新型「コンチネンタルGTスピード」もうすぐ登場

2012.06.20 自動車ニュース

新型「ベントレー・コンチネンタルGTスピード」がデビュー

英ベントレーは、2012年6月29日から7月1日まで開催される英国の自動車イベント「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」で、「ベントレー・コンチネンタルGTスピード」の新型を世界初公開すると発表した。

「ベントレー・コンチネンタルGTスピード」は、W型12気筒エンジンを搭載する「ベントレー・コンチネンタルGT」のハイパフォーマンスバージョン。従来のモデルは、2007年にデビューした。

今回の新型は、2010年9月のパリサロンで2代目を襲名した現行型「コンチネンタルGT」をベースとするもので、これまでの「コンチネンタルGTスピード」(610ps、76.5kgm)を上回る、625ps、81.6kgmを発生する。
“素”の「コンチネンタルGT」と比べた場合、アウトプットは50psと10.2kgmの上乗せとなる。

実際のパフォーマンスは、0-100km/h加速が4.2秒(4.5秒)で、最高速度が329km/h(326km/h)。(※カッコ内は先代モデルの値)
改良が加えられたステアリングやサスペンションを含む、独自のシャシーチューニングが施され、シャープなハンドリングを実現したという。

内外装は基本的に「コンチネンタルGT」のそれを踏襲するが、ダークな色調で仕上げられたフロントグリルやロワーエアインテーク、スパイラル加工が施されたマフラーエンドで差別化が図られる。ドレスアップパーツのセットオプション「Mulliner Driving Specification」も標準で与えられ、さらに質感の高いエクステリアとインテリアが演出されている。

新型「コンチネンタルGTスピード」の受注は日本国内でもすでに始まっており、2012年10月にはデリバリーが開始される見通しだ。

(webCG 関)

2012年6月末にお披露目される、新型の「ベントレー・コンチネンタルGTスピード」。
2012年6月末にお披露目される、新型の「ベントレー・コンチネンタルGTスピード」。 拡大
「コンチネンタルGTスピード」には、専用デザインの21インチホイールが与えられる。組み合わされるタイヤは、275/35サイズの「ピレリ Pゼロ」。
「コンチネンタルGTスピード」には、専用デザインの21インチホイールが与えられる。組み合わされるタイヤは、275/35サイズの「ピレリ Pゼロ」。 拡大

新型「コンチネンタルGTスピード」もうすぐ登場の画像 拡大
新型「コンチネンタルGTスピード」もうすぐ登場の画像 拡大
新型「コンチネンタルGTスピード」もうすぐ登場の画像 拡大

関連キーワード:
コンチネンタルGTベントレー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • ベントレー・コンチネンタルGT(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.28 試乗記 新世代プラットフォームを基に開発された、第3世代の「ベントレー・コンチネンタルGT」にオーストリアで試乗。ベントレーの伝統を継承しつつ革新的な進化を目指したという新型は、驚くほどシャープなモデルに仕上がっていた。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • フェラーリ488ピスタ(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.7.2 試乗記 「フェラーリ488GTB」をベースに、その走行性能を徹底的に高めたスペシャルモデル「488ピスタ」。マラネロのエンジニアたちは、この新型スーパースポーツでどんな走りを実現したのか。最終量産型に聖地フィオラノで試乗した。
  • レクサスES300h(FF/CVT)【海外試乗記】 2018.6.21 試乗記 1989年にデビューしながら日本未導入だった「レクサスES」。7代目となって、2018年秋からようやく日本でも販売されるようになる。レクサスの主力モデルは、ハイレベルなクオリティーと快適性を持つ優等生タイプの中型FFサルーンに仕上がっていた。
ホームへ戻る