日産ジュークに“白インテリア”の特別仕様車

2012.06.19 自動車ニュース

「日産ジューク」に白インテリアの特別仕様車

日産自動車は、クロスオーバー「ジューク」に特別仕様車「ジューク プレミアムホワイトパッケージ」を設定し、2012年6月19日に発売した。

今回の「プレミアムホワイトパッケージ」は、その名のとおり“白”がポイントの特別仕様車だ。

オートバイのタンクをモチーフにしたという特徴的なセンターコンソールや、パワーウィンドウスイッチまわりのパネル類は、白で統一。白いステッチが組み合わされたブラックの専用本革シート(シートヒーター付き)も与えられる。シルバーステッチ付きの本革巻きステアリングホイールも、特別な装備だ。

一方エクステリアは、専用デザインの17インチアルミホイール、高輝度シルバーのドアハンドルやドアミラー(電動格納式)で飾られる。ボディーカラーはベースモデルに準じており、1.5リッターモデルは7種類、1.6リッターターボは8種類から選ぶことができる。

「プレミアムホワイトパッケージ」は計3車種で、価格はそれぞれ以下のとおり。

・15RXプレミアムホワイトパッケージ:210万円
・16GTプレミアムホワイトパッケージ:240万300円
・16GT FOURプレミアムホワイトパッケージ:266万2800円

これと同時に、「ジューク」シリーズ全体では、運転席のバニティミラー追加や、センターコンソールの小物トレイの形状変更といった手直しが実施された。
また、1.6リッターターボモデルは、従来の「16GT」と「16GT FOUR」をベースに、インテリジェントキーやエンジンイモビライザー、プッシュエンジンスターター、電動格納式リモコンカラードドアミラー、フロントフォグランプを装備した「16GT Type V」「16GT FOUR Type V」の2グレード展開となった。
ボディーカラーに新色「メローゴールド」が設定されたのもニュースだ。

シリーズ全体の価格は、「15RS Type V」の162万150円から「16GT FOURプレミアムホワイトパッケージ」の266万2800円まで。

(webCG 関)

「日産ジューク 16GTプレミアムホワイトパッケージ」
「日産ジューク 16GTプレミアムホワイトパッケージ」

日産ジュークに“白インテリア”の特別仕様車の画像
これまでレッドまたはガンメタだったセンターコンソールの色に、新たな選択肢(白)が加わった。
これまでレッドまたはガンメタだったセンターコンソールの色に、新たな選択肢(白)が加わった。
日産ジュークに“白インテリア”の特別仕様車の画像
こちらは新たなボディーカラー「メローゴールド」のイメージ。
こちらは新たなボディーカラー「メローゴールド」のイメージ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ジュークの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大 2017.3.13 自動車ニュース 富士重工業は「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定。また、CVT搭載の全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その13) 2017.3.10 画像・写真 日産自動車はジュネーブモーターショー2017で、欧州向けSUV「キャシュカイ」のマイナーチェンジモデルを発表した。内外装を見直したほか、走行性能を強化している。さらに、2017年度中に“自動運転”技術「プロパイロット」を搭載する予定。
  • レクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」発売 2017.3.16 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドのラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」を発売した。価格は、ガソリンエンジン車のLC500が1300万円から1400万円までで、ハイブリッド車のLC500hが1350万円から1450万円まで。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • プジョー、ミドルクラスSUVの新型「3008」を発売 2017.3.14 自動車ニュース プジョーがミドルクラスSUVの新型「3008」を発売。既存のモデルから一新されたスタイリングが特徴で、直立したフロントマスクや高めのウエストラインなどにより、SUVらしさが強調されている。エンジンは1.6リッターターボで、駆動方式はFFのみとなる。
ホームへ戻る