ジューク アーバンセレクションが仕様変更

2012.06.19 自動車ニュース

「日産ジューク アーバンセレクション」が仕様変更

日産自動車の関連会社オーテックジャパンは、「日産ジューク」のカスタマイズモデル「アーバンセレクション」の仕様を一部変更。新たに「アーバンセレクション プレミアムホワイトパッケージ」も追加し、2012年6月19日に発売した。

「日産ジューク」の「アーバンセレクション」は、主に都市生活者に向けて開発されたモデル。専用サスペンションを組み込むことで、全高を15mmローダウン。多くの立体駐車場に対応できる車高(1550mm)を実現している。
今回、ベースとなる「日産ジューク 15RX Type V」について、運転席バニティーミラーの追加とセンターコンソール小物トレイの形状変更が実施されたのに伴い、「アーバンセレクション」の仕様も改められた。

また、特別仕様車「ジューク プレミアムホワイトパッケージ」をベースとする同様の“ローダウンバージョン”「ジューク 15RXアーバンセレクション プレミアムホワイトパッケージ」も新たに設定された。

こちらのベースモデルに対する変更点は、以下のとおり。

・専用フロントグリル(ガンメタリック塗装)
・専用光輝モール(バックドア)
・エキゾーストフィニッシャー
・Urban Selectionエンブレム
・専用ローダウンサスペンション
・17インチアルミホイール
・キセノンヘッドランプ

価格は、「15RXアーバンセレクション」が198万4500円で、「15RXアーバンセレクション プレミアムホワイトパッケージ」が224万1750円。

(webCG 関)

「日産ジューク」のカスタマイズモデル「アーバンセレクション」。
「日産ジューク」のカスタマイズモデル「アーバンセレクション」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ジュークの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジュネーブショー2017の会場から(その13) 2017.3.10 画像・写真 日産自動車はジュネーブモーターショー2017で、欧州向けSUV「キャシュカイ」のマイナーチェンジモデルを発表した。内外装を見直したほか、走行性能を強化している。さらに、2017年度中に“自動運転”技術「プロパイロット」を搭載する予定。
  • 日産ジュークNISMO RS(4WD/CVT)【試乗記】 2015.2.3 試乗記 NISMOが鍛えた「日産ジューク」の高性能バージョンに、さらに走りに磨きをかけた「RS」が登場。シャシー、エンジン、トランスミッションのすべてに手を加えることで実現した、“あっつあつ”の走りに触れた。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
ホームへ戻る