マクラーレンの販売店が東京にオープン

2012.06.19 自動車ニュース
「マクラーレン東京」オープンを前に、エムティーインターナショナルの甲斐ラースCEO(写真左)とマクラーレン・オートモーティブ・アジアのリージョナルディレクター イアン・ゴーサッチ氏があいさつを述べた。
マクラーレンの販売店が東京にオープン

マクラーレンのショールーム、東京・赤坂にオープン

英国マクラーレン・オートモーティブの正規販売代理店であるエムティーインターナショナルは、マクラーレン車のショールーム「マクラーレン東京」(東京都港区)を2012年6月20日にオープンする。

マクラーレンMP4-12C
「マクラーレンMP4-12C」
「日本のショールームは、マクラーレンがアジア太平洋地域で成功するためのカギ。心から期待しています」とは、甲斐ラース氏(写真)の弁。
「日本のショールームは、マクラーレンがアジア太平洋地域で成功するためのカギ。心から期待しています」とは、甲斐ラース氏(写真)の弁。
店内には、フレームやサスペンション、エンジンなどがあらわになったローリングシャシーも展示される。
店内には、フレームやサスペンション、エンジンなどがあらわになったローリングシャシーも展示される。

「マクラーレン東京」は、世界19カ国に展開するマクラーレン販売網の、35番目にあたるショールームだ。
日本国内のマクラーレン・ショールームとしては、今年3月3日にオープンした「マクラーレン大阪」(大阪市中央区)に次ぐもので、静岡以東の東日本地域をカバーする。

店内のトーン&マナーは、英国の本拠地であるマクラーレン・テクノロジー・センターをはじめ、海外の販売店などと共通のもの。現在唯一の取扱商品となるスポーツカー「MP4-12C」や、その機関部分だけを露出させた“ローリングシャシー”、さらに、1989年にアイルトン・セナがドライブしたF1マシン「マクラーレンホンダMP4/5」が並べられる。
「顧客は、それらの魅力を堪能しながら、店内のコンフィギュレーションシステムを通じて“こだわりの1台”を注文できる」(プレスリリース)というわけである。

オープン前日の6月19日には、プレス向けのお披露目会も開催された。
エムティーインターナショナルの甲斐ラースCEOはあいさつに立ち、「本物志向のお客さまが多いため世界で最も厳しい市場とされる東京で、今後パーフェクトなマクラーレン車を扱えることを、楽しみにしています」とコメント。氏によれば、「マクラーレンMP4-12C」の日本市場に対する割り当ては年間70〜80台で、すでに数十台を受注しているとのこと。年内に何台かは納入されるものの、本格的なデリバリー開始は2013年以降になる見通しだ。

なお、その後の車両メンテナンスについては、東京都板橋区に設置されたサービスセンターが担う。こちらには、英国の本社でトレーニングを受けた一流のメカニックが配備され、迅速かつ正確なサービスを提供するという。


■マクラーレン東京

◇ショールーム
場所:東京都港区赤坂7-1-1 青山安田ビル1階
電話:03-6438-1963
営業:平日10:00〜19:00(土・日・祝10:00〜18:00)
※水曜定休日

こちらもショールームに置かれる1台、F1マシンの「マクラーレンホンダMP4/5」。アイルトン・セナがドライブした実車そのものだ。
こちらもショールームに置かれる1台、F1マシンの「マクラーレンホンダMP4/5」。アイルトン・セナがドライブした実車そのものだ。
「マクラーレンMP4-12C」のインテリア。
「マクラーレンMP4-12C」のインテリア。
“マクラーレン様式”にこだわったという「マクラーレン東京」。大理石の床など、7トンにおよぶインテリア部材が海外から空輸された。
“マクラーレン様式”にこだわったという「マクラーレン東京」。大理石の床など、7トンにおよぶインテリア部材が海外から空輸された。

◇サービスセンター
場所:東京都板橋区坂下3-26-14
電話:03-5914-1966
営業:平日・土曜9:00〜17:30
※水・日・祝日は定休日

(webCG 関)

関連記事
  • マクラーレン540Cクーペ(MR/7AT)【試乗記】 2016.9.5 試乗記 マクラーレンの最新モデルにして、そのラインナップにおけるエントリーモデルの役割を担う「540C」。フェラーリともランボルギーニとも、ポルシェとも一味ちがう、英国のスポーツカーならではのドライブフィールに触れた。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • マクラーレン570GT(MR/7AT)【海外試乗記】 2016.6.23 試乗記 マクラーレン・スポーツシリーズの第3弾となる「570GT」に試乗した。このモデルのテーマは、日常的な使いやすさと快適性のさらなる改善。その狙い通り、毎日乗りたくなるスーパースポーツカーに仕上がっていた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • 第501回:あなたの愛車も文化遺産に!?
    ドイツでヒストリックカーに“モテ期”到来!
    2017.5.12 マッキナ あらモーダ! 「ポルシェ911カレラ2.7RS」が1億円!? ヒストリックカーの価格が高騰するドイツでは、良質な旧車を文化遺産として保護するためのシステムも存在する。今週は、そんな“Hナンバー”に関する話題をお届けしよう。
ホームへ戻る