】 2017.9.16 試乗記 250ccの排気量で動力性能を極める……。ここにきて再燃の兆しを見せる“ニーハン”クラスのバイク競争に、ホンダがニューモデル「CBR250RR」を投入した。由緒正しき“RR”の名を冠する、小さなスーパーバイクの実力を試す。
  • BMW 540i xDriveツーリング Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.9.6 試乗記 2017年春に世界初公開された新型「BMW 5シリーズ ツーリング」のデリバリーが国内でスタート。その走りや使い勝手はどれほどのものか、最上級モデル「540i xDriveツーリング Mスポーツ」で確かめた。
  • 第55回:中古車の愛と誠 2017.8.22 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第55回は「中古車の愛と誠」。検討中の「BMW 320d」を見たいと、海千山千の中古ドイツ車専門店を訪れた筆者。だが、そこには驚くべき現実が待っていいた。買うべきか、買わざるべきか。中古車店の値付けにモノ申す。
  • 「フランクフルトショー2017」の会場から(フェラーリ) 2017.9.15 画像・写真 最高出力600ps、最大トルク760Nmを誇るフェラーリの新型4シーターオープン「ポルトフィーノ」が、フランクフルトショー2017でいよいよデビュー。「圧倒的高性能と多用途性の完璧なコンビネーションを有するV8 GT」とうたわれるその姿を、写真で紹介する。
ホームへ戻る