新型「コンチネンタルGTスピード」もうすぐ登場

2012.06.20 自動車ニュース

新型「ベントレー・コンチネンタルGTスピード」がデビュー

英ベントレーは、2012年6月29日から7月1日まで開催される英国の自動車イベント「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」で、「ベントレー・コンチネンタルGTスピード」の新型を世界初公開すると発表した。

「ベントレー・コンチネンタルGTスピード」は、W型12気筒エンジンを搭載する「ベントレー・コンチネンタルGT」のハイパフォーマンスバージョン。従来のモデルは、2007年にデビューした。

今回の新型は、2010年9月のパリサロンで2代目を襲名した現行型「コンチネンタルGT」をベースとするもので、これまでの「コンチネンタルGTスピード」(610ps、76.5kgm)を上回る、625ps、81.6kgmを発生する。
“素”の「コンチネンタルGT」と比べた場合、アウトプットは50psと10.2kgmの上乗せとなる。

実際のパフォーマンスは、0-100km/h加速が4.2秒(4.5秒)で、最高速度が329km/h(326km/h)。(※カッコ内は先代モデルの値)
改良が加えられたステアリングやサスペンションを含む、独自のシャシーチューニングが施され、シャープなハンドリングを実現したという。

内外装は基本的に「コンチネンタルGT」のそれを踏襲するが、ダークな色調で仕上げられたフロントグリルやロワーエアインテーク、スパイラル加工が施されたマフラーエンドで差別化が図られる。ドレスアップパーツのセットオプション「Mulliner Driving Specification」も標準で与えられ、さらに質感の高いエクステリアとインテリアが演出されている。

新型「コンチネンタルGTスピード」の受注は日本国内でもすでに始まっており、2012年10月にはデリバリーが開始される見通しだ。

(webCG 関)

2012年6月末にお披露目される、新型の「ベントレー・コンチネンタルGTスピード」。
2012年6月末にお披露目される、新型の「ベントレー・コンチネンタルGTスピード」。
「コンチネンタルGTスピード」には、専用デザインの21インチホイールが与えられる。組み合わされるタイヤは、275/35サイズの「ピレリ Pゼロ」。
「コンチネンタルGTスピード」には、専用デザインの21インチホイールが与えられる。組み合わされるタイヤは、275/35サイズの「ピレリ Pゼロ」。

新型「コンチネンタルGTスピード」もうすぐ登場の画像
新型「コンチネンタルGTスピード」もうすぐ登場の画像
新型「コンチネンタルGTスピード」もうすぐ登場の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コンチネンタルGTの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.13 試乗記 BMWアルピナのフラッグシップモデル「B7ビターボ リムジン ロング」に試乗。608psの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するスーパーリムジンの実力を全方位で探った。
  • ベントレー・フライングスパーV8 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.1.16 試乗記 「ベントレー・フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」に試乗。21psと20Nmのエクストラを得た「S」モデルで印象的だったのはバランスの良さ。端正さとスポーティーさがジェントルに釣り合った、きめ細かなドライバーズカーだった。
  • ベントレー・フライングスパーに635psの高性能モデル登場 2016.9.8 自動車ニュース ベントレーが4ドアモデル「フライングスパー」シリーズの新たなフラッグシップとして「W12 S」を発表。エンジンの最高出力は635ps、最大トルクは83.6kgmに高められており、最高速度は325km/hと公称されている。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.1.20 試乗記 クロスオーバーモデルの「スバルXVハイブリッド」をベースに、STIが独自の改良を施したコンプリートカー「XVハイブリッドtS」。ちょいワル&ポップなスタイリングとSTIならではのチューニングが織り成す魅力をリポートする。
  • 「トヨタ・ヴィッツ」にハイブリッドモデルが登場
    2017.1.12 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年1月12日、コンパクトカー「ヴィッツ」にマイナーチェンジを施し、販売を開始した。今回はハイブリッドモデルの追加設定が最大のトピック。さらに、エクステリア、シャシー、安全装備などにも改良が施された。
ホームへ戻る